HTC VIVEのセットアップと注意点。ベースステーションの設置方法。

世間ではPlayStation VRが登場で、騒がれているVR。

人がやっているのを見ると、どうしても欲しくなる・・・

というわけで、遂にVRデビューしました。

 

PCユーザーなら、Oculus Riftなんて中途半端。

漢なら、黙ってHTC Viveっしょ。

HTC VIVE、Oculus Rift、PSVRの比較。VR HMDデバイスの違い。

IMG_9813

勢いで買ったは良いが、到着してからてんやわんや。

意外と面倒だったのHTC VIVEの初期設定。

VRやる為の下準備。苦戦しました。

HTC VIVE開封・・・付属品が多過ぎて意味不明。

HTC VIVEが到着して、最初に思ったのが、意外とデカいなこの野郎。

開封で一気にテンション上がる。これが異世界への入り口かぁあああ!!

IMG_9815

テンション上がりまくって、何にも考えなしに取り出した私。

・・・早速わけわからなくなる。

IMG_9823

付属しているデカいマニュアル(A3サイズ)見ても、

英語まみれで、何すれば良いのか分かんないじゃんかよぉー。

 

包まれたビニール袋を一通り破いて、

パーツ毎に接続ケーブルを並べる作業。

配線が分からないと、設置も出来ないよね。

 

HTC VIVEを体験する為のスペース確保。2m×1.5mが最小領域。

最初にVR(HTC VIVE)をする為のスペースを確保する事にした。

VRをやる場所が決まらないと、何もできない。

ルームトラッキングVRは、2m×1.5mが最低限必要なスペース。

このスペースが動ける範囲であり、

コントローラーを振り回す範囲も考えなければいけないという事。

IMG_9874

また、HTC VIVEは微妙に大がかりな作業。

なるべく決まった場所でVRをやれる場所。

VR環境構築したら、動かさないで良い場所を選ぶ必要も有る。

同梱品も非常に多いし、

ベースステーション設置も面倒だから、毎度収納&設置も無理。

 

畳1畳が182cm×91cm。約2畳分が必要って事。

一般家庭で、天井から床まで何も無いスペースを用意するのは大変。

実際ゲームをやってみて思ったんだけど、

適当にスペース取ってると、ぶつかりまくるし、怪我もする。

VRは異空間に入るという事。

方向感覚だけでなく、部屋に居る感覚すらも無くなります。

HTC VIVE購入レビュー。VR体験しまくって気付いたデメリット。

 

動きまわるゲームをやるなら、

最大領域3m×4m3.5m×3.5m)が理想。

最低でも2m×2mは必要だと思う。

2畳程度では、腕を伸ばしておしまい。狭すぎるから。

 

ベースステーションを賃貸住宅に設置する。様々な固定方法。

VRスペースが確保できたら、次はベースステーションの設置。

IMG_9817

ベースステーションがHTC VIVE設定の肝であり、

設置方法にとにかく悩みました。

 

HTC VIVE ベースステーション設置の注意点。

  • ベースステーションは、対角線上に設置。
  • 頭より高い位置。床から2m以上が理想。
  • ベースステーションは120度の視野。角度30~45度で固定。
  • 2つのベースステーション間の最大距離は5m
  • ベースステーションに必要な配線は電源のみ
  • 電源コードは全長3m。ACアダプターが邪魔。

 

ベースステーション付属の固定具は、壁に穴開けてネジ止めするヤツ。

いやいや、我が家は賃貸住宅だから。

 

ディアウォール設置して、ウォールマウント用の取り付け具でネジ止めする。

賃貸住宅でもディアウォールさえあれば、壁に穴があけられるという話。

※参考→賃貸住宅で壁面収納を増やしまくる。ディアウォールでDIYし放題。 | KJ新谷のビジネス幼稚園

 

ディアウォール設置して、柱固定も考えましたが・・・

IMG_9821

付属していた固定ネジが予想以上に長い。

ツーバイ材の長い方でも貫通しそう。

IMG_9822

モチロン固定できれば良いので、

付属のネジを使う必要も無いとは思いますが・・・気分的に辞めました。

 

カメラ用の三脚に固定では高さが低い。ライトスタンド+雲台。

ベースステーションには、カメラマウンタ用のネジ穴が有る。

ということで、カメラ用の三脚に固定してみました。


Manfrotto アクション三脚 COMPACTシリーズ フォト・ムービーキット レッド アルミ 5段 MKCOMPACTACN-RD

 

カメラ三脚なら、自由雲台で角度調節もOKなんだけど・・・

IMG_9832

Manfrottoの5段タイプでも全伸高155cm

IMG_9828

5段も伸ばすと、もの凄い場所もとるし、高さも足りない・・・

無理やり細長くして、ギリ使える感じ。

IMG_9831

高さ170cmくらいでも、問題無く動作&認識してくれました。

 

どうやら3脚よりも、ライトスタンドに設置するのがメジャーなやり方らしい。

ライトスタンドなら高さも十分だし、設置スペースも少なくて済む。


NEEWER プロ ライトスタンド 6.23ft(190cm) アルミ製 【並行輸入品】

 

首振りしないライトスタンドの場合、雲台も必要となるので忘れずに。


HAKUBA 自由雲台 BH-1

 

天井高い位置の棚に置く。ミニ三脚を利用する。

部屋コーナーの高い位置に棚が有れば、そのまま三脚を置くだけでOKになります。

 

・・・とはいえ、部屋コーナーの高い位置に棚が有る事は稀。

仕方ないので、天井近くに棚を造ってみました。

IMG_9971

棚の位置が高い場合、普通の三脚では高過ぎるし、ゴツくて邪魔過ぎる。

ミニ三脚をオススメします。


Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

 

カーテンレールに付属の固定具を取り付ける。

どんな部屋でも天井近くに有るモノといえば、カーテンレール。

カーテンレールに固定さえできれば、良いんじゃないかと。

IMG_9818

コードが束ねられた針金ワイヤーで、固定具を無理やり固定してみる。

IMG_9819

多少グラつくけど、ベースステーションの動作には全く問題無かった。

IMG_9820

カーテンレールが壁に近すぎて、角度調節が微妙だったんだけど・・・

問題無く認識してくれました。

 

突っ張り棒とカメラホルダーが抜群の安定感。

突っ張り棒と、カメラ用のホルダーなら安定感抜群で固定できます。

IMG_9810

床と天井の間を突っ張るので、長めのモノを。

2本セットで安かったです。


平安伸銅工業 強力極太タイプの突っ張り棒 ホワイト 耐荷重65~25kg 取付寸法113~193cm NGP-110

 

突っ張り棒に固定する為のカメラホルダー。

本来はバイクとか、自転車用のはさみ込式のヤツ。


MyArmor 車載 カメラホルダー カメラマウント カメラスタンド オートバイ・バイク・自転車 ハンドルに カメラ/ GoPro/デジカメ/ドライブレコーダー を 固定 自由雲台 三脚 はさみ込式

 

部屋の角に設置したいと思います。

IMG_9825

突っ張り棒って、ホントは横向き用なんだろうけど、縦向きに設置します。

IMG_9826

 

ポール用のクランプ型ホルダーなので、ポール形状の物なら何でもOK。

突っ張り棒を挟み込んで、しっかりと固定できます。

IMG_9833

ホルダー固定できたら、あとはベースステーションをネジ込むだけ。

角度調節も良い感じに設定できます。

IMG_9834

部屋の角なので場所も取らない。

IMG_9902

モチロン突っ張り棒は、横向きにも設置できますので・・・

部屋幅や部屋の形との相談で。

IMG_2535

一見するとスピーカーみたい。サラウンドシステム?って言われます。

 

変幻自在&強力磁石のフレキシブル三脚。ゴリラポッドが最強。

色々と試した挙句、

最終的に行き着いたのは、フレキシブル三脚のゴリラポッド。


JOBY フレキシブルミニ三脚 ゴリラポッドマグネティックN ブラック/レッド 014063

 

3脚部分の形状が変わるので、様々な場所に固定可能。

巻き付けたり、引っかけたり、

先端には強力マグネットも付いているので、磁石がくっつけばOK。

私はカーテンレールにくっつけて使用しています。

IMG_9841

 

ベースステーション2か所の場所をとるのも難しいのに、

常時固定しておくのは、一般家庭では無理が有る。

磁石固定なら、外すのも簡単。片づけるのも簡単になります。

 

VRやらない時は、片方は収納してしまう。

もう一方のベースステーション側、突っ張り棒にくっつけてます。

IMG_9977

現在は「突っ張り棒×カメラホルダー」+「ゴリラポッド×カーテンレール」で落ち着いてます。

 

ベースステーションの配線。電源ケーブルは全長3m&ACアダプター。

ベースステーションは無線で認識してくれるのですが、

電源は有線でケーブル接続する必要が有ります。

電源ケーブルの配線も考えて設置しないといけないという事。

IMG_9835

穴がいっぱいあるけど、使うのは右側の電源ケーブルのみ。

 

電源ケーブルは3mとやや長めですが、高さ2m位置に接続するので・・・

近くにコンセントも無いとキツイです。

 

また、ベースステーションの電源ケーブルはACアダプタなので、

コンセント部分のスペースも占有します。

IMG_9837

HTC VIVEだけでもコンセントが多く必要ですが、PC周りの電源は多く必要なので・・・

複数口の電源タップだけでなく、延長コードも必要になる可能性は高い。


パナソニック(Panasonic) 延長コードX(安全設計扉・パッキン付) 2m WHA4912WP 【純正パッケージ品】

 

私はACアダプタ部分を、スリムな延長コードでカバーして使ってます。

IMG_9985

ちなみに、ベースステーションだけでも、結構電源を消費します。

 

ヘッドセットをPCへ接続する方法。リンクボックスの配線。

ヘッドセットとリンクボックスを接続し、PCへ接続します。

IMG_9843

ヘッドセット側のケーブルとリンクボックスの差し込み口は、

オレンジ色で、分かりやすく色づけされているので簡単。

 

PC側には、HDMIとUSBを接続し、

ACアダプターで、電源を引っ張ります。

 

リンクボックスでPC側に接続するケーブル

  • HDMI:HDMI1.4以上DisplayProt1.2でも可能
  • USB:USB2.0以上
  • 電源:ACアダプター

IMG_9840

下側がVR。上側がPCです。

DisplayPortでも接続できますが、HTC VIVEにはHDMIケーブルしか付属してません。

 

HTC VIVEにはイヤホン付属していますが、

イヤホン端子なので、好みのヘッドフォンも接続可能。

せっかくなので、ハイレゾ対応した時のヘッドフォンを使う事にした。

IMG_9845

Viveコントローラーは配線の必要は無し。

IMG_9853

付属のUSBコードは充電用です。

 

HTC VIVEのセットアップ。ソフトウェアのインストール。

HTC VIVE環境の準備が整ったので、遂にPC起動します。

私はSteamのヘビーユーザーなので、Steamがインストールされている事は前提。

 

Steamを起動すると「VR ヘッドセットを使用しますか?」て表示された!

「STEAM VRをインストール」とあるので、指示に従って早速インストール!!

WS000000

 

無事インストール完了したのに、SteamVRが利用不可能!?

HTC VIVEの初期不良か!?マジなのか!?

WS000001

すっげ焦ったけど。

PC再起動したら、ちゃんと認識してくれました。汗

 

続いてコントローラのペアリング。

「SteamVRメニュー」より、

「デバイス」→「コントローラのペアリング」をクリック。

WS000002

指示に従って、片方づつペアリングしていきます。

IMG_9846

 

最後にルームセットアップ。

「SteamVRメニュー」より、「ルームセットアップを実行」をクリック。

HTC VIVEを体感したいので「ルームスケール」で設定する。

WS000003

指示に従って、障害物を片付け、

トラッキング確立、モニター位置指定、床の位置指定して、

最後の最後に、Viveコントローラーで、歩きながら使える範囲を設定します。

リアルタイムで画面にコントローラー位置が表示される。この時点で面白い。

WS000007

割と広くスペースを取ったつもりでも、

プレイエリアのサイズは2.2m×1.5mというギリギリの結果。

予想以上に場所の確保って難しい。

 

とはいえ、セットアップは無事完了。

WS000008

早速チュートリアルにて、VR体験ができます!

WS000009

チュートリアルの時点で感動します。

映像だけでなく、コントローラーの振動、ヘッドフォンの音と、

異空間に居るような体験始まりました。

 

ちなみに、ヘッドセットも、コントローラーも、

ベースステーションから見える位置に置くと、勝手に認識して。

ベースステーションから見えない位置に置くと、見失います。

WS000004

また、ベースステーションの電源は、勝手に切れてくれないので、

別途、電源の設定するか、

面倒だけど、手動でコンセント抜いた方が良いです。

VR(HTC VIVE)の消費電力。自動で電源オフにする方法。

 

色々と面倒なのがVRのデメリット。

設定も手間だけど、片付けも手間。

VRプレイにはPCにグラフィック性能も必要だし・・・

VR環境(HTC VIVE、Oculus Rift)に必要なPCスペック。

 

実際プレイしてみて、様々な難点も感じております。

HTC VIVE購入レビュー。VR体験しまくって気付いたデメリット。

 

今までとは違う体験って事で、今までのゲームのようには楽しめない。

一番の難点は長時間プレイに体が耐えられない事。

VRはヘッドマウントって事で、

ディスプレイ画面を介して遊ぶゲームとは別モノだね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ