SONYのGマスターレンズ「SEL2470GM」を修理した話。修理費用と見積りの流れ。

ソニーGマスターレンズ修理 カメラ

とある昼下がりの休日、遂にやってしまいました。
三脚固定したピークデザインのプロカメラクリップが、
しっかりハマってなかったようで・・・
肩ほどの高さから、カメラが落下。
レンズから地面に落ち・・・血の気が引きました。

いや、カメラ落とすやつとかアホだろって思ってたんだけど・・・
来るときは突然ですね。

その日は子供のイベントがあったのですが、
考えることはレンズの修理費用のことばかり。
スマホでポチポチ調べても、具体的な事も分からず、
不安も増すばかりでしたので、ここにまとめておきます。

スポンサーリンク

破損した時の状況と状態。

最初は、なんとも無かったかと思ったんですが・・・
撮影してみると、なんかグラつくことに気づきました。
レンズ固定するEマウント部分が浮いちゃってます。

IMG_2694

レンズだけだと分かりづらいですが、
実際固定してみると、レンズの重さで接合部が大きく開いちゃって。
中の基盤みたいなのが見えちゃってんの。

IMG_2696

無理やり押し込むも無理。
交換レンズも持って無かったので撮影も不可。
テンションのだだ下がりったらありゃしない。

公式サイトのレンズ修理料金。

公式サイトの修理料金を調べてみると、
SEL2470GMの修理料金目安は、17,050円~22,000円(税込)

※参考→デジタル一眼カメラ α™(アルファ) | 修理料金の目安 | 修理のご相談 | サポート・お問い合わせ | ソニー

ただ、上記の価格は、簡単な修理の場合の料金であり、
落下、破損、水濡れなどの修理料金は対象外とのこと。

他の修理料金を調べてみると・・・
ズーム不良、フォーカス不良、レンズ不良の場合で60,500円(税込)とのこと。

※参考→修理可能製品と修理目安料金の検索 | 総合サポート・お問い合わせ | ソニー

5万円は、ギリ出せる料金ですが・・・
修理料金をインターネットで調べてみると、
カメラのキタムラで10万円かかったとかも見かけたので・・・
この時点で、結構ゲンナリしてました。

マウント部がパカパカになってしまった場合は・・・いくらなんだ?
症状により修理料金は異なるということで、
帰宅早々、ソニーの修理センターに電話しました。

見積もり依頼TEL。

修理サポートセンターですが、
フリーダイヤルで、平日9:00~18:00だけじゃなく、
土日祝でも9:00~17:00まで繋がります。
日曜日だったんで、助かりました。

修理のご相談 | サポート・お問い合わせ | ソニー

対応してくれたスタッフの方は、非常に人間味溢れる丁寧な対応。
こちらを気遣ってくれる、すごく素敵な人でした。
正直に落下した旨伝えると、一般的な修理料金目安も教えてくれました。
ただ、これは公式サイトで見た情報と一緒。
修理代金の相場は、15,000円~20,000円で、
状況によっては、55,000円とのことでした。

具体的な修理料金は、
修理見積もりをしてみないと分からないとのこと。

レンズの集配手数料が2,200円であり、
見積り後、修理をお願いする場合は、
プラス修理費が発生するとのこと。
※対応店舗へ直接持ち込む場合は、集配手数料2,000円は無料となります。

また、一緒にカメラボディの点検も可能で、
ボディの検査も1,650円でやってくれるとのこと。
レンズと同時にお願いすれば、集配手数料は要らないってわけ。

今回は、カメラボディも一緒に落としたので、
ホントは、ボディの点検もしたかったのですが・・・
直近で使う予定が有ったので、今回はレンズだけお願いしました。

ちなみに、カメラ店で修理した場合とどちらが安いのか?
失礼を承知で担当の方に伺いましたが・・・修理のパターンは様々あり、
やはり実物を見てみないと分からないということ。
自社で修理をやっている場合も有るし、
ソニーの方へ修理依頼となる場合も有る。

ソニーの修理センターで行うメリットとしては、
直接ソニーの修理部門スタッフと連絡が取れるということ。
代理店修理の場合、代理店スタッフとやりとりとなる。
あとは、外部委託の場合は、公式の修理料金よりも高くなりがちってこと。
まぁ、精密なレンズ部の修理なら公式の方が安心だよね。

とりあえず、ソニーの修理センターなら、
無料で見積もりしてくれるってことなので、お願いすることにしました。

日本通運が集荷。梱包は不要。

依頼した日から、2日後以降の集荷が可能だったので、
2日後の午前中にお願いしました。
レンズフードは付けた状態で、
梱包せずレンズのまま渡せば良いとのこと。
レンズフィルターも付けたまま送りました。

当日は、日通スタッフが集荷。目の前で梱包してくれました。
発泡スチロール系の梱包材に巻いて、
サランラップみたいなので、動かないように固定するやつ。

IMG_3358 (1)

精密機械専門の配送サービスっぽいですね。
最後にフルネームサインして、あっけなく終了。

IMG_2808

見積もり結果TEL

集荷の3日後の昼頃、見積もり担当者の方からTELがありました。
マウント部分と、フロント部分の2箇所の修理が必要であり、
修理費用が、税込み15,400円
集荷配送手数料が、税込み2,200円
合計17,600円となるという結果でした。
修理期間も約1週間
・・・・思ってたより全然安かったし、対応も早いな。

修理代金は、現金のみの支払いであり、
修理完了時のレンズ受取時に、配送会社に代金引換で支払う流れ。
発送前に電話するか?電話せず最短配送するか?聞かれたけど、
そのまま配送でOKと伝えました。

修理が難航しているというTEL有り。

修理完了予定日が近くなった頃、修理担当者から再度連絡あり、
レンズ修理に難航しているとのことで、プラスで5日間ほどかかるとのこと。

まぁ、急いでおらず、料金も変わらないとのことで、
全然オッケーの旨伝えました。

約2週間後に修理完了で無事到着。

約2週間の修理期間を経て、無事レンズが帰って来ました。
レンズ集荷日から数えると、約3週間ほどの期間でした。

修理代金は、代金引換払いということで、
配達前に日本通運から確認TELも有りました。
配達員の方に、修理代金17,280円を渡して無事受け取る。

IMG_3357

開封。色々と書類が入ってます。

IMG_3360 (1)

レンズは真空パックされ、オマケでクリーニングクロスも付いてました。

IMG_3361 (1)

請求書明細も同梱されており、具体的な内訳も記載されてました。

IMG_3359 (1)

時間がかかったのは、レンズ部の修理が発生したからですね。
レンズ部の修理費用35,500円とありますが・・・
見積確定額値引きでマイナス37,500円・・・
本来なら、53,500円+税の修理費用だったのか!?

恐らくですが、見積り時に16,000円+税でお願いしたので、
超過部分の金額は、値引いてくれたんじゃないかな。

20万超えのレンズであり、パックリ壊れていたんで・・・なんだか恐縮です。
コールセンターの方の対応も、素晴らしかったですし、
ソニーのレンズを長く使っていこうと決めました。Gマスターレンズ最高。

万が一壊れたなら、ソニーで見積り。
とりあえず、修理センターへ電話することをオススメします。

P.S.
海外旅行でカメラを利用することが多い人へ。
海外で高額なカメラを使うのは怖いですが、
海外旅行中に、カメラが壊れた場合は、
クレジットカードの海外旅行保険が適応となっちゃいます。

クレジットカード付帯の携行品損害補償(海外旅行保険)を利用して気づいた注意点。 – とりあえずバンクーバー。

落下だけでなく、水没したり、盗まれたり・・・全て保険対象。
年会費無料のクレジットカードでも、海外旅行保険は付帯してる事も多く、
私も例外なく所持しているので、
海外では、率先してGマスターを使って行こうと思ったわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました