PCゲームの為にベンチマークテストをする。オススメのベンチマークソフトまとめ。

PCゲームをやるように気付いた。

GPUこと、グラフィックボードの重要性。

 

いろいろ買い替えるものの、未だによくわかりません。

どのグラボが一番高性能なのか?

NVIDIA GeForce、ATI Radeonどちらの方が性能が良いのか?

ビデオメモリは大きい方が良いのか?

型番の数字の大きさは関係無いの?

やっぱり使ってみなければ、わからない。

グラボの違い

だったら、その都度ベンチマークソフトで計測するのみです。

毎回図っていれば、何となくわかってきます。

 

というわけで、定番オススメのベンチマークソフトまとめです。

ベンチマークごときに金は払いたくないので、無料のヤツです。

3DMark

大手PCサイトなんかでも、グラボのスペック比較はコレで計測されてます。

Futuremark社のグラボベンチマークソフト。

2014年8月現在の最新版は「3DMark 11」

3DMark 11 – 窓の杜ライブラリ

3Dmarkベンチマークテスト

無償版のBasic Editionと、有償版Advanced Edition、

商用版Professional Editionがありますが・・・

無料でも、まぁ使えます。

Advanced EditoinだとフルHDのExtreme(1920×1080)や、

4K UHDのUltra(3840×2160)も計測可能へ。

 

※追記

4Kベンチマーク検証の為に、Steamの有料版を購入しました。

GTX1080とGTX980TIとGTX970とGTX660で、4Kゲームのベンチマークを比較する。

 

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマークソフト

高スペック向けオンラインゲームといったら、FF14。

ファイナルファンタジーのベンチマークソフト。

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編

 

DirectX9とDirect11が選択でき、画質も細かく設定する事が可能です。

FFベンチマークテスト

設定も細かく指定できるし、高スペックグラボの検証にも使えるんだけど、

検証時間が長いのが難点。一回10分弱(8分~9分)必要です。

最高画質は、ミドルスペックグラボでは厳しいっす。

 

モンスターハンターフロンティアG ベンチマークソフト

天下のモンハンのベンチマークソフトです。

カプコンオンラインゲームズ:MHF-G公式メンバーサイト ファンワールド

 

MHFのベンチマークソフトは、三パターンあります。

第二弾「絆」、第三弾「大討伐」

私は、とりあえず「大討伐」で計測。4K解像度3840×2160対応。

モンハンベンチマークテスト

モンハンは、ポータブル派だったけど・・・やっぱ画質全然違う。

 

バイオハザード6 BIOHAZARD ベンチマークソフト

同じくカプコンのバイオハザード

公式サイトで、ベンチマークソフトダウンロードできます。

CAPCOM:BIOHAZARD 6 公式サイト | PC版

バイオハザード6も、4k解像度(4096×2160)対応。映像も綺麗。

KS002748

最高画質だと、高スペックグラボ無いと厳しい数値。

私はSteam版を購入してますが・・・未だやってない。

最近バイオハザード4をクリアしました。予想以上に面白かった。

 

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマークソフト

知らない人は居ない、ドラクエ。

ドラクエのベンチマークソフトです。

Windowsでプレイするには? – ドラゴンクエストX 公式プロモーションサイト

 

ドラクエⅩは、高スペックを要求されないので、

割と低スペックグラボでも、最高品質で快適に動作します。

4K解像度(3840×2160)まで対応しています。

ドラクエベンチマークテスト

ノートPCなんかでも、割と高スコア。

4K解像度でも、割と簡単に最高評価出ます。

高スペックグラボに交換しても、数値は大して伸びない。

 

PSO2キャラクタークリエイト体験版(ファンタシースターオンライン2)

ファンタシースターオンライン2では、

キャラクタークリエイト体験版の中で、ベンチマーク計測する事ができます。

ファンタシースターオンライン2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4 | 『ファンタシースターオンライン2』公式サイト

対応解像度はフルHD(1920×1200)まで。

KS002746

PSOも低スペックグラボで問題無いので、

「快適に動作すると思われます」っていう最高の評価も簡単に出る。

こちらも、カジュアルにベンチマーク計測って感じ。

 

ドラゴンズ ドグマ オンライン ベンチマークソフト

Dragon’s Dogma Online(ドラゴンズドグマオンライン)のベンチマークソフト。

『ドラゴンズドグマ オンライン』ベンチマークソフト公開|ドラゴンズドグマ オンライン(DDON) 公式メンバーサイト:COG

 

人気だけあって、ベンチマーク映像も非常に面白そう。

対応解像度はフルHD(1920×1200)まで。

KS002747

ドラクエ、PSO同様、高スペックは簡単に出てしまう。

ベンチマークスコアを計測というよりも、

ゲームが動作可能かどうか?を判断する為のソフトですね。

 

SteamVR Performance Test

遂に時代はVirtual Reality。PCでVRを体験するには、

高スペックパソコン&グラフィックボードが必要です。

 

VRは、通常のディスプレイ出力とも表示方法が異なるので、

Steam専用のベンチマークソフトで、パフォーマンステスト。

VR環境に対応できるか、事前に確認しておきましょう。

Steam:SteamVR Performance Test

VRベンチマーク

 

よりナチュラルな異空間体験をするために、

常時90fpsをキープする必要が有る。

HTC VIVEをやるなら、最低でもGTX970は欲しいところ。

VR環境(HTC VIVE、Oculus Rift)に必要なPCスペック。

 

ちなみに、3D MarkのVR Markは、現時点でプレビュー表示のみ。

まだまだスコア計測はできません。

 

グラフィックボードを変えたら、とりあえずベンチマークテスト

パソコンのメモリやCPUよりも、グラボの影響力は絶大です。

グラボとPC(CPU、メモリ、マザボ)の関係は、どの程度ゲームへ影響するのか?

グラフィックボードを変えたら、とりあえずベンチマークテスト。

ベンチマークスコアの数値の変化を楽しみましょう。

 

ゲームのベンチマークソフトを実行すると、

そのゲームがやりたくなる・・・

ドラクエとか・・・ちょっと、やりたくなってしまった。汗

 

Battlefield、GTA、Skyrim・・・高スペックのグラボでやりたいもんです。

こだわればキリがありませんが、

ゲームをやる頻度が多いなら、最初からハイスペックグラボをオススメします。

私も、コロコロ買い替えてきましたが、買うたびに上位モデルが欲しくなるという。

画質でゲームのイメージは全然変わるし、最初から良いのを買った方が、結果安くつく。

 

高画質でゲームも楽しみたいうなら、GTX1080が最強。

やっぱりベンチマークは嘘つかない。

GTX1080とGTX980TIとGTX970とGTX660で、4Kゲームのベンチマークを比較する。

 

省エネで高スペック、コスパも良いのはGTX1080。

グラボメーカーASUS、MSI、ZOTAC、GIGABYTEの違いと選び方。GTX1080でモデル比較して悩んだ結論。

オーバークロックモデルじゃなくて、格安な通常モデルで全然高スペックだから。

グラボメーカーが違うと、ベンチマークスコアはどれくらい変わるのか?オーバークロックモデルと比較検証してみた。

 

最近のグラボは省エネだから、大容量の電源も不要。

GTX1080に必要な電源。消費電力をGTX980Ti、GTX970と比較する。

SLIにしても、やはり大容量電源は不要。

SLIともなるとスペックは段違い。

GTX1080のSLIで4Kゲームのベンチマーク計測。SLIの消費電力とSLIに必要な電源。

あとは、お金との相談。

SLIは贅沢品ですが・・・とりあえず、ここまでやれば諦めもつく。

もちろん良い意味でね。

スポンサーリンク

 

2 Responses to “PCゲームの為にベンチマークテストをする。オススメのベンチマークソフトまとめ。”

  1. ちくわぶ2世 より:

    解像度は数字の後に「度」をつけるのが正式なんですか?
    1920*1080度
    とかが正解なんですか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ