GTX1080のSLIで4Kゲームのベンチマーク計測。SLIの消費電力とSLIに必要な電源。

Pocket
LINEで送る

最高のグラフィックボードGTX1080で、SLIに挑戦したのは最近の話。

SLI構築方法と注意点。GTX1080のグラフィックボードで挑戦してみた。

高額なGTX1080が2枚となると、ベンチマークスコアはどれくらいになるのか?

また、その際の消費電力も計測していきたいと思います。

IMG_1143

検証するPCスペックは、GTX1080でオーバークロック検証した時と同じ。

ベンチマーク検証するPCスペック

  • CPU – intel Core i7-6700K 4GHz
  • マザーボード – SABERTOOTH Z170 S
  • メモリ – Crucial [Micron製] DDR4 64GB(16GB×4)
  • 電源 – Corsair CP-9020053-JP (RM550)
  • SSD – SAMSUNG SSD 850 EVO 1TB
  • OS – Windows 10

グラボメーカーが違うと、ベンチマークスコアはどれくらい変わるのか?オーバークロックモデルと比較検証してみた。

グラフィックボードは、メーカー違いのGTX1080でSLI。

ZOTACと、GALAXYの2枚差しで検証します。

ZOTAC GeForce GTX 1080 AMP Edition ZT-P10800C-10P

  • GPUチップ:GeForce GTX 1080
  • ビデオメモリ(VRAM):8GB GDDR5X
  • エンジンクロック:ベース 1683 MHz、ブースト1822 MHz

GALAXY GALAX GF PGTX1080/8GD5 HOF

  • GPUチップ:GeForce GTX 1080
  • ビデオメモリ(VRAM):8GB GDDR5X
  • エンジンクロック:ベース 1733 MHz、ブースト1873 MHz

SLI構築方法と注意点。GTX1080のグラフィックボードで挑戦してみた。

知っているベンチマークソフトで一通り計測していきます。

PCゲームの為にベンチマークテストをする。オススメのベンチマークソフトまとめ。

3DMark Fire Strike Ultra ベンチマークスコアと消費電力

定番のベンチマークソフトといえば3DMark。

GTX1080では、5000前後のスコアだったFire Strike Ultra(3840×2160)。

3DMark Fire Strike Ultra(4K)

  • ZOTAC GTX1080:スコア5038
  • GALAX GTX1080:スコア5210
  • GALAX OC(+115Mhz):スコア5424

グラボメーカーが違うと、ベンチマークスコアはどれくらい変わるのか?オーバークロックモデルと比較検証してみた。

GTX1080のSLIで検証したところ・・・

ベンチマークスコア9256へ急上昇。約1.85倍のスコアって凄い。

NWS000056

 

GTX1080一枚では、9500前後のスコアだったFire Strike Extreme(1920×1080)。

GTX1080のSLIでは、15818を弾き出しました。約1.7倍のスコア。

NWS000058

 

3DMark起動時のPC消費電力は500W前後で推移。

最大で520Wくらいまで行きました。

IMG_1047

 

FF XIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマークスコアと消費電力

続いて、無料のベンチマークソフトとしてお馴染み、

ファイナルファンタジーXIVで検証します。

GTX1080一枚の時は、ベンチマークスコア19000前後

ファイナルファンタジーXIV 1920×1080 最高品質(DirectX 11)

  • ZOTAC GTX1080::スコア18701
  • GALAX GTX1080:スコア19025
  • GALAX OC(+115Mhz):スコア19215

グラボメーカーが違うと、ベンチマークスコアはどれくらい変わるのか?オーバークロックモデルと比較検証してみた。

GTX1080のSLIで計測したところ、ベンチマークスコア21457へと上昇。

FFの1980×1080解像度では、この辺が限界値っぽ。

NWS000057

ベンチマーク起動中の最大消費電力も400W~450Wと、MAX稼働していない感じ。

IMG_1093

FFでフルHD(1920×1080、DirextX 11、最高品質)なら、SLIで余裕。

 

4K解像度(3840×2160、Direct 11、最高品質)の場合は、

一枚でスコア6500前後 → SLIでスコア10000オ―バーと、大幅アップ。

FFで4K画質も快適にプレイできる感じへ。

NWS000066

4Kベンチの場合は、消費電力も500W近くまで上昇しました。

IMG_1140

 

バイオハザード6 BIOHAZARD ベンチマークスコアと消費電力

バイオハザード6の4K解像度でベンチマーク検証。

GTX1080一枚では10000前後のスコアでしたが、

SLIでスコア13961と、結構伸びました。

NWS000060

バイオハザード6は、GTX1080一枚でも4K画質プレイできそうな感じでしたので・・・

この辺が限界値じゃないのかな?

 

消費電力も500Wまで行かない感じ。450W前後で推移してました。

IMG_1061

 

モンスターハンターフロンティアG ベンチマークスコアと消費電力

モンスターハンターフロンティアも、4K対応ですが・・・どうやらSLIには未対応。

ベンチマークスコアも、単体のときよりも下がってしまいました。

グラボ1枚で12867だったスコアが、グラボ2枚で12531へダウン。

NWS000062

消費電力も1枚の時と、ほぼ変わらない。

300W前後・・・これは1枚しか稼働してないね。

IMG_1073

 

ドラゴンクエストX オンライン ベンチマークスコアと消費電力

ドラクエⅩの4K解像度も、SLIでベンチマークスコア下がりました。

18977だったスコアが、15793へと大幅ダウン。

NWS000063

やはり、消費電力は300W前後。グラボ一枚分です。

IMG_1086

 

ファンタシースターオンライン2 ベンチマークスコアと消費電力

ファンタシースターオンラインはフルHD解像度まで。

って事は、SLI未対応だよねって事で・・・

案の定、こちらも5055743391へと、大幅に下がりました。

NWS000064

消費電力は300W未満、一枚目もフル活用して無いんじゃないかな。

IMG_1087

 

ドラゴンズ ドグマ オンライン ベンチマークスコアと消費電力

ドラゴンズドグマも、検証できる解像度はフルHDまで。

ここまでくると下がるだろうって、結果は見えてますが・・・

一枚でスコア13692→SLIでスコア13093と微妙に減少。

NWS000061

こちらも、PC消費電力は300Wは行かなかった。

IMG_1074

MMO系のゲームは、GTX1080のグラボ一枚で十分って事だね。

 

SLIは対応ゲームでこそ力を発揮する。未対応ゲームではスコア減少。

SLIは、SLI対応ゲームでこそ効果を発揮し、

高解像度・高リフレッシュレートの方が、より高いパフォーマンスを出す。

 

3DMarkでも、FFベンチマークでも、

高解像度4Kの方が、大幅にスコアも上昇。

グラボ1枚の約1.85倍のベンチマークスコアとなった。

  • 3DMark 4K:GTX1080スコア5000 → SLIスコア9200
  • FF 4K:GTX1080スコア6500 → SLIスコア10000

 

グラボ2枚は高額だけど、その分スペックも高くなるなら悪く無い。

これも、新型SLI HBブリッジ、dual-link SLI modeの成せる技かな。

SLI構築方法と注意点。GTX1080のグラフィックボードで挑戦してみた。

 

逆にSLI未対応のゲームでは、

ベンチマークスコアが下がる可能性が有るってのも本当だった。

  • モンハン:GTX1080スコア12867 → SLIスコア12531
  • ドラクエ:GTX1080スコア18977 → SLIスコア15793
  • PSO2:GTX1080スコア50557 → SLIスコア43391
  • ドラゴンズドグマ:GTX1080スコア13692 → SLIスコア13093

まぁ、こんだけスコア出ちゃったら、下がるもクソも無いと思うけど

最先端のVRゲームなんかでも、まだまだSLIは未対応だらけだからね。

VR環境(HTC VIVE、Oculus Rift)に必要なPCスペック。

あくまで高スペックで高解像度ゲームをやる為に、SLIを導入するって事。

 

4K解像度を体感するなら、大画面でやらないと違いも分かり辛いから、

大型液晶もきっと欲しくなる。

オススメの4Kディスプレイ比較。40インチの大型液晶を買って気付いた違い。

これもグラボ沼の一つですね。

 

GTX1080は非常に省エネ。SLIに大容量電源は不要。

SLIで懸念していた、消費電力。

SLIというと大容量電源が必要なイメージでしたが・・・

600Wもあれば、問題無く動作する感じかと。

 

GTX1080自体が省エネなので、

2枚にしたところで、結果大して電源は喰わない。

GTX1080は省エネグラボで有り、基本はTDP180Wだという事。

2枚にしたところで、180W×2=360Wしか消費しません。

※TDPはグラボメーカーにより微妙に異なります。

グラボメーカーASUS、MSI、ZOTAC、GIGABYTEの違いと選び方。GTX1080でモデル比較して悩んだ結論。

 

実際、SLIで消費電力を計測してみましたが、

PCパーツ全て含めた消費電力は、500~550W前後

オーバークロックとかの予定もないなら、

600Wくらいの電源でも、賄えてしまうんじゃないかな。

 

SLIにしたところで、一枚しか動作しなければ、

PCの消費電力は、一枚利用時と変わらず300W前後で済んでしまう。

GTX1080に必要な電源。消費電力をGTX980Ti、GTX970と比較する。

2枚稼働すれば、グラボ追加分+200W前後の消費電力となる。

 

グラボは、常時フル稼働しているワケでもないので、

思ったよりも電気代も上がりませんから。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

 

One Response to “GTX1080のSLIで4Kゲームのベンチマーク計測。SLIの消費電力とSLIに必要な電源。”

  1. 名無しのヒカセン より:

    PC初心者です。FF14を144Hzモニターでプレイしているのですが2560×1440サイズで常時144Hzで動かしたいが為に色々と模索しているところです。現在1080を1枚差している状況ですのでとても参考になりました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ