Steamの価格が円表記化でお得になったのか?実際に購入してみた。

Steamの表示価格が、2014年8月20日の円表記へ移行。

Steamの価格が日本円表記へ。実質的な値下げと便乗値上げと、セールのオフ率。 | 自作パソコンdeゲーム野郎

というわけで、早速購入してみました。

 

以前より狙っていた、DishonoredのGOTY版。

PS3だと、かなり高価だよね。

 

アメリカSteamで、価格を確認してみるとWeekend Dealで10.19ドル

KS000298

 

日本Steamだと、日本円表示で1013円になっております。

KS000297

 

為替レート約104円(2014年8月25日)だから、ドル決済をした場合・・・

$10.19×104=1059.76円

よって、ドル決済に比べると、約50円程お得になってます。

クレジットカードの為替レートも、微妙に高くなるハズですから。

 

決済画面。

KS000295

 

購入して、確認メール届く。

KS000305

 

円表記でドル決済なのでは?と危惧しておりましたが、

Paypal決済を利用したので、Paypalにて確認してみると、

しっかりと日本円で決済されていました。

KS000304

 

Paypal経由して、外貨(米ドル)をクレジット決済をすると、

かなり割高なPaypalレートで、請求となります。

Paypal 米ドル決済レート:1ドル=約108円(2014年8月25日)

 

よって、

Paypal決済を利用していた私は、かなりお得になりました。

以前だったら、1100円くらいの請求になっていたハズですからね。

$10.19×108=1100.52円

結論:円表記は現時点の為替レートなら、マジでお得。

Steamの円表記で、損になるかと思いきや、

実際は、より安い価格で購入できる様になりました。

特にPaypalユーザーには、かなりお得となりましたね。

 

Paypalは、ショッピングプロテクションがある分、外貨決済は割高となります。

特に海外サイトは、Paypal決済を推奨します。

今の時代、どこでカード情報が漏れるか分かりませんからね。

 

コンビニ決済もできる様になったし、決済手数料も185円と割と安い。

国内メーカーの便乗値上げを除けば、割と神対応なんじゃないのかな。

 

P.S.

私は、クレジット不正利用被害の経験ありです。

超めんどいです。アレ。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ