神奈川県相模原市「PICAさがみ湖」オートキャンプサイトレビュー

PICAさがみ湖オートキャンプサイト キャンプ場

神奈川県相模原市のさがみ湖リゾート内にある「PICAさがみ湖」。

プレジャーフォレストに隣接する、宿泊施設であり、

PICAグループならではの高規格なキャンプ場・・・

ただ、オートキャンプサイトは、ちょっと微妙でした。

基本情報

宿泊施設と宿泊料金

「PICAさがみ湖」には、

コテージ、トレーラー、ログハウス、セットアップテントサイト、

常設テントサイト、オートキャンプサイトが有るのですが、

オートキャンプサイトは、電源無しの区画サイトが18サイトのみ。

PICAさがみ湖の宿泊施設
  • スリーパーエリア
  • トレーラーハウス
  • ログキャビン
  • セットアップテントサイト
  • 常設テントサイト
  • オートキャンプサイト電源無

PICA施設は料金区分はA、B、C、D、E、F、Gの7段階制となっているのですが、

PICAさがみ湖のオートキャンプサイトは、年中一律で8,000円。

閑散期は高いですけども、繁忙期ならお得感あります。

※参考→料金一覧 – PICAさがみ湖

キャンセル料

キャンセル料は、他のPICAと同じ。

8日前まで無料で、7日前~4日前で20%、3日前~前日で50%。

当日キャンセルは100%となっています。

チェックイン&チェックアウト

チェックインは、14:00~17:00ですが、

オートキャンプサイトは、13:00~16:00となっています。

※フロント連絡すれば、最終21時までチェックイン可能。

IMG_2206

チェックアウトは、~10:00ですが、

オートキャンプサイトは、~12:00まで利用可能、

追加料金払ってレイトチェックアウトも可能です。

テント数と区画サイズ

オートキャンプサイト電源無は、18サイトのみ。

区画サイズは、約100平米1区画定員6名まで。

サイト内への駐車が可能で、

車1台テント・タープ各1張となっています。

PICA限定プラン&割引

PICAリゾート共通で、週末の連泊割引があり、

ハッピーフライデー、アフターホリデー対象日は、

テントサイトが1泊の料金で2泊利用可能となります。

※コテージ、キャビン等は半額

 

我が家が毎回利用するのがハッピーフライデー、

金曜日は21時までチェックイン可能であり、

金曜宿泊せず、土曜日の朝から利用することも可能です。

フロント9時から営業なので、土曜9時にはチェックインできるってこと。

※参考→連泊割引 – PICAさがみ湖

 

オートサイトは、PICA割引が効かず、

スノーピーク会員なら5%OFFも併用できるので、

8,000円から400円割引の7,600円となりました。

IMG_2235

PICAを利用するなら、スノピは会員登録した方が良いです。

スノーピーク会員ランクの違い。プラチナ会員になって気づいたデメリット。

アクセス

東京方面から行く場合、

相模湖東ICを降りて、国道20号で約30分の距離。

 

我が家は、小田原厚木道路で行ったので、

相模湖IC出口から、県道510号→県道65号→国道413号で行きました。

近づくとプレジャーフォレストの案内。

IMG_2157

412号沿いの案内に従って右折すると・・・

IMG_2162

すぐ目の前が、PICAリゾートの入り口でした。

IMG_2164

ゲートにて駐車場料金の支払い。普通車は1台1,000円

温泉施設「うるり」利用する場合は、駐車料金が返金されるので、

領収書を発行するのを忘れずに。

IMG_2167

入って左が、遊園地プレジャーフォレストと温泉施設うるり。

右側がキャンプ場となっています。

IMG_2168

PICAリゾート入り口から、PICAキャンプ場までは遠く、

車で約5分くらい走ります。

IMG_2172

しかも結構な山道。

IMG_2173

ようやくPICAさがみ湖の入り口が見えてきました。

IMG_2190

駐車場→受付

PICAさがみ湖の入り口。

IMG_2192

オートキャンプ場は、右側に有るのですが、

最初に、左側のフロントで受付。

IMG_2194

フロント前の駐車場です。

IMG_2198

宿泊受付の案内に従って進む。

IMG_2201

キャンプ場受付。

IMG_2202

宿泊者情報を記入して、フロントへ。

IMG_2203

フロントには、売店も併設されています。

IMG_2204

受付を済ますとゴミ袋とオートサイトマップが貰えます。

マップはフロントガラスに置いておく。

IMG_2232

外出する場合は、駐車場の無料券を貰うのを忘れずに。

コレ無いで外出すると、駐車場料金をまた払わハメになる。

IMG_2310

オートキャンプサイト

オートキャンプサイトは、全部で18区画ですが、

「丸山サイト」「Aサイト」の2ケ所に分かれていました。

IMG_2511

フロントの反対側が、オートサイト方面。

IMG_2244

道路は狭くて見通しも悪いので、対向車に注意。

IMG_2245

うねうねと。

IMG_2248

オートキャンプサイトまでも、なかなか距離がある。

IMG_2418

丸山サイト

左側に最初に出てくるのが「丸山サイト」。

恐らく一番新しいサイトです。

IMG_2254

今回、我が家が利用したのも丸山サイト。

IMG_2256

サイト入口側。

IMG_2262

サイト奥側。

IMG_2263

奥の方には、ベンチも有りました。有るというより置いて有る。

IMG_2264

サイト中央に水場。

IMG_2257

サイトは結構キツキツ。

IMG_2400

区画サイズは、約100平米とのことでしたけど、

我が家が利用した、入り口側(520)は、3分の1が斜面だったので、

他キャンプ場に比べて、スンゲー狭く感じました。

IMG_2420

区画スペース以外のスペースも狭い。

IMG_2404

地面は、草&砂利。

あんまり整備されている感じは有りませんが、

水はけは良く、ペグは挿さりやすかったです。

IMG_2285

Aサイト

丸山サイトの奥、右側にAサイト。

IMG_2434

IMG_2279

丸山サイトに比べると若干狭い。

IMG_2437

水場も丸山サイトの方が綺麗かな。

IMG_2280

B・C・D・E・Gサイト

Aサイトの奥には、B・C・D・E・Gサイトも有りましたが、

現在は利用されていないようでした。

IMG_2289

Bサイトは、Aサイトからスンゲー遠い。

IMG_2291

更に車で5分くらい、山道を走ります。

IMG_2294

大型テントのある、BDサイト。

IMG_2301

木々に囲まれた、Eサイト。

IMG_2302

Cサイト。

IMG_2304

突き当りには、総合グラウンドが有りました。

野球チームが練習してましたけど、我々が使って良いのかは不明。

IMG_2305

PICAさがみ湖の設備

水場炊事場

サイト内の水場。

IMG_2258

シンクは広く、スポンジ、金たわし、洗剤も置いてありました。

ただ、お湯は出ません。

IMG_2259

灰捨て場も隣にあり、サイトから近くて捨てやすい。

IMG_2260

定期的にスタッフの方がシンクは掃除をしに来てたので、

シンクも綺麗、詰まってるなんて事も無かったです。

トイレ

サイトから徒歩1分の場所にトイレ。

IMG_2261

仮設トイレみたいな感じです。

IMG_2271

男性用と女性用が同じ建物で隣同士なので、

気になる人は、一緒に行かないほうが良い。

IMG_2272

外観から想像するよりも、綺麗な気がした。

IMG_2273

夏場利用でしたが、匂いもあんまり無い。

洗面所は、ちょっと歴史を感じましたけども。

 

IMG_2274

トイレ横の小道は、丸山サイトにつながってます。

IMG_2281

ただ、奥の区画サイトを横断するので、手前側のサイトの人は使えないかな。

IMG_2282

 

やはり綺麗なトイレを使いたいなら、フロント前。

とはいえ、そこまで綺麗なわけでは無いけども、

IMG_2223

フロント前のトイレはウォシュレット付きですので。

IMG_2224

お風呂場&シャワー

PICAさがみ湖は、シャワーが無料で使えます。

シャワールームはフロント前。歩いて行くにはちょっと遠い。

IMG_2228

6:00~23:00と利用時間が長いです。

IMG_2229

シャワールーム内には、貴重品用のコインロッカーも有り。

IMG_2416

脱衣所、衣類置き場。

IMG_2415

シャワールームは、カーテン仕切りタイプ。

IMG_2413

シャンプー&リンス、ボディーソープも置いて有り。

IMG_2414

ドライヤーも有ります。

IMG_2417

ゴミ捨て場

フロント前の駐車場の手前に、ゴミ捨て場。

IMG_2199

分別用のゴミ袋も貰えるので、ゴミ捨てはラク。

チェックアウト前に車で立ち寄って捨てていく感じですね。

IMG_2200

ちなみに、チェックアウトは手続きは、特に有りませんでした。

返却するものが無ければ、

時間までにゴミを捨てて帰るだけでした。

IMG_2226

さがみ湖温泉うるり

PICAさがみ湖の領収書で、1人あたり50円引きで利用できます。

タオル持ち込みなら、値段も安くなる。

駐車場料金1,000円も帰ってきますので、

宿泊するなら利用した方が良い。

IMG_2313

施設は綺麗で、温泉も広い。

寝湯とかも有るので、意外と長時間滞在してしまいました。

IMG_2490

車移動の手間はありますけども、

プレジャーフォレストに行くついでに利用したら良いかなと。

プレジャーフォレスト

PICAさがみ湖利用者は、プレジャーフォレストの入園料が無料となり、

フリーパス割引料金で購入できます。

といっても、キャンプついでに遊園地を満喫するつもりは無かったので、

ふらっと立ち寄りましたが・・・意外と楽しめました。

 

入園無料だけで楽しめるのが、

アスレチックアトラクション「ピカソのタマゴ」。

IMG_2340

なかなか本格的で、遊具も多い。

IMG_2356

これだけで小一時間は遊べます。

IMG_2343

帰りはかき氷を食べて、温泉へ。

 

ちなみに、トレジャーフォレスト内の施設は、

PICAさがみ湖とは雲泥の差で綺麗。トイレとかもピカピカ。

IMG_2319

便器もピッカピカでカッコ良い。

IMG_2318

用を足しに、わざわざトレジャーフォレストに来るってのは有りです。

IMG_2317

販売されている物

フロントには、売店が併設されており、

さまざまな商品が売ってました。

IMG_2205

トレジャーフォレストグッズ。

IMG_2209

薪の価格は、広葉樹980円、針葉樹730円。

IMG_2210

キャンプで必要なものは、一通り有る。

IMG_2214

カップヌードルは、1個250円。

IMG_2215

ドリンク類。

IMG_2211

チューハイ300円、ビール380円、ロング缶530円。

IMG_2212

氷やアイスクリームも売ってました。

IMG_2213

GODIVAアイスが一個380円。

IMG_2216

外にも自販機あり。

IMG_2220

ペットボトルは1本210円。

IMG_2221

遊園地というわけで、UFOキャッチャーも有りました。

IMG_2219

PICAさがみ湖の感想

PICAの中でも、評判が分かれるPICAさがみ湖ですが、

PICAさがみ湖で評価が高いのは、コテージとかキャビン。

オートキャンプサイトは全くの別物であり、正直微妙でした。

 

PICAと思って来るとがっかりするハズ。

高規格とは言い難いし、自然に囲まれているけども、区画は狭いから。

IMG_2441

いや、マジでウチの区画だけ、やけに狭かったんですけど。

テントもタープ突っ込んでギリギリ。ペグはみ出たゴメン。

APS05120

オートサイトとフロントも離れているので、車移動も欠かせない。

さがみ湖リゾート内の移動、トレジャーフォレストも温泉も、車移動。

道路も狭く、夜は真っ暗、山の中を飛ばす車も多かったので・・・ね。

 

まぁ、年中一律料金なので、繁忙期に使うなら悪くないけど、

閑散期に敢えて使う必要は無いかなと。

この設備で、1泊8,000円は高い、駐車料金も別途1,000円取られるから。

IMG_2442

強いて言う利点は、山の中、森の中に有るので、枝や薪は広い放題。

わざわざ高いPICAの枝を買う必要無く、焚き火を満喫できました。

IMG_2424

PICAと思わなければ良いけれど、

せっかくPICA行くなら、他のPICAに行きたいね。

行ったこと有るPICAキャンプ場

コメント

タイトルとURLをコピーしました