静岡県富士宮市ふもとっぱらキャンプ場レビュー

ふもとっぱらキャンプ場 キャンプ場

キャンパーの聖地とも言われる「ふもとっぱら」。

「ゆるキャン」でもお馴染みの、

スンゲー広くて、とにかく見晴らしが最高なキャンプ場。

 

ただ、どちらかというとベテランキャンパー向けであり、

家族連れや、初心者キャンパーは、気をつけた方が良いと感じました。

特に、夏の「ふもとっぱら」は覚悟して。

というわけで、真夏の繁忙期に行って参りました。

基本情報

宿泊施設と宿泊料金

ふもとっぱらは、全面フリーサイトのオートキャンプ場だけでなく、

日帰りのデイキャンプや、

コテージ、山荘の宿泊施設も有ります。

料金は年中一律で、繁忙期料金がありません。

 

現在は、完全予約制となり、ネット予約も必須。

車1台につき1件の予約が必要で、

予約時に車両ナンバー入力も必須。

登録していない車は入場できませんので気をつけて。

 

支払いは現地にて、

現金だけでなく、クレジットカードやPayPayにも対応していました。

キャンセル料

キャンプ場利用の場合は、キャンセル料は発生しません

当日午前8時まで、オンラインでキャンセルが可能です。

 

宿泊施設を利用の場合は、キャンセル料があります。

7日前~前日は50%。

当日キャンセルは100%のキャンセル料が発生します。

チェックイン&チェックアウト

チェックインは、8:30~17:00

チェックアウトは、翌日14:00まで。

 

早くからチェックインできますが、

チェックアウトは遅いので、早く行ったからといって、

良い場所が取れるかといえば、そんなことも無いやつ。

 

数日滞在した感じでは、

昼前くらいにチェックアウトする人が多いので、

10時前後に到着して、様子見するくらいが丁度良いのかなと。

アクセス

キャンプ場が多いエリア。新富士インターチェンジから約40分。

IMG_1266

富士宮道路、国道139号と大通り。

キャンプ場までは狭い道も無いのも嬉しい。

IMG_1270

ふもとっぱらキャンプ場正門。「予約のみ」の看板。

IMG_1284

林の中を抜けて料金所へ。

IMG_1291

受付(料金所)

林を抜けると受付兼、料金所。

IMG_1294

車に乗ったまま料金所で支払いをして、そのままチェックインとなります。

IMG_1296

チェックアウト日が記載されたプレートを受け取り、

車のルームミラーにかけるように言われる。

IMG_1308

カードには、キャンプ場内のルールも記載されています。

IMG_1580

18時以降は車両移動禁止なので、

外出する場合も18時までに帰らないと駄目なんだな。

キャンプ場内の設備

凄い広大な敷地ですが、施設のほとんどがキャンプ場の入り口付近に密集しています。

チェックイン時には、場内マップも貰えます。

IMG_1446

管理棟&売店

料金所抜けると、左手に管理棟&売店。

営業時間8:30~17:00です。

DSC09347

管理棟には、売店が併設されており、

キャンプ定番グッズや、最低限の食材も販売されています。

DSC09349

カップ焼きそば、お菓子類は200円。ブヨハーブ1本1,000円。

IMG_1499

氷1kg300円、ビール350円、あさぎり牛乳180円、

ジュースペットボトル160円、水ボトル100円。

ふもとっぱらオリジナルステッカーは、1枚500円。

IMG_1503

売店の横には自動販売機も有ります。

DSC09350

豚肉やアイスクリーム、

朝霧高原ジビエの鹿肉や鹿ソーセージも売っており、

鹿背ロースで450円/100g、モモ肉で350円/100g、細切れで250円/100g。

IMG_1502

ゴミ袋は1枚100円

燃えるゴミは、専用ゴミ袋じゃないと捨てられません。

IMG_1505

木炭、薪、着火剤も売っています。

DSC09348

針葉樹1束500円。

IMG_1495

広葉樹の詰め放題は、一回500円。

IMG_1494

広葉樹の薪・・・というよりは、端材ですね。

IMG_1493

この時は、輪切りの木材も売ってました。1個300円。

IMG_1492

珍しいので購入。フェザースティックの練習台として活用してみました。

DSC09751

ゴミ捨て場

管理等の隣にゴミ捨て場。

IMG_1622

燃えるゴミは有料(1袋100円)ですが、

それ以外の缶、瓶、ガス缶、灰、ダンボールは、無料捨てられます。

※不燃物(焼き網等)は持ち帰りです。

IMG_1624

分別して捨てられるようになってます。

IMG_1627

ゴミステーションは出口で通る場所に有るので、

チェックアウトついでに処分する感じ。

IMG_1623

車両証を返却するカゴもゴミ捨て場の前に有りました。

IMG_1630

焚き火台の炭や灰も、ここで処分となりますが、

焚き火台のまま持ってくるのは現実的では無いので。

大きめのビニール袋に入れて処理しました。

大浴場(シャワー)

管理棟の目の前に、大浴場と食堂。

DSC09344

食堂は避難場所としても開放されています。

DSC09345

隣には出店エリアという何もない広場とか、

DSC09363

資材置き場も有ります。

DSC09342

金山キッチン

週末や繁忙期には、金山キッチンというレストランも営業します。

食堂の隣に有り、鹿肉料理とか、富士宮焼きそばとかを提供してました。

DSC09337

金山キッチンの前に「逆さ富士」が見える湖。

DSC09359

富士山見えなかったんで・・・逆さ金山キッチン。

DSC09338

山荘&コテージ(宿泊施設)

管理等の隣に宿泊施設の「毛無山荘」。

DSC09355

食堂の裏手に「コテージ柏」が有ります。

IMG_1615

牛舎トイレ

キャンプ用フリーサイトの入り口に、デカイ顔で有名な「牛舎トイレ」。

DSC09674

両脇部分がトイレです。

DSC09333

その奥に屋根のある休憩スペース。

DSC09330

牛舎トイレの売店は10:00~17:00の営業とのことですが、

平日には閉まってました。こちらも土日の営業なのかなと。

草原中央トイレ

フリーサイトの中央に「草原中央トイレ」。

2019年7月にできたばかりの新しい建物です。

DSC09501

大きめの水場(炊事場)とトイレが有ります。

DSC09503

総ひのきの建物で、見た目も美しい。

IMG_1552

建物の目の前には水遊びができる湖。

DSC09214

湖に繋がる小川も有ります。水も凄い冷たい。

DSC00012

フリーサイト

牛舎トイレのあたりから、キャンプ用サイトが広がっています。

DSC09334

ひらすら広大なフリーサイト。

オートサイトなので車のまま乗り入れ可能、もちろんテントも横付けできます。

DSC09227

どこまで進んでも見える富士山。富士山へ向かって若干下り斜面になってるんだね。

DSC09215

人気なのは、中央トイレ付近。

DSC09879

右側奥の方に林スペース。ソロキャンパーが多め。

IMG_1604

一番奥のトレーラートイレと水場。

IMG_1596

奥の方は、だいぶ空いています。

IMG_1594

キャンプ場の奥の方(南側)には、堆肥場が有るので、

奥の方に行くにつれて、匂いも強くなる気がします。

 

まぁ、この辺のキャンプ場は、

どこにいても何かしら芳しい匂いがしますけども。

ふもとっぱらの注意点

遮るモノが何も無い

ほんと大草原なので、木陰がほとんど有りません。

晴れたら常に直射日光。

建物も無いので、タープ建てるまで日除けが一切できない。

真夏に、これはスンゲーキツイです。

DSC09213

タープが必須だし、タープを建てるまでもだいぶ消耗する。

夏の日差しも凄いので、タープだけでは日の熱も遮れません。

遮光性の高いスノピのHDタープでも、だいぶ暑かったから。

日中は、テント内なんて居られないよ。

 

木が全く無いわけでは有りませんが、

ふもとっぱらでは、樹冠の下でのテント設営や駐車はNGです。

DSC09223

奥の方には、林スペースも有りますが・・・

木陰にテント設営は不可能なわけ。

木々がまばらの地帯にはテント設営している人もいましたけども。

IMG_1611

ペグが全然刺さらない

草地なんで地面が柔らかいと思いきや、

柔らかいのは、地面から10cm~20cmくらいまで、

土の下には石や岩が大量に埋まっており、ペグが全然刺さりません

 

山の間にある盆地の為、風も強く吹くし、

ペグはしっかりと打たないと危ない。

ピンペグ、アルミペグ、プラスチックペグでは、

まず刺さらないし、刺さる部分までではスグ抜けてしまいます。

 

私は、頑丈な鋳造ペグ「エリッゼステーク」と「ソリッドステーク」を使ってますが、

ペグが刺さるところを探しつつ、何度も打ち直したし、

鋳造ペグも曲がるほど打ち込んだので、

安物ハンマーだとハンマーが先に壊れます

 

真夏の炎天下でヘロヘロ、いつもの倍くらい設営に時間がかかる。

暑くて地面が硬い、コレホント疲れます。

突き刺して立たせるポールなんて、更に入らないから。間取りにも苦労しました。

DSC09553

 

また、ペグが刺さらないだけでなく、ここの土は水はけも悪いんですよね。

突然の雨で、ネチャネチャしたぬかるんだ土、

朝露や夜露も凄いので、濡れた草でスニーカーもビチョ濡れ泥まみれ。

ブーツとかの防水靴も有った方が良いです。

水場が少ない

キャンプ場には、全部で約20ヶ所ほど水場が有るのですが、

広大なスペースに比べると水場の数は少なく感じました。

お湯なんて、もちろん出ません。

DSC09237

週末は、朝から晩まで水場に誰かしら居る。

中央の炊事場も、人が途切れる事が無い。

IMG_1315

混雑する時間帯は、行列もできる。

IMG_1384

夏の日中は暑くて、汗もかきまくるので、

水ボトルもいくら有っても足りません。

大きめのウォータージャグも有った方が良いです。

ジュースやお茶の飲み過ぎにも気をつけて。

トイレも少ない

水場よりも困るのがトイレが足りない事。

トイレは和式が多く、洋式トイレも少ないです。

一番綺麗なのが、中央のトイレ。

DSC09327

男性用トイレ、自動で流れるタイプ。

IMG_1312

ウォシュレットも完備。

IMG_1310

洗面所も綺麗、ハンドソープも付いている。

IMG_1311

 

次にきれいなのが、フリーサイト入り口付近の牛舎トイレ。

こちらもウォシュレット付きです。

DSC09367

右奥にあるトレーラートイレは、

様式ですが温水便座機能や、ウォシュレットは有りません。

IMG_1598

その他のトイレは基本的に和式で仮設トイレ品質なので・・・

子連れにも私にもキツイです。

管理等の横に有るトイレも和式でした。

IMG_1629

虫(ブヨ)が多い

ふもとっぱらは、湖が有り、水はけの悪い土、生い茂る草原・・・と、

虫が繁殖するには最高の環境なので、人間には不快です。

なんかいっつも虫がまとわりついてました。

 

夏の虫といえば「蚊」を想像するのですが、

ふもとっぱらで気をつけるべきは「ブヨ(ブト)」です。

 

人気のエリアの近くには、水源も有るので、この辺は特にブヨが発生します。

DSC09159

朝方と夕方、日がない時にブヨ。日が出ると蚊。

私は蚊よりも、ブヨに噛まれまくりました。

 

虫除けスプレーしても、気づいたら足から血が出ている。

毒素をそのままにすると腫れて痛痒くもなるので、

ポイズンリムーバーも有った方が良い。

 

林が多い奥の方のエリアでは、アブも多く見かけました。

IMG_1603

この辺は、牧場も多いですから、アブも多いんですね。

IMG_1608

 

虫除け対策としては、虫除けスプレーだけでなく、

香取線香よりも強力な「パワー森林香」。

 

さすがに身に危険を感じたので、

前後2箇所ずつ、合計4ヶ所設置しました。

DSC09560

害のない虫も、夜は光があるだけで寄ってくるので、

なるべく光源を遠目に取るってのも有効かなと。

DSC09766

お風呂に入るのが難しい

夏はとにかく汗だくになるので、風呂に入らないわけにも行かない。

ふもとっぱらには、大浴場も有りますが、

基本的に繁忙期のみの営業であり、現在使えるのもシャワーのみ。

シャワー営業時間は18時〜22時と短く、凄い混んでいる。

早い時間が空いていると言われましたが・・・早い時間から大行列。

DSC09352

 

近隣の温泉施設は多くあるものの、最短で車で15分の距離。

18時までに戻るという門限もあるので、

事前にお風呂時間を決めておかないと、入れないまま眠る事になる。

 

一番近い「風の湯」も凄い混んでました。

17時から割引が効くけど夕方から超混むし、時間もギリギリ。

あんまり綺麗でも無かった。

IMG_0960

次に近い「天母の湯」は、車で約20分の距離。

IMG_1355

1時間券が有るので、短時間利用なら悪くない。

IMG_1362

 

「花の湯」は、約25分の距離。

時之栖のホテルなので、清潔で設備も充実。

IMG_1465

タオルも要らないし、無料のマッサージチェアも有るし、非常に快適でした。

長湯するなら「花の湯」です。

IMG_1470

ふもとっぱら利用者は、入浴割引券も貰えましたので。

IMG_1447

お風呂だけで外出ってのは、ちょっと面倒な距離なので、

買い出しついでに、早めの風呂に入って帰るくらいの感じが良いかな。

周りには観光スポットも多いですから。

その他、気づいた事

道路沿いは、車が通る度に砂ぼこりが舞うので、

テント設営は、道路脇は避けた方が良いです。

DSC09221

 

テントを張る場所は、水が貯まらない平地で、ふかふかしている草の上。

キャンプ場自体も緩やかな斜面になっているので、

傾斜に対して頭が上に来るように。

DSC09228

 

タープ等のリビングスペースは、草が少ない場所の方が良いかなと。

行動する場所は、草ボーボー地帯を避ける。

電池とか、ペグとか、ライトとか、落とすと草の中で見失う。

食べ物も落としてそのままにすると、アリやハエが群がって来るので。

DSC09747

 

設営時のタープの向きにも気をつけて。

富士山向きをオープンで設営してしまったのですが・・・

DSC09901

設置した後に、富士山が東側って気づいたんですよね。

DSC09926

東→西へと太陽は移動するので、

タープは、富士山に対して横になるよう設置した方が良い。

結局、日除けの為に、タオル掛けるハメに。格好悪い。

DSC09581

 

あと、晴れ予報の天気だったのに、天気がスンゲー変わってました。

晴れて暑いなと思っていたら・・・

DSC09264

いきなり曇って、雨が降ってきたり、

風が強くなったり、風向きも変わる変わる。

タープもしっかり張らないと怖いなと。

DSC09515

小川張りにも気をつけて。

DSC09914

ふもとっぱら周辺の施設

ふもとっぱらの近くには、コンビニが多々有ります。

ファミリーマート富士宮朝霧店は、車で4分の距離。

IMG_1449

この辺は、キャンプ場が多いので、キャンプ用品も充実。

氷も多めに置いて有ります。

IMG_1490

セブンイレブン富士宮朝霧高原店は、車で6分。

IMG_0973

目の前にはテーマパーク「朝霧高原もちや」も有ります。

IMG_1121

餅も美味しいですが、

IMG_1189

アスレチックメインの遊園地も有りますので。

IMG_1128

有料ですけども、子供居たら半日くらい帰れません。

IMG_1125

まかいの牧場は、約10分の距離。

DSC09282

乳製品やソーセージ等の食材も売ってますけども、

食べるべきは、牧場のソフトクリーム。

DSC09307

牧場のジェラート。どちらも美味しい。

DSC09712

ミルクランドは約12分、地元の野菜も売ってます。

IMG_1640

スーパーマーケットは、一番近くて「よどばしD’S 万野原店」。

車で約21分・・・と、ちょっと遠い。

IMG_1457

この辺まで来ると「カインズ」や「しまむら」も有る。なんでも揃います。

IMG_1451

ふもとっぱら自体には、あんまり遊ぶところも無いので、

子連れキャンプだと、出かける事は避けられないと思う。

白糸の滝は、約13分の距離。

奇石博物館は、約22分と近く、ここは子供にもオススメ。

宝石探しは、土日限定ですけども。子供よりも大人がハマるやーつ。

 

ちなみに、近隣にはキャンプ場も多く、

薪も売られているお店が多いです。

まかいの牧場の薪。1束400円。

IMG_1379

ミルクランドの薪。1束400円。

IMG_1634

薪の種類も豊富、スウェーデントーチに適した切り込み丸太も売っている。

IMG_1636

セブンイレブンの薪。1束500円。

IMG_0975

ふもとっぱらの薪も格安な部類だと思うので、

わざわざ買って行く程でも無いけども。

ふもとっぱらの感想

日陰も無く、ペグも刺さらず、虫は多い。

真夏のキャンプってしんどい中、尚更キツく感じました。

ホント日差しと、虫は舐めない方が良い。

DSC09982

日焼け止め塗りまくったのに、海でも行ってきたの?

虫除けも塗りまくったのに、クラゲにでも刺されたの?

そんな現状です。

 

富士山も、雲に埋もれてなかなか顔を出さない。

ただ、たまに見える富士山は格別でした。

DSC09496

朝は富士山とともに御来光。

DSC09542

朝は涼しくて気持ちが良い。

DSC09538

夜も富士山が見えるとは、思わなんだ。

DSC09807

夜は星の数が凄かった。夏の夜でも満天の星空。

DSC09866

振り返ってみると、美しい写真と良い思い出ばかり。

さすが、聖地ふもとっぱらです。

DSC09398

でもでも今度は、涼しい季節に行きたいですね。

IMG_1549

 

近くには、朝霧ジャンボリーという素晴らしいキャンプ場も有りますので。

木陰も有り、芝サイトなので・・・夏は、こちらの方が快適かなと。

静岡県富士宮市「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」レビュー

IMG_1025

コメント

タイトルとURLをコピーしました