カングー荷台(リアキャリア)の床をフローリングマット化してみた

カングー荷台の床張り キャンプ用品

カングー内装カスタマイズ第3段。

バックドアパネルトノボードと続いて、

リアキャリアの床デザインを変えてみました。


フローリングマットをカットして、

樹脂製パネルで挟み込むだけ。見た目以上に簡単でした。

今回も素人カスタムなので、参考までに。

カングー床素材の難点

カングーの難点は、車内床が起毛っぽい素材で、

汚れが付きやすいこと。

DSC05826

アウトドア目的でカングーを使う我が家は、

重いキャンプ用品も気軽に積み込めない素材。

既にちょっと擦れて毛羽立って来てるし・・・

DSC05835

というわけで、荷台の床張りをする事にしました。

床を張り替えるわけではなく、

床の上にフローリングマットを挟み込んで、フローリングみたいな感じに・・・

っていうわけでやってみます。

フローリングマットをカットする

フローリング風の床施工アイテムは、色々ありますが、

私が選んだのが、クッションフロア。

2019-10-10_13h56_12

 

カングーの荷台幅は、幅1170mm×奥920mmなので、

ゆとりを持って、1200mm×950mmでカット。

IMG_0080

クッションフロアはカッターで簡単にカットできます。

IMG_0081

裁断完了。

IMG_0084

置いてみる・・・だいぶ大きかったようです。

IMG_0107

その場で微調整、ハサミでカットしました。

2019-10-10_13h49_10

 

ちなみに、荷台の前側にはフックは塞いでしまいました。

フック用にマットに穴を開けようか悩んだのですが・・・

前側フックは荷物を乗せると使えなくなるし、使った事も無いので、

マットもそのまま被せてしまいました。

 

穴を開けると見た目もイマイチになりますからね。

凸凹感もなくなり、汚れも溜まらなくなったので、

むしろ塞いで良かったです。

パネルを外してマットを挟み込む

リアキャリアの樹脂製パネルは、

星型の特殊なネジ「トルクスネジ」で固定されているので、

トルクスネジ専用ドライバーが必要です。

IMG_0116

T20番のドライバーがピッタリでした。

IMG_0117

ネジを緩めて、浮いたところにマットを滑り込ます。

DSC05836

内張り剥がしがあると、やりやすい。

バックドアパネルDIYの時に使った内張り剥がし。

IMG_0112

樹脂パネルを持ち上げながら、シートを滑り込ませればOK。

IMG_0118

左右のネジも緩めて、左右均等に滑り込ます。

中央部分の樹脂パネルは出っ張ってますが、横と同じ位置まで入り込みます。

IMG_0120

手前側も同様に、浮かせて滑り込せばOK。

IMG_0124

荷台の床張り完成

適当にカットして、滑り込ませただけですが・・・

思ったよりも良い感じにできました。マットも浮いて無いし。

IMG_0126

見た目もだいぶアウトドアっぽくなったんじゃないかな。

IMG_0130

見た目だけでなく、実用性もだいぶ向上。

滑りも良くなったので、重い物もスライドして積み込める。

DSC07991

クッションシートなら、汚れも拭けば簡単に落ちるので、

キャンプ用品も汚れたまま濡れたまま、気にせずガシガシと突っ込める。

雨の日の撤収も早くなりましたとさ。

最悪、また張り替えれば良いわけだからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました