HTC VIVE Pro Eye、Pro 2、Cosmos Elite、Focus 3、XR Eliteの違い。HTC製VR HMDのデメリット。

VIVE Proレビュー

PC向けのVRゴーグルとして、Oculusと共に先陣を切ってきたHTC VIVE。
2018年、HTC VIVEからVIVE Proへ進化し、
2019年には、VIVE Cosmosシリーズ、
2021年には、VIVE Pro 2、VIVE Flow、
2023年には、VIVE XR EliteというMRデバイスまでも登場。

ちょっと種類も増えすぎて、何が違うのか分かりづらいし、
迷走している感も否めません。
Valve IndexやMeta Quest2が出た今、
敢えてHTC VIVEを選ぶ理由も弱い気がしました。

正直、HTC VIVEのVR製品は、どれも厳しいなと感じたので、
HTC VIVEを再レビューしたいと思います。

目次

歴代HTC VIVE製品と現行モデル

HTC VIVEシリーズの違い

HTC VIVEは、2016年に登場してから複数のモデルを発売しており、
現在では、Vive Proシリーズの「VIVE Pro」「Pro Eye」「Pro 2」
Vive Cosmosシリーズの「Cosmos」「Cosmos Elite」
VRグラスの「VIVE Flow」、オールイン型の「VIVE XR Elite」が、
現行で販売されている端末となってます。

HTC Viveでは、「Vive Focus」というモデルも登場してますけど、
Focusシリーズはビジネス向けなので、我々消費者には関係ナス。
「Focus 3」を購入するなら、最新の「VIVE XR Elite」を購入すべき。
VRだけでなくARにも対応できるMRデバイスです。

IMG_9813

歴代HTC VR製品

製品名発売年月発売価格VRタイプトラッキング方式
HTC VIVE2016年4月セット:111,999円+税PC用VRアウトサイドイン方式
HTC LINK2017年8月HMD:39,800円+税スマホ用VR
※HTC U11専用
アウトサイドイン方式
VIVE Pro2018年4月HMD:94,000円+税
セット:162,880円+税
PC用VRアウトサイドイン方式
VIVE Focus2018年10月セット:66,750円+税スタンドアローンVR
※法人向け
インサイドアウト方式
VIVE Pro Eye2019年6月HMD:94,000円+税
セット:186,120円+税
PC用VRアウトサイドイン方式
VIVE Focus Plus2019年6月セット:89,750円+税スタンドアローンVR
※法人向け
インサイドアウト方式
VIVE Cosmos2019年10月セット:89,882円+税PC用VRインサイドアウト方式
VIVE Cosmos Elite2020年3月HMD:67,100円+税
セット:109,990円+税
PC用VRアウトサイドイン方式
VIVE Pro 22021年6月HMD:103,400円(税込)
セット:178,990円(税込)
PC用VRアウトサイドイン方式
VIVE Focus 3 2021年6月セット:179,000円(税込)スタンドアローンVR
※法人向け
インサイドアウト方式
VIVE Flow2021年12月HMD:59,990円(税込)スマホ用VRグラスインサイドアウト方式
VIVE XR Elite2023年4月セット:179,000円(税込)スタンドアローンXR
※PC接続も可能
インサイドアウト方式
赤字が現行モデル

HTC VIVEは、2019年の「VIVE Cosmos」から、インサイドアウト方式へ。
スタンドアローン(単体起動)のVRゴーグルに力を入れている印象です。

ただ、2020年末に「Meta Quest 2」が登場してしまった今、
敢えてHTC VIVEで、スタンドアローンVRを選ぶ理由は薄いです。
最新のXRゴーグル「VIVE XR Elite」も「Meta Quest Pro」に敵わないと思っています。

HTC VIVEシリーズで使うべきは、PCで使うフルトラッキングのVRゴーグル。
アウトサイドイン方式の「VIVE Pro」シリーズ。
PC VRゲームのVRシステム「SteamVR」でも、
初代HTC VIVEのトラッキングシステムを使うのは変わっておらず、
目と口のフェイシャルトラッキングまで可能なのは、現状VIVE製品だけなのです。

コントローラー&ベースステーションの違い

SteamVR Tracking(Lighthouse)を可能にするのがSteamVR Base Station、
SteamVR Base Station ≒ VIVE Base Stationであり、
Valve Index Base Stationも、SteamVR Tracking2.0に準拠の互換製品。
よって、VIVEベースステーション2.0 ≒ Valve Index ベースステーションです。
Valve Indexでも、VIVEコントローラー2.0(2018)とVIVEトラッカーは使えるってこと。

ベースステーション1.0と2.0の主な違いは、ルームスケールの範囲。
ベースステーション1.0は、下位互換性が有るので、
初代VIVE HMDだけではなく、Valve IndexやVIVE Proのコントローラーも使えますが、
逆に、ベースステーション2.0は、上位互換性が無いので、
初代VIVEコントローラーや初代HMDは使え無いという落とし穴。

IMG_1328

SteamVRベースステーションの違い

 HTC VIVE
ベースステーション 1.0
HTC VIVE
ベースステーション 2.0
VALVE INDEX
ベースステーション
発売日2016年4月2018年4月2019年11月
トラッキングSteamVR Tracking 1.0
(Lighthouse 1.0)
SteamVR Tracking 2.0
(Lighthouse 2.0)
SteamVR Tracking 2.0
(Lighthouse 2.0)
最小ルームスケール2m x 1.5m2m x 1.5m2m x 1.5m
最大ルームスケール4m×3.5m7m x 7m
※10m×10m(4個利用時)
7m x 7m
※10m×10m(4個利用時)
対応コントローラーVIVE コントローラー
VIVE コントローラー (2018)
Valve Indexコントローラ
VIVE コントローラー (2018)
Valve Indexコントローラ
VIVE コントローラー (2018)
Valve Indexコントローラ
対応ヘッドセットHTC VIVE
VIVE Pro
VIVE Pro 2
VIVE Pro Eye
VIVE Cosmos Elite
Valve Index
MeganeX
VIVE Pro
VIVE Pro 2
VIVE Pro Eye
VIVE Cosmos Elite
Valve Index
MeganeX
VIVE Pro
VIVE Pro 2
VIVE Pro Eye
VIVE Cosmos Elite
Valve Index
MeganeX
対応トラッカーVIVE トラッカー (2018)
VIVE トラッカー3.0 (2021)
Tundra トラッカー
VIVE トラッカー (2018)
VIVE トラッカー3.0 (2021)
Tundra トラッカー
VIVE トラッカー (2018)
VIVE トラッカー3.0 (2021)
Tundra トラッカー

VIVE ProシリーズとVIVE Cosmosシリーズは、
付属コントローラーとベースステーションのモデル違いで、販売価格も異なります。
旧モデルセットなら安く済ませられる。

HTC VIVE付属セットの違い

商品名販売価格VR HDM
(VRゴーグル)
付属ベースステーション付属コントローラー
VIVE XR Elite179,000円(税込)VIVE XR Elite ヘッドセット専用コントローラー
VIVE Flow59,990円(税込)VIVE Flow
VIVE Focus 3179,000円(税込)VIVE Focus 3 ヘッドセット専用コントローラー
VIVE Cosmosシリーズ
Cosmos Elite HMD
63,810円(税込)Cosmos Elite ヘッドセット
VIVE Cosmosシリーズ
Cosmos Elite
119,100円(税込)Cosmos Elite ヘッドセットVIVEベースステーション1.0VIVEコントローラー1.0
VIVE Cosmosシリーズ
Cosmos
87,200円(税込)Cosmosヘッドセット専用コントローラー
VIVE Proシリーズ
Pro 2 HMD 
103,400円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセット
VIVE Proシリーズ
Pro 2
209,000円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセットVIVEベースステーション2.0VIVEコントローラー2.0(2018)
VIVE Proシリーズ
Pro 2 Lite
170,624円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセットVIVEコントローラー1.0VIVEコントローラー1.0
VIVE Proシリーズ
Pro Eye
209,000円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセットVIVEベースステーション2.0VIVEコントローラー2.0(2018)
VIVE Proシリーズ
Proフルキット
137,000円(税込)VIVE Pro HMDVIVEベースステーション2.0VIVEコントローラー2.0(2018)
2023年5月時点

VRヘッドセットのスペック向上に伴い、
VR用のコントローラーやベースステーションもスペックアップしており、
VIVE用トラッカー製品も増えており、互換製品もややこしい。
VIVEアクセサリーの進化とともに対応製品まとめておきます。

VIVEアクセサリーの対応製品

製品名発売年月対応製品
VIVEベースステーション 1.02016年4月
VIVEコントローラー 1.02016年4月ベースステーション1.0
ベースステーション2.0
VIVEトラッカー2017年3月ベースステーション1.0
ベースステーション2.0
VIVEベースステーション 2.02018年4月
VIVEコントローラー 2.0(2018)2018年4月ベースステーション2.0
VIVEトラッカー 2.0(2018)2018年3月ベースステーション1.0
ベースステーション2.0
VIVE Cosmos外部トラッキング・フェースプレート2020年5月VIVE Cosmos Elite
VIVEトラッカー3.02021年4月ベースステーション1.0
ベースステーション2.0
VIVEフェイシャルトラッカー2021年4月VIVE Pro
VIVE Pro Eye
VIVE Pro 2
VIVE Focus 3アイトラッカー2022年9月VIVE Focus 3
VIVE Focus 3フェイシャルトラッカー2022年9月VIVE Focus 3

ベースステーション2.0では、最大ルームスケールサイズが増えてますが、
日本の一般家庭だと、旧型のルームスケールで十分。
最小の2m x 1.5mですら、確保するのが難しいのが現実です。

PC用VRゲーム環境を整えて気付いた、PC接続型VRゴーグルのデメリット

IMG_1368

新型ベースステーションは、小型化静音化省電力化もしていますが、
省電力といっても自動で電源OFFにならないので・・・手動で電源をオフる必要がある。

VR(HTC VIVE)の消費電力。自動で電源オフにする方法。

コントローラーの性能はというと、新型の具体的な進化ポイントが謎。
形状も操作性も変わらないから、最新モデルも旧型コントローラーをセット売りしているんだと思う。

過去に旧型使っていたなら、HMD(ヘッドセット)だけ新しくするってのは有りかなと。
私も初代ベースステーションとコントローラーを使ってます。

IMG_1323

HTC VIVEのスペック比較

VIVE Proシリーズの違い

HTC VIVEから、2018年に順当進化した「Vive Pro」シリーズ。
2019年には、アイトラッキング付きの「Pro Eye」が登場し、
2021年6月には、最新モデル「Pro 2」が販売開始。

現在販売されているのは、最新モデルの「Pro 2」と、
旧モデルの「Pro」と、Proにアイトラッキングを付けたモデル「Pro Eye」です。

Pro 2のみ付属品違いで販売されており、「Pro 2 HMD」がVRゴーグルの単体販売
「Pro 2」が第二世代のフルキットセット、「PRO 2 Lite」が初代のフルキットセットです。

VIVE Pro現行モデルの価格と付属品

商品名販売価格VR HDM
(VRゴーグル)
付属ベースステーション付属コントローラー
Pro 2 HMD 103,400円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセット
Pro 2209,000円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセットVIVEベースステーション2.0VIVEコントローラー2.0(2018)
Pro 2 Lite170,624円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセットVIVEベースステーション1.0VIVEコントローラー1.0
Pro Eye209,000円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセットVIVEベースステーション2.0VIVEコントローラー2.0(2018)
Proフルキット137,000円(税込)VIVE Pro ヘッドセットVIVEベースステーション2.0VIVEコントローラー2.0(2018)
2023年5月時点

2016年の初代VIVEは、既に販売終了となってますけど、
その進化具合も含め、スペック比較しておきます。

IMG_1321

VIVE Pro シリーズ比較

VIVE Pro 2VIVE Pro EyeVIVE ProHTC VIVE
発売日2021年6月2019年6月2018年4月2016年4月
発売時価格HMD:103,400円(税込)
セット:178,990円(税込)
HMD:94,000円+税
セット:186,120円+税
HMD:94,000円+税
セット:162,880円+税
セット:111,999円+税
解像度両目:4,896×2,448
片目:2,448×2,448
両目:2,880×1,600
片目:1,440×1,600
両目:2,880×1,600
片目:1,440×1,600
両目:2,160×1,200
片目:1,080×1,200
ディスプレイLCD(液晶ディスプレイ)OLED(有機EL)OLED(有機EL)OLED(有機EL)
視野角120度110度110度110度
リフレッシュレート120Hz90Hz90Hz90Hz
センサーGセンサー
ジャイロスコープ
近接センサー
瞳孔間調整(IPD)
SteamVR Tracking V2.0
Gセンサー
ジャイロスコープ
近接センサー
瞳孔間調整(IPD)
SteamVR Tracking V2.0
アイトラッキング
Gセンサー
ジャイロスコープ
近接センサー
瞳孔間調整(IPD)
SteamVR Tracking V2.0
Gセンサー
ジャイロスコープ
近接センサー
瞳孔間調整(IPD)
SteamVR Tracking V1.0
HMD重量約815g約770g約770g約495g
接続USB Type-C
(USB 3.2 gen1)
DisplayPort 1.4
USB 3.0
DisplayPort 1.2
USB 3.0
DisplayPort 1.2
USB 2.0
HDMI 1.4
DisplayPort 1.2
アイトラッカーオプション対応内蔵非対応非対応
フェイシャルトラッカーオプション対応オプション対応オプション対応非対応
トラッキング方式アウトサイドイン
SteamVRトラッキング
アウトサイドイン
SteamVRトラッキング
アウトサイドイン
SteamVRトラッキング
アウトサイドイン
SteamVRトラッキング
ヘッドフォン内蔵
Hi-Resヘッドフォン
内蔵
Hi-Resヘッドフォン
内蔵
Hi-Resヘッドフォン
別付け

2021年6月に、最上位モデル「VIVE Pro 2」が登場。
VIVE Pro → VIVE Pro 2で解像度が大幅に向上しており、
2,880×1,6004,896×2,4485K解像度へ。
単純計算で約1.7倍ほど、解像度が向上してますが、
ディスプレイの質は、有機EL液晶ディスプレイへグレードダウンしています。

IMG_1366

基本的な形状は、VIVE Proと変わっておらず、
ハイレゾヘッドフォン内蔵しているのも同じです。

IMG_1350

5K/120Hzで利用するためには、DisplayPort 1.4が必要ということで、
DisplayPort1.2→DisplayPort 1.4へ進化していますが、
スペック上、5K120Hz出力は不可能であり、5Kでは90Hzとなる模様。

IMG_1337

また、Pro 2 フルセットで209,000円となっていますが、
同梱するベースステーションとコントローラーの性能は、
2018年に発売されたのVIVE Proから変わっていません。

そして、「Pro 2」には「Pro Eye」とは違い、アイトラッキングも付いていません
これが、2019年発売「Pro Eye」が、最新「Pro 2」と同じ価格で販売されている理由。

「VIVE Pro Eye」は、旧型モデル「VIVE Pro」にアイトラッキングが付いただけなのですが、
この目の動きを感知できるってのが、VIVEの唯一無二の利点なのです。

アバターに瞬きを反映したり、ウインクさせたりとか可能になる。
えぇ・・・完全に「VIVE Pro Eye」は「VRchat」向けのモデルです。
逆に言えば、通常のVRゲーム用途なら「VIVE Pro 2」を選んだ方が良いし、
なんなら「VIVE Pro」でも良いと思ってる。

VIVE Pro→VIVE Pro 2で高解像度化してますが、
5K解像度に対応したVRゲーム自体が少ないし、
5Kで高フレームレート出力するには、超高性能なGPUも必要となります。

VR環境(HTC VIVE、Oculus Rift)に必要なPCスペック。

VIVE Pro 2では、5K90Hzが可能といえど、
フル解像度出力するには、RTX20シリーズ以上のスペックが必要なわけ。

ヘッドセットをフル解像度で動作させるには、NVIDIA GeForce RTX 20 シリーズ(Turing)、 AMD Radeon 5000(Navi)シリーズ以上の性能および DSC(ディスプレイストリーム圧縮)のサポートが求められます。

VIVE Pro 2 システム要件

結局のところ、VRゲームに5K解像度(4,896×2,448)って過剰なスペック
4K120fpsで、PCゲームやりますか?って話。
PC負荷も計り知れないし、まだまだ対応できるVRゲームも揃って無いのです。

ちなみに、別売りの「VIVEフェイシャルトラッカー」は、
VIVE Proシリーズ全ての製品「VIVE Pro」「VIVE Pro Eye」「VIVE Pro 2」に対応しています。
口の動きをキャプチャーするなら、アイトラッキングも欲しいけどね。

created by Rinker
HTC
¥17,500 (2023/06/05 12:41:38時点 Amazon調べ-詳細)

「VIVE Pro 2」のアイトラッキングは、オプションで可能となるハズでしたが、
「Droolon F2 Eye-Tracking module」は、未だに日本で発売されず、
Droolon F1の精度もイマイチだったし、オプションとなるとスペーサーも邪魔でしたからね。

VIVE Cosmosシリーズの違い

コンシューマー向けVR機として、過去に強化していた「VIVE Cosmos」シリーズ。
2019年10月に「VIVE Cosmos」、2020年3月に「VIVE Cosmos Elite」が登場しましたけど・・・
完全に失敗したシリーズでした。

VIVE Proシリーズと何が違って、何がダメだったのか?
スペック比較すれば分かる、その微妙さ。

VIVE Cosmos スペック比較

VIVE CosmosVIVE Cosmos EliteVIVE Pro 2Vive Pro
発売日2019年10月2020年3月2021年6月2018年4月
発売価格セット:89,882円+税HMD:67,100円+税
セット:109,990円+税
HMD:103,400円(税込)
セット:178,990円(税込)
HMD:94,000円+税
セット:162,880円+税
解像度両目:2,880×1,700
片目:1,440×1,700
両目:2,880×1,700
片目:1,440×1,700
両目:4,896×2,448
片目:2,448×2,448
両目:2,880×1,600
片目:1,440×1,600
ディスプレイLCD(液晶ディスプレイ)LCD(液晶ディスプレイ)LCD(液晶ディスプレイ)OLED(有機EL)
視野角110度110度120度110度
リフレッシュレート90Hz90Hz120Hz90Hz
センサーGセンサー
ジャイロスコープ
瞳孔間調整(IPD)
Gセンサー
ジャイロスコープ
瞳孔間調整(IPD)
Gセンサー
ジャイロスコープ
近接センサー
瞳孔間調整(IPD)
SteamVR Tracking V2.0
Gセンサー
ジャイロスコープ
近接センサー
瞳孔間調整(IPD)
SteamVR Tracking V2.0
HMD重量約665g約665g約815g約770g
接続USB 3.0
DisplayPort 1.2
USB 3.0
DisplayPort 1.2
USB Type-C
(USB 3.2 gen1)
DisplayPort 1.4
USB 3.0
DisplayPort 1.2
トラッキング方式インサイドアウトアウトサイドインアウトサイドインアウトサイドイン
ヘッドフォンステレオ・ヘッドフォンステレオ・ヘッドフォンHi-ResヘッドフォンHi-Resヘッドフォン

「VIVE Cosmos」では、従来のアウトサイドイン方式→インサイドアウト方式へ。
外部トラッキング不要ということで、面倒なベースステーションの設置作業も要らなくなったわけ。

HTC VIVE、Valve Indexの配線とベースステーション設置方法。賃貸住宅でPCVR(SteamVR)のプレイ場所を考える。

ただ、このトラッキング精度が酷過ぎて、不評のオンパレード。
同じインサイドアウトトラッキング「Oculus Rift S」や「Oculus Quest」と比べて劣りまくり。

結局、新型の「VIVE Cosmos Elite」では、
ゴーグル性能そのまま、再びアウトサイドイン方式へ。

だけど、付属するコントローラーとベースステーションは、
初代「HTC VIVE」の旧型モデル(ベースステーション1.0)です。
だったら「VIVE Pro」のフルキットの方が良いよねって話。

VIVE Cosmos 現行モデルの価格と付属品

商品名販売価格VR HDM
(VRゴーグル)
付属ベースステーション付属コントローラー
Cosmos Elite HMD63,810円(税込)Cosmos Elite ヘッドセット
Cosmos Elite119,100円(税込)Cosmos Elite ヘッドセットVIVEベースステーション1.0VIVEコントローラー1.0
Cosmos87,200円(税込)CosmosヘッドセットCosmos専用コントローラー
Pro 2 HMD 103,400円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセット
Pro 2209,000円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセットVIVEベースステーション2.0VIVEコントローラー2.0(2018)
Pro 2 Lite170,624円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセットVIVEベースステーション1.0VIVEコントローラー1.0
Pro Eye209,000円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセットVIVEベースステーション2.0VIVEコントローラー2.0(2018)
Proフルキット137,000円(税込)VIVE Pro HMDVIVEベースステーション2.0VIVEコントローラー2.0(2018)
2023年5月時点

「Cosmos Elite」の方が値段は安いですが、造りも簡略化、
スペック全般で「VIVE Pro」に圧倒的に劣ります。

「VIVE Pro」と比較して解像度こそ上がってるけど、
その他は、全ての部分で劣るのです。
廉価版というより劣化版、2年経過して劣化版を出すという・・・謎。

全体的な質も劣っており、Vive Proのような装着感も無い。
Cosmosは軽いけど、VIVE Proの方が頭にもフィットするからね。

IMG_1736

強いて言う利点は、フリップアップするくらい。
次期モデルも「Cosmos XR」ではなく「VIVE XR Elite」と名称を変更したわけで、
Cosmosシリーズ・・・間違いなく無くなるでしょう。

VIVE Flowの違い

2021年12月、VIVE Flowという製品も出しています。
これはVRゴーグルではなくVRグラス。視聴に特化したのVRメガネです。
ゲーム向けVRデバイスではなく、動画視聴向けのデバイス。
一応、6DoFトラッキングは付いてますけど、ボディトラッキングはできません

created by Rinker
HTC
¥59,245 (2023/06/05 12:41:38時点 Amazon調べ-詳細)

Bluetoothでスマートフォンペアリングして操作する仕組みであり、
スマホ操作が前提のVRデバイス。コントローラーというよりリモコンです。

メガネ型の軽量フォームファクタというコンセプトは良いのですが、
対応デバイスがAndroidスマートフォンに限られる。
「VIVE Sync」は「Meta Link」のようなPC接続ができないのです。

Oculus Quest 2をPC用VR(Oculus Rift)として使う方法。Oculus Linkでできること。

そして致命的なのが、VIVE Flow対応のコンテンツが皆無なこと。
Meta Questとは違い、VIVE製品は「VIVEPORT」というアプリストア使うわけで、
マイナーアプリしかないのです。スペック云々の前に楽しむ為のコンテンツが無いのよ。

動画配信サービスは、Androidスマートフォンからのミラーリング対応って・・・
「Netflix」や「Amazonプライムビデオ」アプリもないし、
ミラーリング故に映像も汚くなるという本末転倒っぷり。

VR動画を視聴するにも「YouTube」専用アプリは無いわけで、
「FANZA(DMM)」を筆頭とする、
アダルトVRサービスにも「VIVE Flow」は未対応ですからね。

VIVE XR Eliteの違い

VIVEの最新モデルはVRゴーグルではなくなりました。
VRだけでなくMRデバイスとして使える「VIVE XR Elite」ゴーグルです。
スタンドアローン機ですが、PC用VRとしても使えるハイブリッド機。

VIVE XR EliteVIVE Cosmos EliteVIVE Pro 2
発売日2023年4月2020年3月2021年6月
発売価格セット:179,000円(税込)セット:109,990円+税HMD:103,400円(税込)
セット:178,990円(税込)
解像度両目:3840×1920
片目:1920×1920
両目:2,880×1,700
片目:1,440×1,700
両目:4,896×2,448
片目:2,448×2,448
ディスプレイLCD(液晶ディスプレイ)LCD(液晶ディスプレイ)LCD(液晶ディスプレイ)
視野角110度110度120度
リフレッシュレート90Hz90Hz120Hz
センサー4xトラッキングカメラ
16 MP RGB カメラ
深度センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
近接センサー
Gセンサー
ジャイロスコープ
瞳孔間調整(IPD)
Gセンサー
ジャイロスコープ
近接センサー
瞳孔間調整(IPD)
SteamVR Tracking V2.0
HMD重量約625g約665g約815g
有線接続USB Type-C(USB 3.2 gen1)
USB Type-C(USB 3.2 gen1)
※1つはパワーポート用
USB 3.0
DisplayPort 1.2
USB Type-C(USB 3.2 gen1)
DisplayPort 1.4
ワイヤレス接続Bluetooth 5.2 + BLE
Wi-Fi 6
トラッキング方式インサイドアウトアウトサイドインアウトサイドイン
バッテリー駆動最大15時間
オーディオ内蔵スピーカー内蔵ヘッドフォン内蔵ヘッドフォン

VR(仮想現実)とAR(拡張現実)を組み合わせたのがMR(複合現実)。
VR、AR、MRを総称して「XR(クロスリアリティ)」と言っているわけですが、
実際のところ、AR、MRに対応できるかは、ソフトウェア(アプリ)次第。

VIVEストアアプリが酷いというのは、他のVIVE製品と同じく、
VIVE Flow同様に単体起動には難があるので・・・
スタンドアローン機として快適に使えません

PC用VRデバイスとして使うとしても、
「VIVE Sync」の完成度も低く、動画視聴や仮想ワークスペース用途にも難がある。
結局のところ、SteamVRアプリを経由して使うハメになる

トラッキング性能もダメダメで、付属コントローラーの質も低いので、
VRゲームで使うつもりなら、アウトサイドイン方式の「VIVE Pro 2」を選ぶべきですね。

XRといえば聞こえは良いけども、結局どれも中途半端。
スタンドアローン機としてはシェアNo.1のMeta Quest 2に劣るし、
PC用VRゲーム機としてもSteam公式デバイスの「Valve Index」には敵わない。

VR HMD「Valve Index」レビュー。「HTC VIVE Pro 2」と比較したメリット・デメリット。

VALVE INDEXとHTC VIVE PRO

MR機として使うなら、Meta Quest Proもありますからね。
同等の価格なら「Meta Quest Pro」が間違いない。
「VIVE XR Elite」の登場により、値段も安くなりましたから。

created by Rinker
Meta
¥159,500 (2023/06/05 12:41:40時点 Amazon調べ-詳細)

HTC VIVEのデメリット

モデルが多すぎて複雑

HTC VIVE → HTC VIVE Pro → Pro Eyeまでは良かったですけど、
2019年の「VIVE Cosmos」あたりから急に残念な製品となりました。

しかも、そこから「Cosmos Elite」「VIVE Pro 2」「VIVE Flow」「VIVE XR Elite」と、
新製品を出しているのですが、旧モデル「Cosmos」「VIVE Pro」「VIVE Pro Eye」も併売。
既にモデルチェンジした「ベースステーション」や「コントローラー」も売り続け
挙句の果てには、新製品と旧モデルをセット販売で、更に複雑化しちゃってる。

IMG_1349

例えば、Vive Proシリーズだけで「VIVE Pro」「Pro Eye」「Pro 2」の3種類があり、
ベースステーションとコントローラーも新型と旧型で2つのモデルがある。

それぞれ組み合わせセット販売しているのも意味不明。
「Pro 2」「Pro 2 Lite」「Pro 2 Lite」「Pro 2 Eye」「Proフルキット」・・・
結局のところ、どれを買えば良いのかも分からないし、
実際、現行販売されているモデルのほとんどは旧型モデル
買ってはいけない地雷製品も多すぎるのです。

商品名販売価格VR HDM
(VRゴーグル)
付属ベースステーション付属コントローラー
VIVE XR Elite179,000円(税込)VIVE XR Elite ヘッドセット専用コントローラー
VIVE Flow59,990円(税込)VIVE Flow
VIVE Focus 3179,000円(税込)VIVE Focus 3 ヘッドセット専用コントローラー
VIVE Cosmosシリーズ
Cosmos Elite HMD
63,810円(税込)Cosmos Elite ヘッドセット
VIVE Cosmosシリーズ
Cosmos Elite
119,100円(税込)Cosmos Elite ヘッドセットVIVEベースステーション1.0VIVEコントローラー1.0
VIVE Cosmosシリーズ
Cosmos
87,200円(税込)Cosmosヘッドセット専用コントローラー
VIVE Proシリーズ
Pro 2 HMD 
103,400円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセット
VIVE Proシリーズ
Pro 2
209,000円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセットVIVEベースステーション2.0VIVEコントローラー2.0(2018)
VIVE Proシリーズ
Pro 2 Lite
170,624円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセットVIVEコントローラー1.0VIVEコントローラー1.0
VIVE Proシリーズ
Pro Eye
209,000円(税込)VIVE Pro 2 ヘッドセットVIVEベースステーション2.0VIVEコントローラー2.0(2018)
VIVE Proシリーズ
Proフルキット
137,000円(税込)VIVE Pro HMDVIVEベースステーション2.0VIVEコントローラー2.0(2018)
2023年5月時点

「Cosmos Elite」の旧型「Cosmos」までも併売しているし、
「Cosmos Elite」買うなら「VIVE Pro」シリーズを買うべきというのは、上述したとおり。
失敗作を売り続けるのは不親切極まりないし、在庫処分価格でもないですからね。

Valve IndexとMeta Quest 2の台頭

初代HTC VIVEが何でこんなにバカ売れしたのかといえば、
HTCとValveとの共同開発のSteamVR端末だったわけ。

それが、2019年11月にValve社より「Valve Index」が登場してしまいした。
Valveといえば、Steam運営の企業。世界最大手ゲームプラットフォームがSteamであり、
PCのVRゲームもSteamが独占状態なわけで、
SteamVRでVR体験するなら、公式デバイスの「Valve Index」を選ぶのも必然。
HTCが「VIVE Cosmos」という迷走デバイスを販売したのも「Valve Index」が登場したからでしょう。

created by Rinker
¥229,000 (2023/06/05 12:41:40時点 Amazon調べ-詳細)

「Valve Index」は、リフレッシュレート144Hz対応しており、
視野角も約130度。映像の滑らかさ、VRへの没入感が高いというのは言うまでもなく、
専用コントローラーの質も素晴らしく、なにより価格が圧倒的に安かったのです。

VR HMD「Valve Index」レビュー。「HTC VIVE Pro 2」と比較したメリット・デメリット。

また、2020年には、VRシェアNo.1のライバルMeta(旧Oculus)から、
スタンドアローンで超高性能な「Meta Quest 2(旧Oculus Quest 2)」までも登場。

Metaは、インサイドアウト方式の「Oculus Rift S」や、
スタンドアローン機の先駆け「Gear VR」「Oculus Go」も作っており、
外部センサー不要でもトラッキング性能は段違い。

スタンドアローンVRへ振り切ったMetaは、
PC用VR「Oculus Rift」の販売も終了し「Meta Quest 2」に一本化したのも凄い。
複雑で高額なVIVEより、わかりやすくて安いMetaを選びたいとも思った。

※参考→Oculus Quest 2、Oculus Go、Gear VR、Oculus Rift Sの比較。歴代Oculus VR HMDの進化と違い。 | 俺の動画。

しかも、Meta Quest 2は、単体起動だけでなく、PC接続もできる高性能デバイス。
USBケーブル一本でPC接続できる「Oculus Link」もよくできた仕組み。
SteamVRでも、Oculus Rift対応ゲームがほぼ完全に動作するのもビビりました。
この辺のソフトウェアの秀逸さも、HTCには真似できないなと。

Oculus Quest 2をPC用VR(Oculus Rift)として使う方法。Oculus Linkでできること。

結局、HTCは、PC用のVRもダメ、スタンドアローンVRもダメで、
MRデバイスの「VIVE XR Elite」も作ったわけですが・・・

結局のところソフトウェアが追いついていないわけで、
「Meta Quest Pro」に敵わないのは言うまでもなく。

シェア率が低い

PCゲームのSteamVRで使うなら、Valve製のValve Indexと思いきや、
Steamのシェアでも、Metaの「Meta Quest 2」は圧倒的。
SteamVRのヘッドセット利用率では、Meta製品のVRが60%以上を占めており、
Meta Quest 2だけでシェア45%以上、正に一人勝ち状態です。
※2023年4月時点

Meta Quest 2は、PCを使わずともゲームプレイできるので、
Steamではなく、Oculusストアでゲームを買う人も多い。
というわけで、VRシェアとなると、もっともっと多いのは間違いない。
さすが世界最大手企業Meta(旧 Facebook)のVRデバイスなのです。

Steam、Oculus Storeではゲーム買うけど・・・
HTCの「VIVEPORT」なんて使わないでしょって話。
HTC VIVEを使うなら、HTCのプラットフォームにも縛られるのです。
そもそも、知ってますVIVEPORT?

Oculus Storeには、クロスバイというシステムが有るのも良い。
Meta Quest用に買ったゲームが、PC用(Rift用)のVRゲームとしてもプレイできる。
どちらか1本買えば、両方できる仕組みです。

VRゲームは、SteamVRか、Oculus Storeで買うか?悩むのですが、
クロスバイ対応のVRゲームは、Steamじゃなくて、Oculusストアで買うことも増えている私。
Oculusから探している自分も居るし・・・シェアを獲るってそういう事なんだなと。

Oculus Quest 2がスゴ過ぎて、真面目にビックリしたから、
Oculusシェアが拡大するのは必然だなと。もちろんデバイススペックも素晴らしいからね。
うっかり2台買いするほどです。

Oculus Quest 2レビュー。PC用VRと比較したメリット、デメリット。

HTC VIVEシリーズまとめ

VRゲームデバイスの先駆者として、何かと話題になるHTC VIVEですが、
今となっては、他社に比べて優れているのはフェイストラッキングだけですね。

しかも、最新の「VIVE Pro 2」ではアイトラッキングは搭載されず
有機EL(OLED)でも無くなってしまうという。
そして、VRゲームには、オーバースペックな5K90Hz対応へ。

私がVIVEに求めていたのは、トラッキングだったのに、
スペック上の解像度だけを上げてしまう・・・
だれがそのモデル求めているんだ?というミスマッチも感じた。

そんな中、敢えてHTC VIVEを選ぶなら、
アイトラッキングのある旧モデル「VIVE Pro Eye」。
「VIVE Pro 2 Eye」・・・早く開発してくれって話です。

有機ELは綺麗だし、アイトラッキングは他に無い
VRChatや、バーチャルキャストのアバターで視線追跡したい人向け。

ただ、VRってコンテンツ有りきの世界。
デバイススペックだけは難しいのは否めない

Steamを運営するValveからも「Valve Index」が出ちゃったわけで、
今からPC用VRデバイスを買うなら、こっちにした方が良い。

created by Rinker
¥229,000 (2023/06/05 12:41:40時点 Amazon調べ-詳細)

「Valve Index」でも「VIVEトラッカー」は使えるし、
SteamVRやるなら、なんだかんだで「Valve Index」が最強なのよ。

VR HMD「Valve Index」購入レビュー。HTC VIVE Proと比較したメリット・デメリット。 

ワイヤレスでVRを楽しむなら「Meta Quest 2」が圧倒的です。
スタンドアローン機とは思えないトラッキング性能であり、
解像度も高くて、画質も良いし、なにより値段が圧倒的に安いから。

Meta Questの強みは、Oculus LinkでPCVRとしても使えること。
PC利用時も外部センサーも不要で、精度の高いトラッキングを実現。
今までのPC VRのデメリット、Oculus Questは消し込みまくり。

PC用VRゲーム環境を整えて気付いた、PC接続型VRゴーグルのデメリット 

他のVR端末は、PCが無いと動作しないVR端末、
PC起動の手間が有るわけです。

【SteamVR対応】PCVRゲーム用おすすめVRゴーグル。Valve Index、HTC VIVE Pro 2、Meta Quest 2、PICO 4の比較。

気軽にVRできるって利点。
日々の日課としてフィットネスVRも欠かせなくなってるし、
毎日のように、Oculus Quest 2も起動している・・・
下手なエクササイズマシーンを買うより安上がり。
Switchでリングフィットしている場合じゃないね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ファミコン世代のゲーマー。暇があればゲームしたい。
PCゲームをやる為にパソコンもいじりだし、
VR、オーディオ、カメラ・・・と日々浪費中です。

コメント

コメントする

目次