SLI構築方法と注意点。GTX1080のグラフィックボードで挑戦してみた。

Pocket
LINEで送る

諸事情により、GTX1080を2枚も買ってしまったので・・・

グラボメーカーが違うと、ベンチマークスコアはどれくらい変わるのか?オーバークロックモデルと比較検証してみた。

せっかくなので、SLIという高尚なモノに挑戦したいと思います。

 

実際やってみたら、思っていたよりも簡単。

PC内のスペースとか、ケーブルの配線とか、電力とか。

物理的な難易度の方が高いと思う。

自作PCなら、臨機応変に対応もできるハズだから。

SLI(エスエルアイ)と、CrossFire(クロスファイア)の違い。

グラボ2枚差し≒SLIっていうイメージでしたが、

SLI(Scalable Link Interface)って、NVIDIAのマルチGPU動作システムの事なのね。

AMDの場合はCrossFire(現代はCrossFireX)。名称は微妙に異なる。

 

SLIとCrossFireの違い

  • SLI(Scalable Link Interface):NVIDIA
  • CrossFireX:AMD

 

グラフィックボードを複数枚差して、スペック向上を図る技術。

グラボ一枚での限界値も、マルチGPUにすれば、より高クロック値を弾き出せる。

PCI Exopressに複数枚グラボを挿す、高性能グラボ2枚以上で、

性能がアップするという事はどちらも一緒。

 

今時は、GeforceのNVIDIA製グラボがシェアを占めるので、

SLI≒グラボ複数差しっていうイメージでも、あながち間違いでは無いんじゃないかと思う。

私自信、AMD製のグラボも長い事使ってないし、

今回もNVIDIAのGTX1080前提で、SLI環境を構築していきます。

 

SLIは同メーカーグラボで無ければいけないのか?SLI構築の条件。

SLIで調べてみると、皆さん同じメーカーの同じグラボでばかりSLI構築しているわけ。

私の場合、別メーカーのグラボでGTX1080が2枚あるので・・・

メーカー違いでもSLIは動作するのか?同じ製品である必要性はあるのか?

ってのは非常に不安になるポイント。

 

SLI動作する為の条件

  • GPUチップが一緒である。
  • ビデオメモリ(VRAM)も同容量でなければならない。
  • クロック値は違っても大丈夫。低い方が適応となる。
  • SLI対応のマザーボードを利用する。
  • SLIブリッジで、グラフィックボード同士を連結する。

 

GTX1080とか、GTX1070とかのGPUチップが一緒であり、

同容量のVRAM(メモリ)であれば、SLIは問題無く動作するという事。

 

グラボメーカーが違ったり、グラボの形状が異なったり、

クロック値だって、別に違っても構わない。

ベースクロックや、ブーストクロック等のクロック違いは問題無い。

 

というわけで、私が持っている、

2つのクロック違いのGTX1080でもSLI構築できそうな感じでした。

グラボメーカーが違うと、ベンチマークスコアはどれくらい変わるのか?オーバークロックモデルと比較検証してみた。

 

ZOTAC GeForce GTX 1080 AMP Edition ZT-P10800C-10P

  • GPUチップ:GeForce GTX 1080
  • ビデオメモリ(VRAM):8GB GDDR5X
  • エンジンクロック:ベース 1683 MHz、ブースト1822 MHz

GALAXY GALAX GF PGTX1080/8GD5 HOF

  • GPUチップ:GeForce GTX 1080
  • ビデオメモリ(VRAM):8GB GDDR5X
  • エンジンクロック:ベース 1733 MHz、ブースト1873 MHz

 

クロック値は低い方が適応となるという事で、

ZOTACの数値が基準になるのかな?

 

SLIの接続方法とSLIブリッジの種類。SLI HBとDual-Link SLIとの違い。

SLI構築するにあたり、よく分からなかったのが、

グラフィックボード同士を繋ぐ、SLIブリッジの種類。

従来のSLIブリッジとは異なる、

新型のHigh Bandwidth SLI Bridge(SLI HBブリッジ)も登場しているし、

各メーカーから、SLI専用のSLIブリッジも発売されている。

結局どれを買えばよいのか?って悩んだ。

 

GTX10シリーズ(GTX1080、GTX1070、Titan X)から、

新たに採用された「dual-link SLI mode」は、

SLI HBブリッジでのみ対応となるって話でしたが・・・

 

実際のところ、従来のSLIブリッジを2本購入して、

2重に並列接続してもdual-link SLI modeは動作するって話。

 

ただ、3000円で新型SLI HBブリッジは購入できるから、

わざわざ旧型のSLIブリッジを2本買う必要も無いじゃーん。

って気付いて、SLI HB ブリッジを購入しといた。ASRock製が安かった。

IMG_1010

新型SLI HBブリッジなら間違いないし、

SLI HBブリッジの方が、安定して高スペック出るってよ。


ASRock GEFORCE SLI用 ブリッジ SLI HB Bridge 2S Card

 

各メーカーからも、SLI HBブリッジが発売されてますが、

スペック値が明確に変わるというわけでも無く、装飾という意味合いの方が強いかと。


MSI 2WAY SLI BRIDGE L 2-Way SLI用ブリッジアダプタ CB1296 2WAY SLI BRIDGE L

 

ちなみに、2way、3wayってのは、グラボの利用数(接続数)なのね。

多くの人が2枚でSLI構築するハズだから、

一般人なら2wayのSLIブリッジを選べばOK。

2wayは、基本的に2スロット空きで接続するタイプが多いです。

KS002770

2スロット空きといっても、グラボデカいのでビタビタな感じになっちゃうんだけどね。

IMG_1013

 

SLIの接続方法と設定方法。SLIが有効になっているのか確認する。

続いて、SLI構築を開始します。

PCI Exopress 2スロットに、SLIするグラボを2枚差します。

IMG_1011

グラボに電源接続。白ケーブル不足の為、仕方なく赤ケーブル使ってます。

IMG_1026

SLIブリッジでグラボ同士をつなぐ。新型HB SLI BRIDGEです。

IMG_1014

PC内をいじる作業は、これでおしまい。

 

あとは、パソコン起動して、NVIDIAコントロールパネル画面を表示。

「3D設定」項目欄の「SLI、Surround、PhysXの設定」を選択する。

 

GeForce GTX1080が2枚認識されてましたが、

初期設定では、SLI設定は無効になってました。

NWS000054

 

SLI設定より、「SLIを無効にする」→「3Dパフォーマンスを最大化する」

にチェックを入れて、「適応」クリックで完了です。

NWS000055

あとはベンチマークスコアを見れば、SLI適応も実感できるかと。

グラボ2枚で約2倍の性能へ。ベンチマークスコアも凄いです。

 

SLI構築して気付いたデメリット。SLIの注意点。

SLI設定は意外と簡単でしたが、例によって苦戦しましたし、

SLI構築したからといって、全てのゲームが快適になるわけでも有りませんでした。

複数枚のグラボを挿すデメリット、感じなかったといえばウソである。

 

SLI対応マザーボードを利用する必要が有る。

マザーボードにより、SLIの性能も変わってくるし、

そもそもマザーボード自体がSLIに対応していないとSLI構築できないという事。

 

とはいえ、ゲーミング系のマザーボードなら、ほぼSLI対応しているので・・・

ハイエンドマザーボードというよりも、

ローエンドのマザーで無ければ、SLI対応のマザーボードになっているかと。

 

PCI-Express 16が2スロットあっても、CrossFireのみ対応だったりするんで、

不安なら、マザボのメーカーページで確認するのが確実。

マルチGPUとか、Supports NVIDIA Quad-GPU SLIとか、

AMD Quad-GPU CrossFireXとかとか、明記されてます。

KS002771

 

全てのゲームがSLI対応しているわけでは無い。

SLI構築して、ベンチマークスコア計測して気づいた。

SLIしても、ベンチマークスコアが変わらないゲームも多いという事。

ソフトウェアが対応していなければ、グラフィック性能は変わら無いし、

もしくは下がる可能性も有るという事。

 

自分でやりたいゲームや、やる予定のゲームがSLI対応となっているか?

予め確認しておく事を推奨します。

最適化されたゲーム | NVIDIA

 

まぁ、最新ゲームや高グラフィックゲームは、SLI対応しているし、

SLI対応していないゲームは、GTX1080一枚で限界まで対応できるハズだから。

高スペックグラボの場合は、関係無いかと。

 

ミドルスペックのグラボでSLIするくらいなら、

ハイスペックグラボに交換した方が、手っ取り早いし確実。

全てのゲームで、快適にゲームできるから。

 

グラボの消費電力は2倍へ。電源供給ケーブル数の問題。

SLIにするという事は、

一番電力を喰うパーツのグラフィックボードが増えるという事。

電源の電力が足らなくなる可能性が有ります。

 

グラフィックボード2枚でSLI構築した際の消費電力

  • GTX980Ti:TDP250W×2 → 500W
  • GTX1080:TDP180W×2 → 360W

 

実際、PCの消費電力を計測したところ、250W~300Wだった電力が、

500Wを超える電力を消費するようになりました。

IMG_1043

オーバークロックしないのであれば、

GTX1080でSLI構築したところで、550Wも有ればギリ足りそうな感じでしたが・・・

 

550W電源では、グラボに電力供給する為のケーブル数も足りなくなりました。

PCI-E用の8ピン電源が足らない・・・

上がRM650x、下がRM550の電源。コネクタ数も違ったのね。

IMG_1019

変換ケーブル使うのも面倒だし、容量的にも限界なので、

仕方なく650W電源のRM650xへ交換しました。

 

電源を交換すれば、配線も変わってしまうという。

電源を交換する前の配線。

IMG_0943

電源交換後(SLI構築後)の配線。

IMG_1020

マザーボードの電源コードカラーも変わっちゃったし、

白ケーブルも足らなくなっちゃった。

コルセアのスリーブケーブルで統一してた都合、色々と面倒でした。

Corsair(コルセア)スリーブケーブルへ交換。ケーブル種類と対応のPC電源に注意。

 

SLIにしてから五月蠅くなった。発熱量の増加に伴う騒音問題。

GTX1080ともなると、ファンの数も多いワケ。

ただでさえ熱を発する、グラフィックボード、それが2倍になるから、

ファンも増えて、ケースファンも多く無いと多く無いと。夏場は特に怖い。

IMG_0929

空冷PCですが、限界までファンを増やして、更にグラボファン。

なんか、こんな五月蠅かったっけっていう感じ。

IMG_1032

ハイスペックグラボを積むって時点で、静音PCに限界があるのかもね。

水冷とかやりたくないし、グラボの水冷とか絶対むーりー。

 

PCケースの物理的スペースや、マザーボードの配線問題。

GTX1080を1枚積む時点でも、PCケースサイズには注意が必要でしたが、

SLIとなると、その馬鹿でかいグラボを複数設置しなければいけないという事。

SLIしたら、マザーボードに挿せなくなるケーブルが出てきました。

 

私のマザーボードの場合、2枚目のグラボが来る位置に、

PCケースファンの電源供給コネクタが有ったので・・・泣く泣く取り外し。

仕方なく、PC電源から直接ファン電源を取るようにしました。

 

特にマザーボードの下の方には、PCケース関連のケーブル類も多々ある。

SLIしてから、このケーブルを挿そうもんなら、物凄い大変。

IMG_1035

私は、SLIした後に、USB2.0のケーブルが外れてしまい、

ピンセットと、箸を駆使しながら、なんとか差し込みました。

IMG_1036

 

最上級スペックを目指すなら、SLIのコスパは悪くない。

グラボ一枚なら、上記の問題は解決します。

グラボ一枚で済むなら、一枚でやった方が良い。

下手なグラボでSLI構築するなら、私はGTX1080を推奨します。

グラボメーカーASUS、MSI、ZOTAC、GIGABYTEの違いと選び方。GTX1080でモデル比較して悩んだ結論。

GTX1080は格安で省エネだし、

GTX1080に必要な電源。消費電力をGTX980Ti、GTX970と比較する。

グラボ一枚で十分高性能。十分なベンチマークスコア弾き出します。

GTX1080とGTX980TIとGTX970とGTX660で、4Kゲームのベンチマークを比較する。

 

とはいえ、

4K解像度でヌルヌルゲームを楽しみたいなら、SLI構築するしかないデス。

GTX1080のグラボ一枚で到達できないスペック。SLIなら楽勝。

 

SLIする事で、グラボスペックは最大2倍近くにも上昇します。

ベンチマークスコアも段違い、圧倒的な差も出ました。

GTX1080のSLIで4Kゲームのベンチマーク計測。SLIの消費電力とSLIに必要な電源。

費用は高い分、上昇値も高い。

グラボ2枚でも省エネだし、コスパも決して悪く無いです。

 

4K解像度の超高精細画質で、ゲームが動作する。

今有るゲームの最高設定で、ゲームができる。

これは本当に素晴らしい。

 

ただ2倍の費用が必要なので、

やる場合は、くれぐれも失敗しないように。

 

SLIやってやったっていう達成感。ハンパ無い。

結局のところ自己満なんですけどね。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ