「芦ノ湖キャンプ村」オートキャンプサイト(電源有)レビュー

芦ノ湖キャンプ村でオートキャンプ キャンプ場

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根に有るキャンプ場「芦ノ湖キャンプ村」。

箱根ということで、関東圏からのアクセスは良く、

箱根の温泉も気軽に楽しめる施設。

今回は、電源付きオートキャンプサイトを利用してきました。

宿泊料金とチェックイン&アウト時刻

郊外のキャンプ場と比べると、お値段は割高な気がした。

以前よりも値上がっている箱根価格。

 

テントサイト最安値は、それなりに安いんだけども、

基本的に週末は最高値になるので・・・やっぱり高い。

オートキャンプサイトは、最安値は4,000円だけど、

週末は2倍以上の価格10,000円

 

しかも、電源付きは+1,500円~3,000円と割高。

オートサイト、テントサイトは、ごみ処理費1人200円も徴収されます。

5人で利用すれば、ゴミ処理料金だけで+1,000円。高いな。

※参考→芦ノ湖キャンプ村 施設利用料

ケビン棟宿泊料金
  • 独立タイプ(6棟) 24,000円~39,000円
  • 連立タイプ(29棟) 19,000円~34,000円
  • バリアフリータイプ(1棟) 11,400円~20,400円
テントサイト宿泊料金
  • オートキャンプサイト(電源有) 5,500円~13,000円
  • オートキャンプサイト(電源無) 4,000円~10,000円
  • テントキャンプサイト 2,000円~4,000円

キャンセル料金は、7日前から発生、

7日前で20%前日で50%当日キャンセルは100%となってます。

チェックアウト時刻10:00と早いのも注意。

1泊だとあんまりゆっくりもできない。

 

ケビン棟独立タイプ・ケビン棟連立タイプ

  • チェックイン:15:00~20:00
  • チェックアウト:10:00

オートサイト(電源無)・テントサイト

  • チェックイン:11:00~20:00
  • チェックアウト:10:00

アクセス

芦ノ湖北側に隣接するキャンプ場。

ロープウェーや海賊船乗り場、桃源台の近くであり、

近くには箱根レイクホテルや、箱根高原ホテルが有ります。

IMG_6717

都内から行く場合は、御殿場経由がラクかと。

御殿場ICから約30分。アクセスも良いです。

IMG_6721

駐車場→受付

キャンプ村に入るとすぐ右側に駐車場。

オートキャンプでの利用なので、一旦ここに駐車してフロントへ。

駐車場に猫が多い。

IMG_6728

坂を下って、反対側にフロント。

IMG_6731

左側の大きな建物。

IMG_6733

立派なゲストハウス。

IMG_6735

中も広い。

IMG_6741

中央にキッズスペース。

IMG_6749

フロントは誰も居ない・・・ので呼び出しブザーを押す。

IMG_6739

受付すると、利用案内とゴミ袋、蛇口ハンドル。

IMG_6771

今回は電源付きオートキャンプサイト25番。

蛇口ハンドルにサイト番号札って面白いシステム。

IMG_6770

ちなみに、イノシシが頻出するので気をつけて。

IMG_6740

花火は手持ち花火なら、駐車場で可能とのことです。

IMG_6758

場内エリア

フロントを中心に、左側がテントサイト、右側がケビン棟となっています。

半分以上がケビン棟なので、テントサイトエリアは控えめ。

IMG_6759

芦ノ湖に近いのはバーベキュー場が有り、続いてテントサイト、

オートキャンプサイトは山側となっているので、

オートキャンプサイトからは、芦ノ湖は見えないんだな。

ケビン棟

IMG_6725

芦ノ湖に一番近いのは、ケビン独立棟「L」。全部で6棟。

IMG_6882

ケビン連結棟。

IMG_6881

林の中に凄い数のコテージです。

IMG_6877

オートキャンプサイト

オートキャンプサイトは、駐車場を抜けた右手。

IMG_6887

一方通行で、ぐるりと一周回れます。

IMG_6767

IMG_6763

オートサイトは全部で25区画ありますが、

電源付きサイトは、右側手前の4区画のみ。

IMG_6765

その他は、全て電源無しサイト。

IMG_6766

オートキャンプサイトには、水場とコンロが付いてます。

IMG_6797

コンロは2段でデカイ。隣にも調理用テーブル。便利。

IMG_6768

テントキャンプサイト

テントキャンプサイト。

IMG_6928

1区画。サイズ約5m×5mと狭い。

IMG_6805

テントサイト、バーベキュー場用の共同炊事場。

IMG_6929

IMG_6930

バーベキューガーデン

芦ノ湖の目の前にバーベキューガーデン。

IMG_6809

IMG_6834

芦ノ湖眼の前なんで、景色は最高。日帰りBBQも人気みたいね。

IMG_6950

撮影スポット。

IMG_6821

IMG_6830

芦ノ湖

キャンプ場は芦ノ湖に隣接しているので、

周辺散策するだけで、まぁまぁ楽しめました。

IMG_6835

芦ノ湖の際まで行けるけども、水遊び、遊泳は禁止です。

IMG_6836

透き通っておりキレイ。

IMG_6837

IMG_6838

ボートに乗った釣り人が多い。

遊漁券も1枚1,500円で販売されおり、釣りも楽しめるんだな。

IMG_6839

林に湖と、歩くだけで気持ち良い。

IMG_6840

桃源台駅も徒歩圏。徒歩5分強。

IMG_6851

久しぶりに見た海賊船。

IMG_6854

設備

ゴミ捨て場、リアカー

IMG_6884

キャンプ村入り口の駐車場脇に、ゴミ捨て場。

IMG_6936

ゴミ捨て場横に、荷物を運ぶ用のリアカー。

オートキャンプサイト以外は、リアカーで荷物を運ぶのですな。

IMG_6935

共同浴場

芦ノ湖キャンプ村には、共同浴場が有りますが、

不定期営業であり、宿泊者も別料金なので気をつけて。

箱根だけども温泉では無く

大人1名500円、子供1名(小学生以下)300円

 

事前に問い合わせしないと、営業しているかどうかも分かりませんが、

基本的に繁忙期にしか営業していないみたい。

私が利用した日も利用不可能であり、

営業している日も、夕方のみの営業となってます。

IMG_6939

  • 営業時間:16:00~20:30 ※最終受付20:00
  • 利用料金:大人1名500円、子供1名(小学生以下)300円、幼児無料
  • 設備:ボディシャンプー、リンスinシャンプー、ドライヤー、コインロッカー

※不定期での営業となりますので、事前にお問い合わせください。

 

近くのホテルでも、日帰り温泉は楽しめますが、

夕方に閉まるところが多いので注意。

箱根高原ホテルも、小田急箱根レイクホテルも日帰り温泉は、

11:00~16:00(15:30 受付終了)の営業。

最寄りで遅くまで営業しているのは、

「姥子温泉 芦ノ湖一の湯」。20時まで営業しています

 

我が家は、一番近い「箱根高原ホテル」を利用しましたけども。

夕食前の早めお風呂です。

IMG_6951

トイレ

バーベキュー場前にトイレ。

IMG_6831

洗面所。ハントソープ付き。

IMG_6799

男性用トイレ。

IMG_6800

個室トイレ。便座が冷たいやつ。

IMG_6801

 

ゲストハウスにもトイレが有り、こちらの方がキレイでした。

IMG_6742

洗面所。

IMG_6941

トイレは温かい便座でウォシュレット付き。

IMG_6940

快適に用を足すなら、ちょっと歩いてゲストハウストイレが良いな。

レンタサイクル

セントラルロッジでは、自転車の貸し出しも有ります。

レンタサイクル料金は、電動自転車で1時間500円。

IMG_6737

ファイヤーリング

バーベキュー場の脇に、キャンプファイヤーの楽しめる場所が有ります。

IMG_6811

1日1組、1時間限定で12,000円・・・高いな。

オフシーズンは利用不可能でした。

IMG_6931

売店で購入できるもの

このキャンプ場は、売店の品揃えがスゴい。

営業時間は8:00~20:00で、なんでも揃ってます。

 

焚き火は禁止だけど、調理用の薪も売っている。

燃えやすい針葉樹薪。炭。

IMG_6760

調味料、カップラーメン、お菓子。

IMG_6751

ドリンク類。アルコールも豊富。

IMG_6752

氷、アイスクリーム。

IMG_6753

カップのホットコーヒー。

IMG_6757

冷凍食品。

IMG_6756

日用品。

IMG_6754

パスタ、缶詰、ポップコーン、水ボトル。

IMG_6755

自動販売機は24時間利用可能。

IMG_6738

ペットボトル160円と、やや高いだけ。

IMG_6744

ビール、チューハイも売ってます。

IMG_6747

コインロッカーも有りました。

IMG_6746

オートキャンプサイトを利用した感想

今回、オートキャンプサイト(電源付き)しましたが、

オートサイトの全てに、水場、コンロが有るのは凄く便利でした。

テーブルやコンロは設置しなくて良いので快適。

翌日は、炭の回収もしてくれるので、炭処理不要ってのもラク。

まぁ、その分、ごみ処理料金が発生してるのだけど。

APS05002

コンロは有るけど網は無いので、焼き網は必要。

焼き網と炭さえあればなんとかなる。

 

ただ、1区画 約7m×8mは、やはり狭く感じました。

IMG_6893

スノーピークのランドロックがイケるという話だったので、

リビングシェルロングも余裕かな・・・と思ったけども、

まぁまぁ、ギリギリでした。

IMG_6897

区画が狭いということは、隣のサイトとも近いので音も気を使う。

隣の家族も子連れで、優しく声を掛けてくれたので気にせず済みましたけども。

 

焚き火禁止というのも、ちょっと残念。

調理目的の火付けはOKなんで、

焚き火している人も見かけた・・・よ。

火メラメラ煙モクモクしなければ問題ないという認識かな。

 

あと、芦ノ湖はキレイで雰囲気が良いんだけども、

子供が楽しめる施設、遊ぶ場所が、あんまり無いかなと。

良くも悪くも整備されているので、大自然キャンプって感じでもない。

値段の割には設備も微妙・・・全体的にちょっと高いのも否めない。

お風呂、ゴミ処理と別料金だからね。

 

どちらかというと、アウトドア雰囲気を楽しめる施設かなと。

コテージ利用の若者グループも多かったです。

 

御殿場経由で来るなら、富士山周辺のキャンプ場も大差ない距離。

ちょっと離れるだけで、安くて快適。PICAも間違いので。

静岡県裾野市キャンプ場「PICA富士ぐりんぱ」レビュー

山梨県富士吉田市キャンプ場「PICA富士吉田」レビュー

 

ちなみに、テントサイトもありますが、

1区画約5m×5mと更に狭いので、家族利用は厳しいと思われる。

別途駐車場料金(1台520円)も発生するので、

だったらオートサイトの方が良いんじゃないかなと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました