カングードリンクホルダーを追加で取り付け。後部座席からも利用できるように増設してみた。

カングードリンクホルダー取り付け カングー

カングーで困るのが、ペットボトルや缶ジュースのドリンクの置き場。
置く場所も少ないし、ペットボトルも入らない、
カングーの内装は控えめに言ってダメダメですからね。

ルノー「カングー」に乗り続けて気づいたメリット・デメリット

というわけで、ドリンクホルダーを増設作業へ。
電動ドリルだけで、あっという間でした。

スポンサーリンク

カングーのドリンクホルダー問題

カングードリンクホルダーは、設置箇所が少なく、
フランス車故に、そのドリンク穴の形状も特殊。スンゲー使いづらいです。
コーヒーカップがピッタリ入る寸法。

IMG_5152

円形のペットボトルもギリ入るサイズで若干浮いているし、
四角いペットボトルだと、まず入らない。

IMG_5150

ドリンクホルダーを増やそうと思ったのですが、
ルノー純正ドリンクホルダーも、ただカップ数が増えるだけ、
かといって、ファンの出入り口にドリンクホルダーを付ければ、
車内の空調も悪くなるし邪魔であり、
IKEA(イケア)の小物入れ「BYGEL」「SUNNERSTA」も、ちょっと見た目が・・・

というわけで、車体に穴を開けて、
ドリンクホルダーを増設することにしました。
前後ドアの間に有る柱(Bピラー)の位置に取り付けます。

APS05411

最初は、運転席ドアの内側と、助手席ドアの内側に取り付けることも考えたのですが、
ドアって勢いよく締めると、ドリンクの中身も飛び散るし、
ドアパネルは外すのは難易度が高く、面倒であり元に戻せる自信もない。

IMG_0147

Bピラーのカバーなら簡単に外せるし、
前座席から、後座席から、どちらからも使えるますからね。

IMG_5234

後部座席テーブルのドリンクホルダーも同じ穴サイズなわけで、
ホントこのサイズの穴なら無くて良いんじゃねーのって。

取り付け位置に印を付ける

取り付けるドリンクホルダーは、
日産純正のドリンクホルダーって人をチラホラ見かけましたが・・・
私が選んだのは折り畳みタイプのドリンクホルダー。
観光バスに付いているレトロ調のモノにしました。ヤフオクとかメルカリで売ってるやつ。

IMG_5125

取り付け位置に合わせて、ネジ穴をマーキング。
畳んだ状態でバランス良くなる位置に合わせました。

IMG_5129

適当ですけど、こんな感じです。

IMG_5130

反対側も同じようにマーキング。

IMG_5157

ドリルで穴を開ける

ドリルで下穴を空ける為に、カバーを外します。
Bピラーのカバーは引っ張るだけで簡単に外れてビックリ。

IMG_5132

上側のシートベルトが出てるところから、手前に引っ張るとバコッと取れます。

IMG_5131

ただ、下側部分には、ウィンドウ開け締めの配線が有るので、
全部は外さず、上側だけカバーが外れた状態でネジ穴を開けました。

IMG_5134

電動ドリル登場。

IMG_5136

M4ネジを取り付ける予定なので、3.5mmのドリルでネジの下穴開ける。

IMG_5153

シートベルトに引っかからないようにウィーン。

IMG_5159

下穴が空きました。

IMG_5161

ネジ&ナットで固定する

ドリンクホルダーをネジ固定していきますが、
ドリンクホルダーのネジ穴サイズに合わせて、ネジの用意も必要。

私は、M4×8mmのネジを使って、後ろ側をナットで固定しました。
ホームセンターで10個セットくらいで売ってました。

IMG_5191

表側からネジをグリグリ。

IMG_5163

他のネジもグリグリ。

IMG_5165

後ろ側に飛び出たネジを、ナットでしっかりと固定する。

裏側にはシートベルトが有るので、あまり長いネジは使わない方が良いですね。

IMG_5168

反対側も同様に取り付けぇ~。

IMG_5144

Bピラーを元に戻す

最後に外したカバーを元に戻す作業。
カバーは押してはめ込むだけなのですが、ゴムを挟み込まないように気をつけて。
内張り剥がしが有った方が、作業はしやすい。

IMG_5170

下側からススススっと這わせながら、はめ込んでいく。

IMG_5171

完成。折りたためるのがポイントです。

IMG_5172

カングードリンクホルダー増設まとめ

面倒だなぁーって、
ドリンクホルダー買ったまま後回しにしてましたけども、
やってみれば10分程度の作業で終わりました。
ドアパネルを外すよりも、だいぶ簡単だと思うよ。

デッドスペースを有効活用できるし、
前から後ろから、四角いペットボトルが置けるって最高ですね。
後部座席から、ペットボトル取ってって言われなくもなりました。
ボトルが倒れて溢れることも無くなったし、思った以上に便利ですこれ。

IMG_5180

ただ、車体には穴を空けるわけですし、嫌な人は嫌ですよね。
シートベルトに傷が付くリスクも有りますので判断は自己責任にて。
カングーの収納を増やすカスタムは他にも有るから、
一通りやってみてから判断しても良いかなと。

カングーカスタムDIYまとめ。デカングーをオシャレにカスタマイズしてみた。

まぁ、ドリンク問題が解決するだけで、だいぶ快適になるのは事実です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました