スノーピーク上級会員攻略。スノーピークポイントを貯めつつ安く買う方法。

スノーピークポイント攻略 キャンプ用品

スノーピーク沼にハマる第一歩がスノーピークの会員制度。

一気にプラチナ会員になったほうが得ってのは知ってるけども、

どうやったら一番損しないのか?

 

スノピポイントを貯めつつ、なるべくお得に買う方法について考えました。

スノピグッズは高いわけで、数パーセントでも差額が凄いんだな。

安く買うだけならオンラインで良い

前提として、スノーピークを安く買いたいわけでは有りません。

スノーピークポイント貯め、会員ランクを上げつつ、

スノーピーク商品も手に入れたいのです。

なんなら商品すら要らんのだけどもってのが、沼の思考。

 

格安に購入するだけなら、

むしろ、スノーピークポイントが貯まらない店舗で買うのが賢い。

 

スノーピーク商品は定価販売が常であり、安売りや値引き販売も稀。

新品で買うなら、店舗独自のポイントを貯まりまくる店。

楽天市場やヤフーショッピング、Amazonで買えば良いわけ。

私なら、楽天市場の買い回りを利用する。素晴らしき楽天経済圏。

 

また、スノーピークは中古品や新古品も格安で販売されくってます。

ヤフオク、メルカリ、ラクマ、Paypayモール・・・

スノーピークは購入先問わず、修理対応もしてくれるわけで、

保証書も不要。中古購入でも何ら問題ないわけさ。

会員ランク判定条件、プラチナを目指す理由

というわけで、会員ランクを上げる方法へ。

 

スノーピークポイントを貯めるには、

来店ポイント商品購入金額ポイントの2パターン有りますが・・・

スノーピークポイント会員「Snow Peak Point Membership」ランクに関係するのは、

商品の購入金額のみ。新品で商品を買いまくるしか無いわけ。

毎年1月1日~同年12月31日までをカードランク判定期間とし、判定期間における累積購入金額に応じて翌年のカードランクが決まります。

ポイントカード会員の注意事項 | スノーピーク(Snow Peak)

 

ゴールド会員までは、年間の購入金額でランクが決まるのですが、

一旦プラチナ会員になってしまえば、

購入金額に関わらずランクダウンしなくなり

スノーピークポイントの有効期限も無くなるという、沼システム。

スノーピーク会員ランクの違い。プラチナ会員になって気づいたデメリット。

よって、皆さん一気にプラチナ会員を目指すわーけ。

会員ランク 購入金額(税込) 会員ランクダウン ポイント付与率 ポイント有効期限
レギュラー 0円〜 有り 2% 最終購入日より365日目
シルバー 10万円以上
(年間購入金額)
有り 3% 最終購入日より365日目
ゴールド 20万円以上
(年間購入金額)
有り 5% 最終購入日より365日目
プラチナ 30万円以上
(年間購入金額)
無し 6% 無し
ブラック 100万円以上
(累積購入金額)
無し 7% 無し
サファイア 300万円以上
(累積購入金額)
無し 8% 無し

ブラック会員以上は、今までの累積購入金額でランクが決まりますが、

スノピだけで100万円以上購入するって変態。なかなか現実的でも無い。

商品購入でスノピポイントを貯める注意点

ポイント付与対象の店舗

ただ、スノーピーク商品を購入すればよいわけではなく、

スノーピークのポイントサービス実施店舗で購入する必要が有ります。

 

他の店舗は駄目なんで、基本的に実店舗のみでしかスノピポイントも貯まらず。

オンラインショップでは、スノーピーク公式ストアのみ対象となってます。

※参考→ポイントサービス実施店舗一覧 | スノーピーク(Snow Peak)

POINTの文字が無い店舗で購入しても意味は内。

もちろん、アマゾンや楽天市場も駄目です。

ポイント付与対象外の商品

スノーピーク店舗で購入しても、

割安な商品は、ポイント付与対象外となります。

 

雪峰祭での「アウトレット品」「セール品」は、

スノーピークポイント付与・累積購入額が対象外

同じく店舗での「セール品」も付与対象外となってました。

※雪峰祭限定商品は、ポイント付与対象。

 

年明けに発売される「野遊びセット」は、

スノーピークポイント付与はされませんが、

累積購入金額の加算対象との事。ややこしいですね。

 

条件が変わる可能性も有り、例外も有るようなので、責任も終えません。

購入前に店舗で確認することを推奨。公式にもそのように明記されている。

Q.アパレルセールや雪峰祭などで販売されるセール品はポイント付与対象ですか?

A.セール品につきましてはポイント付与対象外でございます。
限定品などの一部の商品につきましてもポイント付与対象外の商品がございますので、ご購入時にご確認くださいませ

アパレルセールや雪峰祭などで販売されるセール品はポイント付与対象ですか? | よくあるご質問 | スノーピーク * Snow Peak

量販店でポイントの2重取りをする

上記の注意点を踏まえ、手軽にお得なのが量販店での購入。

同じ定価販売なら、ショップ独自のポイントが貰える店舗で買った方がお得。

 

ヨドバシカメラとビックカメラには、スノーピーク店舗が入っており、

ポイントの2重取り、3重取りも可能ってわけ。

購入時の割引では無く、還元ポイントで得をするのさ。

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラには、スノーピーク取り扱い店があります。

主に大型店に入っており、売り場も大きく、商品も多いのでオススメ。

 

ヨドバシカメラ スノーピークポイント実施店舗

  • ヨドバシカメラ マルチメディア札幌店
  • ヨドバシカメラマルチメディア仙台店
  • ヨドバシカメラ マルチメディアさいたま新都心駅前店
  • ヨドバシカメラ 新宿西口本店
  • ヨドバシカメラ マルチメディア横浜店
  • ヨドバシカメラマルチメディア 名古屋松坂屋店
  • ヨドバシカメラ マルチメディア京都店
  • ヨドバシカメラ マルチメディア梅田店
  • ヨドバシカメラ マルチメディア博多店

 

現金で支払いで10%ポイント。

クレジットカードで支払いで8%ポイントですが、

ゴールドポイントカードアプリを利用すれば、

クレジットカード決済でも10%ポイント付与となります

クレジットカードのポイントも付与されるので、ポイント3重取りですね。

ビックカメラ

ビックカメラでスノーピークポイント実施店は、全国で1店舗のみ。

「ビックロ ビックカメラ 新宿東口店」のみとなっています。

 

現金払い、電子マネー決済(Suica、WAON、nanaco、楽天Edy等)、

ビックカメラグループのクレジットカードで10%還元

ビックカメラグループ以外のクレジットカードだと8%還元となります。

 

ビックカメラでクレジットカードを使うなら、

ビックカメラSuicaカード。

年1度の利用で年会費無料、そのまま決済でも10%還元ですが、

Suicaチャージで1.5%還元

Suicaチャージしてから、Suica決済すれば合計11.5%還元となる。

 

ただし、Suicaは2万円までしかチャージできないので・・・

スノピ狙いなら、ヨドバシの方が断然良いかなと。

スノピ対応店舗もヨドバシが圧倒的に多い。

スノピ直営店以外のセールで安く買う

スノーピーク直営店でのセール商品は、

ポイント付与や累積金額の対象外なのですが、

販売店が独自行うセールでは、ポイント付与の対象となります。

 

しかも、セール価格で購入しても、

割引前の価格で累積金額・ポイント付与されます

ちょっと意味が分からない、スノーピークポイントの裏技。

有名なのがスポオソとヒマラヤのセールです。

スポーツオーソリティのセール

スポーツオーソリティでは、

スポーツオーソリティカードで決済すると全商品5%OFF

しかも、毎月20日・30日には全商品10%OFFにもなります。

 

また、と秋の年2回に大規模セールが行われ、

その時は全商品15%OFF or 20%OFFになる。

 

ただ、私の住んでいる地域には店舗が無いし、

スポーツオーソリティカードでの決済が必要なので、

他クレジットカードが使えないのもデメリット。

スポーツ店なので、取り扱い商品もちょっと少ない印象です。

ヒマラヤのセール

ヒマラヤのセールは年1回、20%オフセールを実施しています。

スポーツオーソリティよりも頻度は少ないですが、

現金でも20%割引、他社クレジットカードでも20%割引となり、

ヒマラヤメンバーズ会員にも、当日簡単に加入できます。

 

ただ、スポーツオーソリティよりも店舗も断然少なく、

東京都には店舗無し神奈川県は戸塚店1店舗のみ。

場所とタイミングが合えば・・・ですね。

WILD-1のセール

WILD-1でも、春と秋の年2回、

ギフト券還元セールを行っています。

税抜5,000円毎に500円分のギフト券還元。

毎年変わってるので、今年はなんともだけど。

 

税抜5,000円に付きギフト券1枚なので、

5,000円の倍数から遠くなるほどに、あんまり得しなくなる。

実際の還元率は5%~9%の間といったところ。

このギフト券には有効期限も有るので・・・

スポーツオーソリティや、ヒマラヤに比べると微妙ですね。

株主優待券を使う

スノーピーク株主優待券15%OFF

IMG_4668

スノーピーク株主優待券の注意点

  • スノーピーク直営店でのみ利用可能
  • 値引き商品(セール品、野遊びセット等)には利用不可
  • 1枚に付き税抜30万円まで利用可能 ※同時に複数枚利用可能
  • 有効期限は1年間

 

割引といえば、定番なのが株主優待券。

スノーピーク株主優待券では15%オフで購入できます。

1枚で30万円+税まで行けるので、プラチナ会員も1枚でクリア。

※会員ランクは、割引前の税込価格で算出されます。

 

直営店のみであり、株主優待券はセール商品にも利用不可能。

直営店限定なので、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、

スポオソ、ヒマラヤ等の店舗では使えません。

 

直営店舗は、スノーピーク店舗一覧から「直営」にて絞り込み可能です。

※参考→全店舗一覧 | スノーピーク(Snow Peak)

100株以上を1年以上継続して保有と、優待券取得難易度は高いのですが、

オークションサイトで売られているので、買うのが手っ取り早い。

ゼビオホールディングスの株主優待券

「SUPER SPORTS XEBIO(スーパースポーツゼビオ)」や、

「L-Breath(エルブレス)」「Victria(ヴィクトリア)」で使える株主優待券。

 

100株以上保有で株主優待券が5枚、

20%OFFが1枚、10%OFFが4枚も貰えます。

上限金額は、1枚につき税抜30万円まで。

スノピの株主優待券と一緒です。

 

スノーピークポイント店舗も、

ゼビオ、エルブレス、ヴィクトリアと選択肢は豊富だし、

20%OFFは、スノーピーク最大級の割引。

雪峰祭のアウトレットだって20%オフくらいですからね。

オークション販売価格は、スノピ株主優待券よりも安いし、

スノピの株主優待券よりも・・・良いのではないか。

カンセキの株主優待券

カンセキは、WILD–1(ワイルド・ワン)を運営する会社。

100株以上保有で15%オフの株主優待券が2枚貰えます。

 

オフ率はゼビオに比べ弱く、やはりWILD-1の店舗数が少ないので・・・

その分、株主優待券は一番安く転売されてますけど。

スノピポイントを最大限獲得する方法

一気にプラチナ会員となるのが手間が無いのですが、

10万円ずつ購入した方が、スノーピークポイントは貯まります。

 

レギュラーカード会員のポイント付与率は2%。

一気に30万円分購入すると、

全てレギュラー会員の付与率となってしまいます。

  • 30万円×2%=6,000ポイント

 

一方、10万円ずつ会計を分けた場合は、

その都度ランクも上がるので、ポイント付与率も会計ごとに上がるわけで、

合計10,000ポイントと貰えるポイントも大幅に増えます。

  • レギュラー会員:10万円×2%=2,000ポイント
  • シルバー会員:10万円×3%=3,000ポイント
  • ゴールド会員:10万円×5%=5,000ポイント

 

合計で4,000ポイントの差。

スノーピークポイントも欲しいなら、やる価値はあります。

 

ただ、株主優待券を利用する場合は、会計を分けるわけにもいかないのわけで、

私はスノーピークポイントは諦めました。

株主優待券を選んだ理由

セール商品だとタイミングが限られれるし、

店舗も混み合うわけで、欲しい商品も無い可能性が高い。

なにより、わざわざ遠くまで行くのも面倒だなと。

大量に買うわけで、車で行ける場所ってのも有りましたから。

 

実際、私が欲しかった商品は在庫の少ないアイボリーモデル。

直営店舗だけあって商品在庫も豊富であり、事前に電話で取り寄せも可能でした。

IMG_4670

税込30万円オーバー買いましたが、

とりあえず、株主優待券15%OFFで約4万円ほど割引。

IMG_4794

合計26万円ほどですが、割引前の価格でランク反映してくれるので、

これで一発プラチナ会員です。

 

ららぽーと内のスノーピーク直営店で購入したので、

三井ショッピングパークポイントも1%貯まり、

クレジットカード決済で、クレジットカードポイントも2%貯まりました。

ららぽーと1%還元、クレジットカード2%還元。

合計15%割引+3%還元、約18%ほど得した感じ。

 

直営店のせいか?ランクも反映も早かっと。

購入後から即プラチナ会員です。

IMG_4861 (1)

会員カードは、約1週間後に自宅へ到着です。チタン素材です。

IMG_4783

会員ランクを得るために新品を売る

会員ランクが欲しいだけなら、新品のまま売ってしまう事も考えました。

オークションで、スノーピーク新品で検索してみると・・・

定価よりも安い商品が、スンゲー出てきます。

落札相場を調べると、新品価格の10%~15%オフくらいで売れている。

 

ヒマラヤやスポオソセールでも、

「野遊びセット」が15%~20%割引で購入できるわけで、

だから定価よりも安く転売できるわけなのね。

 

販売手数料を考えると儲かるとは言えませんけども、

まぁ、会員ランクが得るのが目的なら悪くはない方法かと。

生粋のスノーピーカーには怒られそうですけど。

スノーピークが宗教的なシステムを作るから仕方ない。

 

逆を言えば、会員ランクが要らないなら、

新古品や中古品を狙えば安く済みます。

新品のがアウトレット品よりも安く買える事実。

割引アイテムを購入してもスノーピークポイントは貯まらないわけで、

スノーピークポイント交換の限定アイテムだって、

オークションで格安に販売されまくってますので。

 

正直、スノピポイントを貯める意味も無い。

となると、プラチナ会員も要らないわけ。

レギューラー会員で十分なんだよね。

スノーピーク会員ランクの違い。プラチナ会員になって気づいたデメリット。 

ちなみに、株主優待券には、転売禁止と記載されていますので、

推奨できる方法では有りません。自己責任にて判断をお願いします。

まぁ、私は今までトラブったことは無いですけども。参考までに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました