静岡県富士宮市「富士山ワイルドアドベンチャー」レビュー

富士山ワイルドアドベンチャー口コミ評判 キャンプ場

静岡県富士宮市に有るキャンプ場「富士山ワイルドアドベンチャー」。

大自然に囲まれた、ワイルドなキャンプ場であり、

富士山もバッチリ拝めます。

 

ただ、ワイルドということで、気をつけるべき点も多々有り、

ちょっと評価も分かれそうですね。レビューします。

基本情報(料金、チェックイン時刻)

フリーサイト、区画サイト、デッキサイト、パオ、宿泊施設があり、

テントサイトは、基本的にフリーサイトがメイン。

 

フリーサイト、区画サイト、デッキサイト共に、

基本料金+人数料金というシステムなので、

家族人数が多いほど、料金も割高になり、

繁忙期は、料金が2倍ほど上がります。

 

しかも、チェックアウト時刻は10時と早いので、

繁忙期は、チェックアウトが17時まで伸びる、ゆったりプランも必須。

ゆったりプランの料金は、更に約1.4倍上がります。

  • チェックイン:11時~
  • チェックアウト:10時まで ※ゆったりプラン17時まで

 

以下、フリーサイトの料金です。

・スタンダードプラン(通常)
基本料金:1,500円(車1台 / 1泊)
大人(高校生以上):1,000円/人
こども(小中学生):500円/人
※未就学児は無料

・スタンダードプラン(ハイシーズン)
基本料金:2,000円(車1台 / 1泊)
大人(高校生以上):1,500円/人
こども(小中学生):750円/人
※未就学児は無料

・ゆっくりプラン(通常)
基本料金:2,000円:(車1台 / 1泊)
大人(高校生以上):1,400円/人
こども(小中学生):700円/人
※未就学児は無料

・ゆっくりプラン(ハイシーズン)
基本料金3,000円:(車1台 / 1泊)
大人(高校生以上):2,000円/人
こども(小中学生):1,000円/人
※未就学児は無料

FWA【富士山ワイルドアドベンチャー】 | 日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】

フリーサイトでも高額ですが、

区画サイト、デッキサイトは、更に値段も上がります。

 

今回、我が家は、フリーサイトの宿泊2泊(ハイシーズン)を、

ゆっくりプラン(17時チェックアウト)を利用。

家族5人(高校生以上2名、小中学生2名、未就学児1名)だったので、

18,000円+消費税1,800円→合計19,800円となりました。

 

また、キャンセル料は、予約した時点で100%発生します

理由の如何を問わず利用料金に対して100%です。エグい。

ただ、前日17時までにメールでキャンセル連絡をした場合は、

同額分のクーポン(有効期限は1年)が発行されます。

※キャンセル後、登録メールアドレスにクーポンコードが届きます。

駐車場→受付

11時チェックインとなっていますが、

11時にならないとチェックインができないのではなく、

11時にならないとキャンプ場に入れません

キャンプ場入り口に、ゲートが置かれ入れないので、

駐車することもできません。

というわけで、オープン直後の11時前は、キャンプ場前の道路が大渋滞。

 

私は10時50分頃に入り口付近に着きましたが、

ゲート前のスタッフに「素通りしてUターンして来て」と言われました。

20210502110141

数分前くらいから入り始め、前後で交互に入れてました。

20210502110301

入り口スタッフ案内に従い→そのまま奥の駐車場へ。

20210502110334

入り口でチェックイン手続きが必要ですが、

これは誰か一人行けばOKであり、後でも大丈夫。

駐車場とサイトの確保を優先した方が良いですね。

20210502110342

手前側の駐車場(第1P、第2P)は、

宿泊棟利用者専用なので、奥の駐車場へ。

20210503054026

左側が第3P、第4P。

20210503054006

20210503094454

右側の一番奥が大駐車場。

20210502111115

大駐車場の奥側(イベント広場側)からドンドン埋まってました。

20210502145453

宿泊施設だけでなく、パオ利用者の駐車場は固定されてます。

20210503085212

 

駐車するなら、入って左側(森側)が良い。

駐車場のすぐ後ろがフリーサイトなので、

荷物を出し入れするスペースが有る。

20210503053740

ただ、駐車場は全体的にに狭く、駐車スペースにも余裕が有りません。

皆さん大型車ばかりなので、駐車にはホント苦労しましたし、

奥まで行って埋まっていると、結構大変。

誘導する人も居ませんので、

頭から突っ込んで、身動きとれなくなってる車も見かけました。

 

キャンプ場の設備も悪いので、出かけないわけには行かないし、

出かけると駐車するのにまた一苦労。

常に荷運びリアカーも行ったり来たり、人の動きも多く危険でした。

キャンプ場内マップ

キャンプ場内は、大駐車場を中心に、

各エリアが広がって居ます。

20210503054622

テントサイト(フリーサイト)

駐車場の奥のイベント広場。ファイヤーピット前。

20210503053732

大駐車場の裏側、林間サイトの檜ヶ原、レオの森。

20210503085232

20210503085246

冒険広場。開けたサイトは少なく、全体的に木陰が多い。

20210503085220

繁忙期は、思った以上に空きスペースを探すのが大変。

奥の方も広いのかと思ったら、意外と狭く、

テント設置できるスペースも限られていました。

20210503052434

どこが良いというよりも、空いている場所を見つけたら、

とりあえず、確保しておいた方が良いですね。

花火大会みたいに、先に陣取りされてるグループも多く見かけましたので。

林間メインであり、地面は土っぽく、水はけは悪いです。

20210503052540

あまり整備されている印象はなく、石もゴロゴロでした。

20210503052552

富士見サイト(区画サイト)

富士見サイトは、ホント富士山眼の前、

値段が高いだけあって整備されてます。

20210503054217

ただ、区画サイズは、6m×10mと・・・狭い。

20210503054229

デッキサイト「富士見デッキ」と「とんがりパオ」もあります。

20210503054240

富士山眼の前は、とんがりパオ。

20210503054249

宿泊施設

キャンプ場内には、パオも点在しています。

パオって、砂袋が入った簡易的な家みたいな建物。

コテージよりも原始的なので・・・

値段を考えると、ちょっと利用したくは無いですね。

20210503053734

受付横には、宿泊棟もあります。

20210503054309

設備

リアカー

駐車場横には、無料で使えるリアカーが置いてあります。

20210503053728

リアカーは、30分の交代制。

リアカーには限りが有るので争奪戦。

チェックイン、チェックアウト時刻あたり待ちまくるし、

リアカー無いと、荷物の運搬は厳しいです。

20210503053726

30分超えると追加料金が発生するらしいですけども、

時間を計測する人は居ませんので・・・全然リアカー戻って来ない。

水場

水道場は、数カ所しか無く、蛇口も少ないです。

20210504082550

20210503054010

自然流下式水槽ということで、水流も弱いです。お湯は出ません。

20210503163413

というわけで、常に洗い場は混んでます。

トイレ脇の水も出ないので、手洗うのにも行列。

食事時の洗い物は、小一時間待つので、時間をズラした方が良い。

トイレ

トイレもバイオトイレであり、なかなか強烈です。

20210503055147

キャンプ場のトイレって感じ。

20210504111619

男性用トイレ。

20210503055150

なかなか臭いも強烈です。ごめんなさい。

20210504082530

明かりも無いに等しいので、夜は懐中電灯も必須。

色々と、覚悟した方が良い。

 

受付横のトイレは、水洗トイレなのでまだマシ。

ただ、皆さんわざわざこちらのトイレを使うし、

そもそも場内のトイレが少ないので混みまくり。

20210503085946

男性は早いから良いけども、女性、女の子は大変ですよね。

20210503054517

お風呂場&シャワー

シャワールームは、15分500円・・・と割高。

外観を見る限り、使う勇気は有りませんでした。

20210503085401

ゴミ捨て場

受付横で、ゴミを捨てられますが有料です。

燃えるごみ、不燃物、空き缶、ペットボトル、空き瓶、

全て分別して捨てるのですが、一袋あたり300円取られます。

20210503054514

一袋といっても最大45Lまでの料金なので、

大きい袋90Lは、2倍の料金とられました。

 

分別ゴミも、分別すればするほど取られるので、

基本的に燃えるゴミ以外は、持って帰ったほうが良いですね。

炭だけは無料で捨てられます。水場の横に有りました。

20210503054738

ケヤキ広場

入り口近く、管理等の裏側に、遊具スペース「ケヤキ広場」があります。

20210503054713

公園に有るような遊具が沢山有り、

20210503054127

トランポリンや、ターザンロープもありますので、子どもは1日楽しめます。

20210503085624

20210503090040

 

遊具の周りを走る「ワイルドカード」というアトラクションも有る。

20210503085617

こちらは有料で、子どもが遊んでる周りを走り回るので、

ちょっと危険な気がした。2週で550円・・・要らん。

動物ブース

ケヤキ広場周辺には、たくさんの動物も飼われており、

餌やり、散歩といったエンターテイメントも楽しめる。

餌200円、散歩200円で楽しめます。

ブタさん。

20210503090024

ヤギさん。

20210503090036

ニワトリさん。

20210503054021

餌は200円で売ってますけど、

その辺の草をむしって、勝手に与えてる子どもが多かったですね。

 

動物がたくさん居るということで、周辺は動物の健康的な臭いもなかなか。

よって、管理等近くのサイトも、忘れた頃に臭ってきます。

売店

管理等横の売店では、最低限のキャンプ用品は売ってます。

20210503090011

炭、トング、チャッカマン、紙皿、紙コップ、割り箸、氷、炭酸水、調味料・・・くらいですね。

20210503054512

薪は詰め放題で1,000円、売店でお金を払うと専用の袋が貰えます。

キャンプ場入り口脇に、薪詰め放題スペース。

20210502173530

軽くて火持ちよりも火力重心の針葉樹っぽい。

思ったより入らないので、1,000円でお得って感じは無いですね。

20210502175449

薪の詰め放題って、一回使った袋は返却ルールなのですけど、

明らかに2回目の詰め放題している人も見かけました。

返却ルールも、2回目購入したときに聞きましたし。謎。

周辺施設

富士山ワイルドアドベンチャーは、

人気キャンプ場が密集するエリア静岡県富士宮市にあるので、

まかいの牧場、ミルクランド、もちや、白糸の滝・・・と非常に近いです。

 

久しぶりにまかいの牧場に行ったら、なんか綺麗になってましたけど、

鬼のように混んでました。

20210502100248

まかいの牧場の薪も、年々値上げ。現在では1束500円。

20210502101301

白糸の滝の方が良かったです。

20210503103230

富士山もバッチリだし、滝は気持ち良い。マイナスイオン。

20210503104315

 

周辺にはコンビニも多々有るのだけど、

温泉施設は、キャンプ場の密集地ということで、どこも非常に混んでました。

風の湯は激混み、天母の湯も混みまくり、キャンブームですね。

感想

富士山が見える人気エリアですが、

イマイチ評判がパッとしないのは、値段の割には設備が微妙なところ。

 

11時チェックインといえど、入場できるのが11時であり、

場内の狭さによる渋滞、駐車場の混み、リアカー移動を考えると、

ちゃんと設営に取りかかるまで+1時間

 

翌朝も10時チェックアウトといえど、

洗い場の混み、トイレの混みを考えると、

皆が起きる前から撤収し始めないと間に合いません。

駐車場も遠く、リアカー待ちも有るわけで・・・

繁忙期の10時チェックアウトは無理有るとも感じました。

繁忙期は、ゆったりプランが必須です。

 

設備が汚いだけでなく、水場とトイレが圧倒的に足りてない

その割には、付近のキャンプ場に比べて割高。

キャンプ場も広いとは言い難いので・・・富士山料金ですね。

 

管理も行き届いておらず、利用者のマナーに委ねている感じ。

チェックイン時の場内ルールの説明もほとんど無く、

花火OKだったり、薪拾い禁止だったり、

公式サイトで事前にルールは確認した方が良いかなと。

▼薪拾い
禁止です。焚き付けに小枝を使用する程度ならOKです。

▼自然を大切に!
ハンモックのご使用には、木の幹の保護をお願いします。
枝を折る、幹に釘を刺すなどの行為は禁止です。

木々だらけなので、ハンモックもたくさん見かけたけど、

木の幹は保護してくれってよ。

20210503052507

この地域のフリーサイトで、

設営するスペースに余裕が無いってのもビックリした。

ふもとっぱら、朝霧ジャンボリー、いずれも広くて設備も優秀。

なにより値段が格安でしたからね。

静岡県富士宮市「ふもとっぱらキャンプ場」レビュー 

静岡県富士宮市「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」レビュー

 

だからこそ、繁忙期でも予約が取れたのでしょうけど、

フリーサイトは早いもの勝ちというのは心しておいた方が良い。

とりあえず早めに場所を取る。早め早めに行動する。

 

あらかじめ駐車場を占領されてたり、

フリーサイトも占領されていたり、なんか殺伐としていました。

キャンプブームも有るのでしょう、

いろいろな意味でワイルドアドベンチャーでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました