静岡県富士宮市「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」レビュー

キャンプ場

広大な面積×富士山で有名な「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」。

近くの「ふもとっぱら」も有名ですが、

個人的には、朝霧ジャンボリーの方が好き。

特に夏場は、こっちの方が快適なんじゃないかなと。

レビューします。

基本情報

宿泊施設と宿泊料金

サイトは「フリーサイト」「電源サイト」「プレミアムサイト」の3種類。

全て車の横付け可能なオートサイトとなっています。

 

電源サイトとプレミアムサイト以外は、全てフリーサイト。

フリーサイトは、11ヵ所ものエリアが有り、どこでも自由に利用可能。

フリーサイトは、DAYキャンプでの利用も可能です。

 

1人あたりに発生する入場料は、年中一律ですが、

サイト利用料は繁忙期は高くなります。

※参考→【朝霧ジャンボリーオートキャンプ場】|料金案内

 

今回、我が家は、フリーサイトのトップシーズン料金で、

大人2人、子供3人での利用だったので、

  • 大人(中学生以上)1,000円×2
  • 子供(4歳以上中学生未満)500円×3
  • サイト利用料:3,500円(トップシーズン、ネット割引)

合計で7,000円+税→税込み7,700円でした。

 

電源付きサイトと、プレミアムサイトの予約は、電話予約のみ対応ですが、

フリーサイトのみ、ネットから予約が可能。

ネット予約で200円OFFになるので、ちょっとだけお得です。

 

ちなみに、スノーピーク会員なら薪一束が半額になります。

会員登録は簡単ですし、他のキャンプ場でも割引が効きます。

別にスノピの商品を買う必要は無し、無料のレギュラー会員で良いから。

スノーピーク会員ランクの違い。プラチナ会員になって気づいたデメリット。

キャンセル料

フリーサイト利用の場合、キャンセル料はかかりません

電源付きサイト、プレミアムサイト、レンタル品を予約している場合のみ、

1週間からキャンセル料が全額発生します。

ただし、雨天時、荒天時のキャンセルは、

連絡すればキャンセル料は発生しないとのこと。

非常に良心的なルールとなっています。

チェックイン&チェックアウト

フリーサイトは、季節によりチェックイン・アウト時間も変動します

レギュラーシーズンは8:00 or 8:30から、トップシーズンは10:00からと早く、

チェックアウト時刻も、トップシーズンは12:00まで、

レギュラーシーズンは16:00までと、1泊でもだいぶ長く滞在できます。

 

電源付きサイトは、

チェックイン13:00~17:00、チェックアウト8:00~12:00。

プレミアムサイトは、

チェックイン13:00~17:00、チェックアウト8:00~10:00。

年間通して、変わりません。

アクセス

静岡県富士宮市に朝霧高原の中にキャンプ場は有ります。

新富士インターチェンジから約40分。この辺はキャンプ場が多い。

IMG_0713

国道139号を進んでいくと、

「朝霧ヴィーナスガーデン ゴルフコース」の看板がある道に入る。

IMG_0716

ゴルフ場へ向かって進んで行くと、

IMG_0977

キャンプ場の案内看板が見えます。

オフシーズンは「朝霧ヴィーナスガーデン ゴルフコース」で、

キャンプ場受付となりますが・・・

IMG_0980

今回は、トップシーズンということで、そのまま奥に進みます。

ちょっと進むと分岐点、キャンプ場の案内に従って左側の道へ。

IMG_0986

「朝霧ジャンボリーオートキャンプサイト」の看板が出てきます。

IMG_0726

門を通り過ぎ、場内に入る。

入場門が空いているは8時~22時まで。22時以降は閉まります。

IMG_0728

受付の有る管理棟は、キャンプ場内の奥にあるので、

Kサイトと、電源サイトを通り過ぎ、道なりに進みます。

IMG_0731

道は悪路なので、車がスンゴイ揺れまくります。

IMG_0734

道幅も広く無いので、車とのすれ違いは注意。最徐行にて進みます。

受付

管理棟は、Iサイトの隣に有り、

駐車場も管理棟の目の前に有ります。

IMG_0760

人数と住所など記入して、受付の方に渡して説明を受けたら、受付終了。

入場許可証と、場内マップを貰えました。

IMG_0737

入場許可証は、車の外から見えるところに置いておく。

IMG_0961

サイトMAPとオススメエリア

日本有数の面積を誇るキャンプ場だけあって、

場内は、とてもとても広いです。

通常400サイト張れるほどの面積があるのに、

稼働させるのは1日200サイト分の予約と、

余裕を持って運営されており、贅沢にスペースも使えます。

 

フリーサイトは、G・I・J・K・L・M・N・O・P・Q・広場と、

11ヵ所に区分けされており、

基本的に富士山は、どのサイトからでも見えますが、

特に綺麗に見えるのが、I・M・N・L・広場サイトの5エリアとのこと。

人気なサイトも、上記のエリア。特にI・M・Nが人気です。

IMG_0922

富士山の眺望が綺麗なサイト
  • Iサイト:人気No.1
  • Mサイト:人気No.2
  • Nサイト:開放感No.1
  • Lサイト:一番新しいサイト
  • 広場サイト:木々の無い広場サイト

人気サイトは混みがちなので、

グループで利用するなら、

奥の方のエリアN・O・P・Q・Gとかが良いみたい。

 

管理棟の目の前がIサイト。

IMG_0921

Iサイトには、ちょっとした遊具も有る。

IMG_0926

 

Iサイトに次いで人気のMサイト。

IMG_0769

木々が多くて個人的には一番好き。

IMG_0890

 

開放感の有るNサイト。

IMG_0893

高台のような場所もあり見晴らしが良い。

IMG_0957

 

新しできたLサイト。見晴らし良い、こじんまりとしたサイト。

IMG_0939

広場サイト。遮るものがない広いサイト「ふもとっぱら」っぽい。

IMG_0943

 

こちらは、区画サイトのプレミアムサイト。

IMG_0900

4区画しかなく、約20平米でテント2張り分の広さ。

ウッドリビングスペース屋根付き、

テーブル1台、椅子4脚がセットになっている特別なサイトです。

IMG_0895

値段が高いだけ有って、眺めも一番良い。

IMG_1034

 

エリア間は、基本的に離れているので、

歩いて移動するのは結構しんどい距離。

IMG_0938

林の中を通って行く感じ。

IMG_0952

落木も多く、火遊び用の小枝も簡単に集まります。

IMG_0955

車で移動しないとしんどい距離。

IMG_0956

IMG_0892

 

今回、我が家が利用したのはMサイト。

IMG_0772

地面はちょっと斜めでしたけど、木陰のおかげで快適でした。

IMG_0815

IMG_0855

富士山を拝むなら、プレミアムサイト近くがバッチリでした。

IMG_1039

キャンプ場の設備

水場炊事場

管理棟横の炊事場は広め。

IMG_0746

コインランドリーや洗濯機も1台づつ有ります。

※冬場は凍結で利用不可能の場合も有り。

IMG_0748

水場は、各エリアにあり、いずれも富士山の天然水が飲み放題。

IMG_0766

IMG_0891

トイレ

管理棟横のトイレ。

IMG_0755

男性用トイレ。

IMG_0756

個室トイレ。

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場のトイレは、全て洋式です。

IMG_0759

トイレも各エリアにあります。

IMG_0767

IMG_0935

シャワールーム

管理棟の横にシャワールーム。

IMG_0745

仮設シャワーが2つ。

IMG_0749

シャワーは通年15分300円、24時間利用可能。

IMG_0750

100円硬貨のみ。

IMG_0751

夕方から混み合い、夜はずっと行列が出来てました。

IMG_0910

キャンプ場周辺には、温泉施設も多々有りますが、

一番近い施設で、車で約15分の風の湯。

IMG_0964

こちらは夕方5時から安くなりますけども、それ狙いの客で混むので気をつけて。

ふもとっぱらキャンプ場の利用客も多いので超混んでます。

IMG_0968

約20分の天母の湯の方が良いかなと。格安な1時間券も有りますから。

IMG_1355

販売されている物

管理棟の脇には売店があり、キャンプに必要な物は一通り売ってます。

IMG_0914

薪は一束700円、炭は1kg700円。

オモチャとかも売ってました。

IMG_0918

カップラーメンやお菓子は220円、

ペットボトルは1本160円、ビール350mlで350円。

IMG_0916

外の自販機は売り切れですが、売店では揃ってますので。

IMG_0913

値段は、全体的にキャンプ場価格ですね。

IMG_0740

近くにはコンビニもセブン、ファミマと有るので、

管理棟まで来るなら、外に買いに行った方が良いかも。

炭・灰置き場

管理棟の横に炭と灰捨て場も有ります。

IMG_0743

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場では、

ゴミ捨ては不可能なので、ゴミは全て持ち帰りとなります。

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場の感想

フリーサイトで贅沢にスペースが使えるってのは最高ですね。

木々もたくさん有るので日陰が有る。だいぶ涼しい。

IMG_1086

地面も芝サイトなので快適、

昼も夜も、虫はだいぶ少なく感じた。

IMG_0996

まぁ、これだけ自然があれば虫除けは必須ですけども、

「ふもとっぱら」だと虫にも気をつけないと行けないので・・・

夏に利用するなら、断然こちらが快適です。

IMG_0834

朝霧ジャンボリーは、エリアで雰囲気も全然違うので、

各々の好みに合わせて選べるのも良い。

夜10時まで入場できるという点でも外出しやすい。

チェックアウト手続きも無く、勝手に帰れるのもラクでした。

IMG_1025

 

難点は、ふもとっぱらほど、富士山に破壊力が無いので、

写真映えを求めるなら、ふもとっぱらですね。

静岡県富士宮市ふもとっぱらキャンプ場レビュー

IMG_1549

 

 

近くには、コンビニも有るし、

「もちや」という謎のテーマパークも有る。

子連れなら楽しいと思いますけども「もちや」に行くなら覚悟して。

IMG_1168

翌日は、ヘトヘトになって帰りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました