山梨県富士吉田市キャンプ場「PICA富士吉田」レビュー

PICA富士吉田でオートキャンプ キャンプ場

オートキャンプ場で間違い無いのがPICA。

今回は、富士吉田のPICAへ。

 

3月中旬ということで、甘くみていましたが、

氷点下での積雪と、なかなか難易度の高いキャンプとなりました。

 

まぁ、今回利用したのは電源付きテントサイトであり、

PICAの設備は充実なので、なんとかなりましたけども。

レビューしておきます。

宿泊料金とチェックイン&アウト時刻

「PICA富士吉田」は、テントサイト以外にも、

コテージ、キャビン、マッシュルームパオと、

様々な宿泊施設があり、オンオフシーズンで料金が変動します。

 

PICA施設は基本的に、料金システムは一緒。

料金区分はA、B、C、D、E、F、Gの7段階制で、

Gが一番高く、週末や繁忙期は2~3倍の料金となります。

※参考→宿泊料金|PICA富士吉田

 

PICA富士吉田の宿泊施設

  • テントサイト電源無し
  • テントサイト電源付き・A
  • テントサイト電源付き・B
  • トレーラーキャビン
  • ドッグガーデンキャビン
  • マッシュルームパオTAKIBI
  • マッシュルームパオグランデ
  • コテージ・ハンモック
  • コテージ・グリーン
  • コテージ・テラス
  • コテージ・キッチンデッキ薪ストーブ
  • コテージ・キッチンデッキ薪ストーブplus
  • コテージ・フォレストキッチン
  • コテージ・グランデ
  • コテージ・ダイニング
  • コテージ・キャンピンググランデ
  • コテージ・ビッグテラス

 

キャンセル料は、8日前まで無料

7日前~4日前で20%、3日前~前日で50%

当日キャンセルは100%となっています。

キャンセル料は、後日銀行振込にて支払い。

 

チェックインは、14:00~19:00ですが、

テントサイトは、13:00~チェックインできます。

19:00以降も、連絡すれば21:00までチェックイン可能。

 

チェックアウトは、7:00~11:00ですが、

オートキャンプサイトは、~12:00まで利用可能。

空きがあれば、追加料金払ってレイトチェックアウトも可能です。

 

PICAリゾート共通で、週末の連泊割引があり、

ハッピーフライデー、アフターホリデー対象日は、

テントサイトが1泊の料金で2泊利用可能となります。

※コテージ、キャビン等は半額

 

オススメなのはハッピーフライデー、

金曜日は21時までチェックイン可能だし、

金曜宿泊せず、土曜日の朝7時から利用してもOKです。

※参考→割引プラン|PICA富士吉田

 

今回、我が家は限定プランの「TAKIBI Resort PICA 吉田焚火プラン」で、

「テントサイト電源付きB」を利用。

焚き木2束セット(針葉樹1束、広葉樹1束、着火材付)のC料金で6,000円

ハッピーフライデーで2泊目が無料

PICAグリーン会員割引で5%OFF→合計5,700円

プラン特典でオリジナルシェアカップも貰えました。

IMG_6247

今回は、限定プランだったので、スノーピーク会員の割引は使えませんでしたけど、

まぁ、それでも電源サイト2泊で薪付き5,700円は安いですね。

 

通常宿泊なら、スノーピーク会員でPICAは5%OFF

PICA会員割引とも併用できるので、何気にデカいので、

とりあえずスノピ会員登録はオススメ。登録も維持も無料です。

スノーピーク会員ランクの違い。プラチナ会員になって気づいたデメリット。

アクセス

PICA富士吉田は、山梨県富士吉田市に有り、

都心から行く場合は、富士五湖道路を富士吉田ICで降りてすぐの場所。

富士急ハイランドも凄い近い。

IMG_6167

PICAの案内は出ていないけども・・・

昭和大学通りに入って、ナビの案内に従って山道を登って行く。

IMG_6170

富士ミネラルウォーター工場を過ぎると、

IMG_6175

PICAのコテージが見えてきました。

IMG_6177

左手に、PICA富士吉田の入り口です。

IMG_6180

受付

フロントは入り口入ってすぐの建物。ゲストハウスで受付。

IMG_6185

目の前に駐車場も有ります。

IMG_6217

IMG_6219

IMG_6184

ゲストハウス入り口。

IMG_6192

入るとすぐに受付カウンター。売店も併設されています。

IMG_6195

エリア

PICA富士吉田の場内は広く、

テントサイトは左側エリアとなっています。

電源付きテントサイト利用なので、Bエリア。我が家は「B7」でした。

IMG_6453

コテージエリア

ゲストハウスの奥、最初に出てくるのがコテージエリア。

IMG_6182

ぐるりと左回りの一方通行となっています。

IMG_6300

IMG_6299

テントサイトエリア

コテージエリアの左奥にテントエリア「B」「F」。

「B」が電源付きサイト、「F」が電源なしサイト。

IMG_6307

テントサイトは泥道なんで、ちょっと道が分かりづらい。

IMG_6306

IMG_6400

晴れていると、こんな感じ。木々に囲まれた森の中。

区画サイズも約120平米と広め。土サイトです。

IMG_6222

電源容量は、1サイト15A=1500W。容量多めで有り難い。

IMG_6256

PICA富士吉田の設備

水場、炊事場

テントサイト入り口付近に、炊事棟。

お湯も出ます。

IMG_6274

夏場は洗濯機やコインランドリーも使えるみたい。

IMG_6328

トイレ

炊事棟の横にトイレ。

IMG_6304

トイレ凄い綺麗です。

IMG_6272

温かい便座だけでなく、ウォシュレット付き。しかも新しい。

IMG_6268 (1)

ゲストハウスにもトイレは有ります。

IMG_6214

お風呂場

ゲストハウスには、お風呂場も有る。

IMG_6298

お風呂場入り口。土足禁止。

IMG_6398

脱衣所。

IMG_6396

洗面所、ドライヤー完備。

IMG_6395

お風呂場は、大浴場までは行かないけども、

頑張れば6人くらい入れるお風呂。シャワーも5個くらい有ったかと。

シャンプータオルの持込は必須。

お湯の出は良く、寒かったんでスンゲー気持ちよかったです。

ゴミ捨て場

ゲストハウスの前にゴミ捨て場。

IMG_6301

炭は、炊事場の横で捨てられます。

クラフトコーナー

ゲストハウスの中には、クラフトコーナーが有りました。

子供向けの工作施設。

IMG_6205

紙に色を塗って組み立てるだけですけども。意外とハマってました。

IMG_6202

 

他にも、子供向け施設として「ツリーハウス」もあったんですけども・・・

今回は大雪で断念しました。

販売されているもの

フロント横の売店には、バーベキュー用品も多く有りました。

IMG_6197

薪は3種類。

IMG_6208

燃えやすい薪は1束600円、ナラとサクラは1080円。

IMG_6194

定番のマシュマロ。海外のマシュマロは甘すぎるんで苦手。

IMG_6198

ペットボトルやアルコール類もおいて有りました。値段もそこまで高くない。

IMG_6200

名産の甲州ワイン。

IMG_6199

自販機のペットボトルも160円、缶ジュースも130円と、微妙に高いくらい。

IMG_6275

売店の品揃えは豊富で、レンタル用品も一通り揃ってますが、

やはり割高感は有るので、必要なら買い出しに行った方が良いかと。

 

標高は高いといえど、スーパーも近く車で5分程度。

そこまで山の中って感じでも無いので、

買い忘れしても全然苦痛じゃない距離。

PICA富士吉田の感想

PICAは値段の割に、設備も充実しているので、

キャンプ初心者や子連れにも安心かなと。

富士吉田なので、都内や関東圏からも2~3時間程度。

富士急ハイランドに行ったことあるなら、迷わず行けるかと。

 

ただ、気軽に行ける距離ですが、標高約1,000mと高いので、気温差には気をつけて。

まさか、3月に大雪に遭遇するとは思いませんでした。

IMG_6373

場内は土、凍結でノーマルタイヤ車も滑りまくってましたので。

IMG_6371

目の前の道路も、ちょっと危ない気がした。

IMG_6370

昨年末12月に富士急行ったときも積雪してたので、

富士周辺は、関東気分で行くと危険ですね。

 

富士山南側に有る「PICAぐりんぱ」も快適なキャンプ場でしたけども、

標高約1200mと同じく寒いんで気をつけて。

我が家(関東)からの距離は、ほぼ変わりませんけども。

静岡県裾野市キャンプ場「PICA富士ぐりんぱ」レビュー 

DSC07960

暑い時期に行くなら、だいぶ避暑できそう。

次は夏にもう一度。その時には、世の中も落ち着くと良いな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました