HTC VIVE、Oculus Rift、PSVRの比較。VR HMDデバイスの違い。

2016年に突如とした表われた、高額なVRゲームデバイス。

手軽な値段でも無く、そのスペックも機器により様々。

VRという未知なる領域という事で、私も大いに悩みました。

 

ゲーム機を買うたびに思う、なるべく買い揃えたくない気持ち。

スーパーファミコンから、セガサターンにするかプレイステーションにするか、

はたまた3DOにするかってくらいの悩み。

ネオジオもドリキャスもバーチャルボーイも買ってきた人生だったけど、

結局のところ、私がHTC VIVEを選んだ理由です。

IMG_2598

VRの初期コストの違い。ゲーム機の値段とVR機の本体価格。

まず、VR導入でビックリするのが、その価格。

VR体験する為には、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)が必要なのですが、

いわゆるゲーム機本体というよりも、これは周辺機器の位置づけとなる。

VR機器単体では動作しないからね。

 

よって、VRデバイスの性能を考えて、ゲーム機本体も選ぶ必要が有る。

この辺も難易度が高い。

幸い、現状で主要なVR端末といえば、

HTC VIVE、Oculus Rift、PlayStation VRの3つに絞られる。

そのうち二つがPCに接続して使うもの。最後のが家庭用のゲーム機プレステ用のもの。

 

所詮は周辺機器という事で、VR本体の価格だけ比べても仕方ない。

ゲーム機本体の値段もあるし、専用コントローラーとか、

別途用意しなければいけない場合も有る。ゲームによって使うものも違う。

 

VR HMDの本体価格(日本の販売価格)

  • HTC Vive:107,784円 (税込)
  • Oculus Rift + Oculus Touch:94,600円(税込)76,600円(税込)
  • PS VR(PS Camera付属): 49980円+税 → 53,970円(税込)

ゲーム機の本体価格

  • HTC Vive(PC):約15~20万円
  • Oculus Rift(PC):約15~20万円
  • PS4 Slim(500GB):29980円+税 → 32,378円(税込)
  • PS4 Pro:44980円+税 → 48578円(税込)

 

HTC ViveとOculus Riftは、PC用なのでゲーム機の本体価格(PC)は一概には言えないが、

VRに必要なスペックを考慮すれば、15万~20万円くらいのパソコンは必要となる。

VR環境(HTC VIVE、Oculus Rift)に必要なPCスペック。

 

Oculus RiftとTouchコントローラーは、2017年3月に大幅値下げされ、

現在はOculus Touchコントローラーセットで76,600円で販売されています。

※日本発売時はOculus Touchコントローラー無しで94,600円の価格でした。

 

一方、PS VRは家庭用ゲーム機プレステ4用の端末なので、初期費用は安く済む。

PS4 Slimなら29980円、PS4 Proでも44980円。PS VRもカメラセットで49980円

モーションコントローラー2本揃える事を考えても、VR環境揃えるのは約10万円で済む。

 

PS4でVRプレイするのに必要な金額

  • PS4(500GB):29980円+税
  • PSVR(PS Camera同梱版):49980円+税
  • PS Move モーションコントローラー×2本:9960円+税(4980円×2)
  • PSVRゲームソフト価格:1本5000円~7000円前後

 

PS VRは家庭用ゲーム機なので、PCゲーム機に比べると、

ゲームソフトの価格が高くなる傾向にあるけど、とりあえずは気にしない。

 

で、この3つ値段が全然違うんだけど、

そもそもスペックも全然違うから、同じ土俵で比べるのが間違いなのかもしれないの。

 

VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)スペックの違い。

VRのスペックはPCのグラフィック性能に依存する。

という事は、まず置いておいて。VR HMDの性能を比較する。

IMG_2600

HTC VIVEのスペック

  • 解像度:2160(1080×2)×1200
  • リフレッシュレート:90Hz
  • 視野角:約110度
  • VR HMD重量:620g

Oculus Riftのスペック

  • 解像度:2160(1080×2)×1200
  • リフレッシュレート:90Hz
  • 視野角:約110度
  • VR HMD重量:440g

PlayStation VRのスペック

  • 解像度:1920(960×2)×1080
  • リフレッシュレート:120Hz、90Hz
  • 視野角:約100度
  • VR HMD重量:610g

 

知名度こそPS VRが一番有名ですが、

その性能はというと、HTC VIVEやOculus Riftに比べると見劣りします。

VR解像度が低いというよりも、プレステのスペック不足のせいもあるハズ。

同じVRでも画質が断然荒く感じました。

 

HMDスペックにリフレッシュレートや、視野角の違いも有りますが、

正直、これは大して違いが分からない。

PS VRの方が滑らかな映像か?って言ったら、画質の悪さの方が気になると思う。

そもそも高画質で90Hzを維持するには、グラフィック性能が必要なわけで、

低スペックのプレステで120Hzって言われても、それはそれで疑問。

フルHD(1080p)解像度で120fpsとか、プレステには無理でしょ。

 

PC利用に絞って、ViveとOculusで比較すると、

HTC ViveよりもOculus Riftの方がHMDが軽く感じるし、実際軽い。

画質は微妙にOculus Riftの方が綺麗と言われるが、

これはレンズの違いによるものなので、好みの問題かと。

 

HTC VIVEは動き回る都合、視野角に特化したレンズの為、見える範囲が広い。

Oculusは立位や着位重視で、特に真正面の映像が綺麗に見える。

視野角と解像度は同じ数値だけど、見える感じは違う。

入り込むならVIVE。観るならOculusといった感じか。

 

ちなみに、上記のVR HMDは、全てメガネ愛用者も装着可能となってますが、

メガネの形によっては利用不可だし、メガネ着用時の窮屈具合も異なります。

Oculus Rift < HTC Vive < PS VRの順で、ゴーグル内に余裕が有るイメージ。

Oculus Riftが一番窮屈で、メガネ利用者には正直厳しいと感じました。

 

VR HMDのスペックも有りますが、

コントローラーや認識センサーにも大きな違いが有ります。

同じVRといえども、プレイ方法は全然違うから。

 

VR HMDの認識方法とプレイエリアの違い。

VRで「動きまわる」という動作したい場合、

ルームスケールVRに対応している必要となります。

 

標準でルームスケール機能が付いているのは、HTC VIVEのみとなり、

2つのベースステーションにより、360度ルームスケールが可能となってます。

IMG_2597

 

Oculus Riftは、前方180度のトラッキングのみ対応でしたが、

2017年2月、1.11アップデートにより、360度ルームスケールに対応となりました。

ただし、オプションのセンサー(Sensor)の追加購入が必要で1個7800円

前方2個、後方1個と、3つのSensor(センサー)を設置する必要が有ります。

※標準セット(Rift + Touch)で2個のセンサーが同梱。

 

PS VRの場合、ルームスケールは未対応となっており、

PlayStation Cameraで認識、基本的に着座プレイのみとなっている。

故にトラッキング範囲も狭いです。

 

HTC VIVEは、同梱のベースステーションでルームスケールできるだけでなく、

そのプレイエリアも断然広く、認識制度も非常に高い。

Lighthouseセンサーは素晴らしいです。

 

VR端末のルームスケール可能エリア比較

  • HTC Vive:最大3.5m×3.5m(又は4m×3.5m
  • Oculus Rift(Sensor3個利用時):最大2.5m×2.5m
  • PS VR:ルームスケール無し。基本的に座位姿勢のみ。

 

Oculus Riftは、ルームスケールがオプション扱いだし、

センサーも3つも設置しなければならない。

3つのセンサーは設置する場所も厳格で、全てPCとUSB接続が必要という・・・

パソコンから長いケーブル這わして、後方にも設置しないといけません。

USB3.0が3個も必要なのも、地味にキツイです。※ViveはUSB2.0×1個でOK

ヘッドセットとセンサー×2本にUSB3.0接続が必要となり、

センサー3本目以降はUSB2.0接続でも問題無いようです。

VR環境(HTC VIVE、Oculus Rift)に必要なPCスペック。

 

Viveの対角線設置よりも一気に難易度が高くなる。

PCと無線接続のベースステーション2個でも大変だから。

HTC VIVEのセットアップと注意点。ベースステーションの設置方法。

 

Oculusは、動作の認識精度、滑らかさもイマイチ。

プレイエリア範囲の境界線に近づくと、急に不安定となる。

トラッキングの範囲もViveより劣るから、

VIVEのルームスケールを体感すると、急遽対応した感じは否めない。

 

PS VRはルームスケールが無いから、座ってプレイするのみのゲーム。

VRを体感するというよりも、映像だけVR。

動きは別で、コントローラー操作で動くのが基本となります。

 

認識端末が異なれば、コントローラー形状も挙動も違ってくる。

VR専用コントローラーの性能も大きく異なります。

 

VR専用コントローラーの違い。

HTC Viveのみ、発売当初からVR専用のViveコントローラーが付属してましたが、

対するOculusも、2016年末に専用コントローラーOculus Touchを販売開始。

PS VRは、従来のPS Moveモーションコントローラを利用します。

 

VR専用コントローラー比較

  • HTC VIVE:ViveコントローラーViveトラッカー
  • Oculus Rift:Oculus Touch
  • PS VR:PlayStation Move モーションコントローラー

 

PS VRで使う「PlayStation Move」って、PS3の時代で購入しましたけど・・・

というわけで、VRの為に造られたわけじゃない懐かしのコントローラー。

IMG_4823

そもそも、2010年に発売された「Moveモーションコントローラ」との機能的な違いは無く、

新型モデルは、Mini-BタイプのUSB充電ケーブルが同梱されているだけ。

PS3用に作ったコントローラーを、付属品変えて再販しているだけという・・・

そりゃMove対応のコンテンツのが少ないわ。

 

PS Moveモーションコントローラ型番の違い。

  • CECH-ZCM1J:2010年発売モデル
  • CEJH-15018:2012年発売モデル
  • CECH-ZCM1JY:2016年発売モデル(Mini-B – AタイプUSBケーブル付属)

 

ちなみに、2本セットでも無いから、両手で使いたい場合は料金2倍です。

実際のところ、Move専用ソフトは非常に少なく「つみきBLOQ VR」くらい・・・

Move対応ソフトですら少なくて、揃える必要性は低い。

ほとんどのゲームが通常のコントローラー(DUALSHOCK4)向けに作られています

 

HTC ViveのViveコントローラーも、PS Moveも似たようなスティック型だが、

その中身は別物。Viveコントローラーのが全然凄いから。

IMG_2595

トラックパッド、トリガー、グリップボタンで、多彩な操作が可能だし、

トラッキング性能や振動も相まって、コンテンツの没入間も素晴らしい。

 

一方、Oculus Touchは、また新しい形状。

ABボタンとアナログスティックも有り、

どちらかというとコントローラーっぽいデザイン。

ボタン操作だけでなく、指のジェスチャー(親指と人差し指)での操作も可能となっている。

なによりも特徴的なのがその重さ。

Viveコントローラーが約200gに対し、Oculus Touchは約150gと非常に軽い。

 

Oculus Touchは、手を持ちこんだような感覚と言われているが、

軽さ故に、逆にモノを持った時に違和感を感じさせる。

対するViveコントローラーは、先端部分が大きく、

重心が先の方に有り、モノを持っている感覚リアルだが、

常に持っている感覚が付きまとう。

いずれにせよ、どちらも素晴らしいコントローラーだし、

素手で動作するか、物を持って動作するか?

コンテンツによって、微妙に優劣が変わる程度なんじゃないかな。

 

コントローラーは、今後コンテンツに合わせて更に増えていくとも思ってる。

HTC Viveの新しいコントローラー「Viveトラッカー」も登場してるし、

本体さえ普及すれば、コントローラーもドンドン改良されるハズ。

 

今後のVR市場と未来について。販売台数と対応ソフト数。

VRの歴史といえば、Oculus(オキュラス)のイメージでしたが、

これはSamsungと共同開発したGear VRの影響が大きいと思う。

スマホ向けのGear VRが先に発売され、売れまくっている。

PC向けのOculus Riftは、2016年3月末とHTC Viveの発売日と大差無いんだよね。

VRの発売日

  • Samsung Gear VR:2015年12月18日
  • Oculus Rift:2016年3月28日
  • HTC Vive:2016年4月5日
  • PlayStation VR:2016年10月13日

参考→Samsung Gear VRレビュー。PS VR、HTC Vive、Oculus Riftとの違い。 | 俺の動画。

 

いずれのVR端末も超大企業が発売しているのが、3大VRデバイスたる所以。

Oculus Riftの発売元Oculus社は、Facebookの子会社だし、

HTC Viveは、HTC社だけでなく、

SteamのValve社との共同開発。Steam VRという名でも呼ばれている。

PS VRは説明不要、世界のプレステ、ソニーです。

 

VRの発売元

  • Oculus Rift:アメリカのOculusa VR社。Facebookの子会社
  • HTC Vive:台湾のHTC社とアメリカのValve社との共同開発。別名Steam VR
  • PlayStation VR:ソニーのグループ会社SIE(旧SCE)。プレステの発売元

 

その販売台数はというと、

一番売れていると思われるPS VRのみ出荷台数を開示。

2016年10月13日~2017年2月19日までの販売数は全世界で91万5000台

HTC ViveとOculus Riftは、明確な販売台数を開示していません

 

・・・とはいえ、やっぱりViveの方が売れている感。

ニューヨークタイムズによると、2016年末までの販売台数は、

Oculius Riftが24.3万台、HTC Viveを42万台と、やはりViveが優勢なイメージ。

One research firm, SuperData Research, estimates there were 243,000 Oculus Rift headsets and 420,000 HTC Vive headsets sold by the end of last year.

Popularity of Sony’s PlayStation VR Surprises Even the Company – The New York Times

 

VR端末の販売台数(憶測)

  • Oculus Rift:約24.3万台(2016年末までの推測値)
  • HTC Vive:約42万台(2016年末までの推測値)
  • PlayStation VR:91万5000台(2016年10月13日から2017年2月まで)

 

後から販売されたPS VRが一番売れているという事で、

やはり家庭用ゲーム機は強い。

PS4は全世界で3500万台以上出荷されている事を考えると、その売れ行きも納得。

 

PCゲームユーザーのうち、

VR環境を満たすスペックを持っている割合は、全体の5~6%だそう。

やはりPCでVRスペックを満たすには、少々難易度も高いんだろう。

VR環境(HTC VIVE、Oculus Rift)に必要なPCスペック。

 

VR HMDの販売台数とは裏腹に、そのコンテンツ数は大違い。

全然コンテンツが増えないPS VRに比べ、HTC Viveの対応ゲームは着々と増えてます。

 

 

VR対応コンテンツ数(2017年4月)

  • HTC Vive:約1500以上
  • Oculus Rift:約800以上
  • PSVR:約80以上

VRソフトの販売プラットフォーム

  • HTC Vive:Steam
  • Oculus Rift:SteamOculus Home
  • PSVR:PS Store

 

Oculus Riftには、専用のOculus Homeもありますが・・・

同じPC端末という事で、主要のVRゲームは被っており、Steamでも購入可能です。

正直、Oculus Storeは、Steamに比べると知名度も低いので、

スペック云々という問題よりも、プラットフォームという点で非常に不利かと。

世界最大のオンラインゲームプラットフォーム持つSteam。

その公式VR端末がHTC Viveだという事。

Steamは世界中で普及しており、アクティブユーザー数は1億2500万人以上にも上る。

Steam VRといわれる、HTC Viveが如何に有利か。

 

PS VRはソフト数も少ないけど、ソフト価格の割高さも否めない。

オンライン販売でも7990円とか・・・家庭用ゲーム機のソフトは高額過ぎる。

というよりも、日本のゲーム企業の問題なのだろう。

Steamでも日本のゲームは、色々と制限有るから。

Steamのおま国、おま値とは?日本購入できないゲームと、日本と海外価格の違い。

様々な技術がアダルトとともに発展する事も考えると・・・

家庭用ゲーム機のPS VRは、やっぱり厳しいんじゃないかな。

 

HTC ViveとOculus Riftで比較。お互いのメリット・デメリット。

PCゲームユーザーの場合、

HTC Viveと、Oculus Riftのどちらを購入するべきか?

私も非常に悩んだ一人。その違いのまとめ。

 

HTC Viveのメリット

  • ベースステーションによるルームスケールが秀逸
  • HTC Vive対応ゲームが豊富
  • 世界No.1ユーザー数を誇るSteam公式VRデバイス
  • ベースステーションも含めた、全てセットの価格。
  • Oculus Riftよりもメガネユーザーに優しい

Oculus Riftのメリット

  • 前方向への画質が綺麗
  • ヘッドマウントディスプレイが軽い
  • Oculus Touchが軽い。Touch独自の操作性
  • Oculus Rift + Oculus Touchセットの価格が安い

 

HTC ViveとOculus Riftは、同じPC向けのデバイスで有り、

できる事も似通っている為、ゲームタイトルの重複や互換性も有る。

とはいえ、HTC Vive対応コンテンツの方が圧倒的に豊富。

 

また、Oculus Riftが座位、立位メインのVRデバイスで有り、

HTC Viveが動きまわれるVRだという事。

後にOculus Riftもルームスケールに対応しましたが、

やはりHTC Viveの方が、トラッキング性能、ルームスケールが優れている。

Oculus Riftでは、ルームスケールを利用するのに追加センサーも必要だし、

設置の手間もも増え、合計金額も大差無くなる。

 

動かないVRとして楽しむなら、Oculus Rift。

HMDも軽いし、静止した状態で楽しむなら、Oculusの方が画質も良い。

Oculus Touchならではの操作性もあるので、

手で直接触るようなコンテンツ、特にアダルトとは相性も良いと思う。

 

私はHTC Viveユーザーなので、やはりVive押し。

自ら動いて操作してこそVRだと思ってるし、将来性も有ると思う。

ゲーム内で動けるということは、異世界への没入間も違いますから。

 

結局のところキラーコンテンツが有るかどうか。

PS VRは性能が低く、ルームスケールも無い。

欠品続きで売れまくりですが・・・肝心のコンテンツ不足感は否めない。

大規模タイトルは、バイオハザード7くらいでストップだし、ソフトの価格も高い。

プレステ自体が家庭用ゲーム機という事で、アダルトも難しい。

私はPC自作ゲーマーだし・・・

 

って、うだうだうだうだ言っとりますが、結局のところコンテンツ勝負。

やりたいゲームが有るかどうか?ってのが重要だよね。

PS VRでしか発売されない独占ゲームも絶対有るし、

遊びたいゲームが有るなら買うしかない。PS VRは価格も安いからね。

私も、やりたいゲームが出れば、きっと買うでしょう。

レッドアラームの為に、バーチャルボーイだって買ったんだから。

 

PCに限って言えば、Viveのが優勢だし、ゲームタイトルもダントツで豊富。

Fallout 4 VRは、HTC Viveのみに対応という発表だけでも致命的。

Oculus Riftが普及するのは、間違いなく厳しくなるからね。

※参照→Bethesda: Fallout 4 VR Will ‘Blow Your Mind’ With New E3 2017 Demo

 

コンテンツが増えれば、利用者も増える。逆もまた然り。

拡張性、未来を考えると、Vive買っとけってなると思う。

 

Oculus Riftは、Oculus公式販売のみで、国内に正規代理店が無いのも痛い。

HTC Viveは国内PCショップ(ドスパラツクモパソコンSHOPアーク等)だけでなく、

楽天やAmazonでも購入可能。国内サポートも有るから。


【国内正規品】 HTC VIVE (コンシューマーエディション)【数量限定特典】VRコンテンツが入手できるプロモーションコード同梱

 

意外と不具合や故障の多いVRデバイス。

なんか有った時の対応も早い方が安心です。

 

HTC Viveを購入した後は、付属品の多さに戸惑いますので・・・

購入予定の人は、設置方法も予習しておきましょう。

HTC VIVEのセットアップと注意点。ベースステーションの設置方法。

 

今回は、HTC ViveやOculus Riftのスペック云々の話でしたが、

VR環境を満たすPCスペックも重要。VRには高性能グラボも必要ですから。

VR環境(HTC VIVE、Oculus Rift)に必要なPCスペック。

 

VRは素晴らしい端末ですが、もちろん悪い点も有ります。

悩んでいるならデメリットも把握しておきましょう。

HTC VIVE購入レビュー。VR体験しまくって気付いたデメリット。

長時間やりたくても、VR酔いでやれないジレンマ。

早く酔わないようにならんもんかね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ