家庭用TVとPCで3D立体視ゲームをやる方法。NVIDIA 3D Visionと3DTV Playの違い。

Pocket
LINEで送る

せっかく自宅に3D対応のテレビがあるんだから、

パソコンゲームも3Dでやってみたい。

そう思うのは私だけでは無いハズ。

 

「TriDef 3D」や「iZ3D」とかもあるようですが・・・

よー解らなかったんで、NVIDIAで挑戦。

家庭用テレビでも、3Dゲームできましたよん。

 

3D立体視のPCゲームをやる為に必要なモノ。NVIDIA 3D Vision。

PCゲームで、3D体験(立体視)といえば、NAVIDIA 3D Vision。

その敷居は、なかなか高いです。

KS001545

※参考→3D Visionシステム要件 | NVIDIA

 

3D VISIONに必要なモノ

  • 互換性の有るNVIDIAグラフィックカード
  • 3D Vision対応メガネ → NVIDIA 3D Visionキット(アクティブシャッター方式)
  • 3D Vision対応ディスプレイ → リフレッシュレート120Hz以上
  • Windows OS

 

3Dゲームをするにあたり、グラフィックボードの性能はあまり関係ないっぽい。

Geforceのグラボを積んでれば、たぶん問題無いレベル。

GTX560とかでも、3Dは「すばらしい」表記になってます。

3D Visionシステム要件 | NVIDIA

 

NVIDIA 3D Visionキットを購入すればイケるのかと思いきや、

3D Visionはアクティブシャッター方式でした・・・。


NVIDIA 3D Vision 2 Kit GV1431-3DV2R

私の持っている4K液晶テレビは、3Dがパッシブ方式(偏光方式)の為、

NVIDIAメガネは利用不可能でした。最近の3Dテレビはパッシブ方式が多いよね?

※アクティブ方式とパッシブ方式の違いについては、下記サイトを参照。

参考サイト→3Dメガネの仕組みと種類。パッシブ方式とアクティブ方式の違い。 | 俺の動画。

 

そもそも家庭用テレビでは、リフレッシュレートも60Hzが限界っぽいから、

3D Visionのシステム要件、ディスプレイ120Hz以上もクリアできてない。

 

こうなると、尚更やりたくなる3Dゲーム。

3Dゲームの為に、液晶ディスプレイを買い換えるか・・・?

いやいや、まだ方法は有りました。「NVIDIA 3DTV Play」です。

 

NVIDIA GeForce「3D Vision」と「3DTV Play」の違い。

PCの3Dゲームって「3D Vision」でなければ出来ない。

それは私の勘違いでした。

 

NVIDIAには「3D Vision」が利用できない家庭用テレビでも、

立体視を体験できる「3DTV Play」というソフトウェアが有ります。

3D Visionの拡張機能に当たるのかな?

NVIDIA 3DTV Play | NVIDIA

 

3D対応のフルHD液晶テレビでも、HDMI経由で3D体験をできる。

専用の3Dメガネ「NVIDIA 3D Visionキット」も必要なく、

3Dに対応している3Dテレビなら、ほぼ対応できるらしい。

 

アクティブシャッター方式の3Dテレビで無くてもOK。

偏光フィルター方式(パッシブ方式)の3Dテレビでも、3Dゲーム対応だってさ。

NVIDIA 3DTV Play は、アクティブ シャッター方式とパッシブ偏光方式のいずれのタイプの 3D TV グラスにも対応していますか。

NVIDIA 3DTV Play は、HDMI1.4a 準拠のどの 3D TV でもお使いいただけます。3D TV で使用できるグラスのタイプは、その TV のメーカーによって決定されます。

FAQ | NVIDIA

 

NVIDIA 3DTV Playは、39.99ドルと有料だけども、14日間は無料で利用できる。

というわけで、早速試してみました。

※3D VISIONキットを所持している人は、3DTV Playも無料で利用可能です。

 

NVIDIA 3DTV Playを、家庭用テレビBRAVIAで試してみた。

今回試したテレビは、ソニーの4Kテレビ BRAVIA KD-49X8500B。


ソニー SONY 49V型 液晶 テレビ BRAVIA KD-49X8500B 4K対応

 

4Kゲーム用に購入したヤツね。

PCの4Kゲームをやるなら、4K対応の液晶テレビがオススメ。

 

使う3Dメガネは、ソニーの純正品の安いヤツです。


SONY 3Dメガネ(パッシブ方式) TDG-500P

 

まず、NVIDIA公式サイトより「3DTV PLAY Activation Utility」をダウンロード。

14日間無料体験版を利用する方法も記載されてます。

NVIDIA 3DTV Play14日間無料体験版 | NVIDIA

 

インストールされたら、早速3DTV PLAYを起動。

「無料の試用版の使用を継続する」でOK。

IMG_3541

 

設定画面。3Dメガネを用意して次へ。

IMG_3543

 

グラスの電源を入れますって表示されますが、これはアクティブ方式の3Dテレビの場合です。

パッシブ方式の3Dメガネは関係ないので、そのまま次へ。

IMG_3544

 

3D表示されます。指示に従って3Dテスト。早速浮いてます。

IMG_3545

 

再び、3Dのテスト。これまた浮いてます。

IMG_3546

 

NVIDIA 3DTV Playの設定完了です!

IMG_3547

続いて、3D対応ゲームで試してみます。

 

3D Vision対応ゲームなら、基本的に3DTV Playに対応している。

設定どーすんだろーって思いながら、

特に意識せず、Steamからゲーム起動してみました。

 

今更ハマってる「Max Payne 3」を起動したところ、

勝手に3Dへ変換されてくれました。

右下に「Rating : 3D Vision Ready」とか表示されとります。

IMG_3561

「Ctrl + Alt + Insert」で、この表示は消えるのねん。

 

「Splinter Cell Blacklist」も起動してみたところ、同じく勝手に3D表示へ。

右下表記は微妙に異なってるね。

IMG_3554

 

適当に起動したゲームが、いきなり3D表示されたのは驚き。

3D Vision対応ゲームなら、3DTV Playにも対応しているので・・・

NVIDIA 3DTV Play のゲーム対応状況は 3D Vision と同じですか。

はい。NVIDIA 3DTV Play では、3D Vision と同じゲームがサポートされています。

FAQ | NVIDIA

対応ゲームは、山ほどあります。

3D Visionゲーム | NVIDIA

 

NVIDIA 3DTV Playは720pが限界。最高の3D体験をしたいなら3D Vision。

めっさ浮いてるーけど、なんか画像が荒いな・・・って思ったら、

解像度1280×720になってました。

IMG_3551

 

NVIDIA 3DTV Playは、お手軽に3D体験できますが、

「1080p24」「720p60」「720p50」の3Dフォーマットにのみ対応となります。

NVIDIA 3DTV Play でサポートされている 3D モードを教えてください。
標準の HDMI 1.4a 1080p24 および 720p50/60 の各スタック フレーム モードがサポートされています。

FAQ | NVIDIA

 

よって、

60fpsでゲームをしたいなら、ハイビジョン画質(1280×720)となってしまう。

フルハイビジョン(1920×1080)では「1080p24」となってしまい、残像感がハンパ無い。

24fpsでは、ゲーム出来たもんじゃ無いです。

3D TV に複数のモード (720p60/50、1080p24) があるのはなぜですか。どのモードを使用すべきですか。
720p60 と 720p50 の各モードは、それぞれ 60fps または 50fps のフレーム レートを実現するため、3D ゲームでの使用に適しています。1080p24 は Blu-ray 3D を再生する場合にのみ推奨されるモードです。1080p24 モードで 3D ゲームをプレーしようとしても、24fps でのゲーム プレーしかお楽しみいただけません。

FAQ | NVIDIA

 

ちなみに、対応していない解像度でゲームを起動しても、3D表示はされません。

Please try 1280×720@60Hz or 1920×1080@24Hz」って表示されます。

IMG_3557

 

1080pのフルHDで、高画質3Dゲームを楽しみたいなら、

120Hzディスプレイと、3D Vision Kitで「3D Vision」を利用するしかないね。

メガネも高いだけあって、3Dの見え方も全然違うみたいだからね。

 

3Dは4Kとは別物だけど、

4Kを体験した後だと、HD画質(720p)は、画質の劣化を感じます。

やっぱり3D Vision対応ディスプレイが欲しいなぁ・・・って結論。

 

144Hzのゲーミングモニターで4~5万は、ちょっとキツイ。


MSI Optix G24C ゲーミングディスプレイ [24型 湾曲 リフレッシュレート144Hz対応] MN322

 

専用メガネも買ったら、6~7万か・・・。


NVIDIA 3D Vision 2 Kit GV1431-3DV2R

 

高画質3Dは、勇気要るなぁ~。

もし購入したら、またレビューしたいと思いますが、

とーぶん金欠なんで・・・しばらく先だね。きっと。

 

P.S.

現状、4KやWQHD画質で、3D表示って不可能みたいですね。

4Kを取るか、3D表示を取るか、悩ましい問題。

 

3Dゲーム環境にプラス7万は、そう考えると、4Kテレビってやっぱ安いな。

個人的には、4Kゲーム環境をオススメします。

PCの4Kゲームをやるなら、4K対応の液晶テレビがオススメ。

 

ちなみに、2160pが4K、1080pがフルHD、720pがHDって感じみたいね。

参考サイト→動画配信サービスの画質(SD、HD、フルHD、4K)の意味とその違い。 | 俺の動画。

とりあえず3Dは満足したんで、大画面4Kでゲームします。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ