DOD「ソトネノキワミ」レビュー。使って気づいたメリット・デメリット。

キャンプ用品

インナーマット、インフレータブルマット、エアーマット・・・

キャンプのベッド&マット問題は、

SOTONE NO KIWAMI(ソトネノキワミ)で解決しました。

 

それなりにお値段は張りますが、値段以上の価値がある。

DODの商品ってことで、無駄に高くないのも良い。

ただ、難点は無いわけでは無いので、その辺も踏まえてレビュー。

ソトネノキワミのメリット

極厚で寝心地がマジ極み

他のマットは何だったのか?ってくらいの寝心地。

インフレータブルマットとしては最上級の分厚さです。

 

以前も、DODのインフレータブルマットを使ってたんですけど、

並べてみると、ホント全然違う。極厚マットレス。

IMG_0104

 

肉厚で売れまくりの「ソトネノサソイ」でも4.5cm

「ソトネノキワミ」は10cmの肉厚ウレタンと、倍以上も有るのさ。

IMG_9562

肉厚ウレタンなので、エアーベッドのような反発も無い。

適度な沈み込みも有り、寝心地はホント家の布団。

IMG_9558

気づいたら子供も寝ている快適さ。

IMG_9578

死んだように眠る子どもたち、

あんなに夜泣きしていた三女も全然起きません。

IMG_1545

極厚マットなので、地面の凹凸関係無しに設営もできるし、

底冷えも完全にシャットダウンしてくれるので、

雪の中でも全然寒くない。ホットカーペットも要らなくなりました。

 

羽毛布団とソトネノキワミで冬が越せるって凄い。

我が家は、ソトネノキワミと羽毛布団で真冬もオーライです。

寝袋の役割と必要性。家族キャンプは羽毛布団の方が快適な理由。

IMG_9493

自動膨張式で広げるのがラク

自動で膨らむオートマチックエアバルブなんで、

マットを広げるのもスンゴイラク。

開放モードでほったらかしにしとけば、勝手に膨らんでくれる。

初回のみ時間がかかりましたけど、二回目からは、ホントあっという間。

IMG_9536

仕上げは吸気モードにして、

IMG_9537

エアポンプこと、付属の枕で空気も調整できる。

パンパン、柔らかめと好みの硬さへ。

IMG_9548

 

シーツと枕の質も高い

アウトドア系のマットって、表面の質感が微妙な物が多いのですが、

IMG_0107

ソトネノキワミは、コットン素材のシーツも付いているので、

肌触りも最高。マジで布団なの。

IMG_9551

汚れた場合もシーツだけ外して洗えるし、

マットも縫合が無い圧着式なので、水が侵入するのも防いでくれる。

 

ポンプとして使える枕も、オマケ程度の物ではなく、

この枕も「ソトネノマクラ」という素晴らしい商品なんですよね。

IMG_9535

単体でも購入できます。

 

マットと同じく、空気量で枕の高さ調節も可能。

IMG_9547

この枕にも同じ素材のシーツが付いている。

IMG_9549

ヨダレ垂らしても洗えるからね。

IMG_9561

私は、ソトネノキワミのMとLを買いましたが、

いずれも付いているソトネノマクラのサイズは一緒でした。

 

ちなみに、一般的な布団サイズとも大差ないので、

布団用のシーツや敷パットを使うことも可能。

IMG_9608

Lサイズはダブルサイズの敷パットでピッタリ。

ここまでくると、マジでマジで布団。

IMG_9609

Sならシングル、Mならセミダブル、Lならダブルですね。

 

収納ケースも余裕が有る造りなので、

別途シーツとかブランケットとか、一緒に入れられます。

IMG_9350

3サイズから選んで組み合わせ可能

ソトネノキワミは、SMLの3サイズ展開なので、

家族人数やテントサイズに合わせて組み合わせて使えるわけで、

テントにピッタリフィットさせれば、インナーマット代わりにも使えます。

IMG_0841

S M L
価格(税込み) ¥16,240 ¥20,480 ¥23,730
展開サイズ W80×D208×H10cm W115×D208×H10cm W138×D208×H10cm
収納サイズ W91×D23×H23cm W60×D30×H30cm W70×D31×H31cm
重量 4.6kg 6.3kg 7.5kg

 

ソトネノLは138cm幅、ダブルサイズ(140cm幅)に近いサイズなので、

Lサイズ一つで、大人2人+子供1人くらいは寝れます。

IMG_9556

Lサイズ2つだと入らないテントも出てくるので、

ファミリーテントだと、MとLの組み合わせが使いやすいかと。

DSC09664

MとLの組み合わせで、大人2人+子供5人くらいイケます。

DSC09667

 

我が家はスノーピークのテントを愛用しているのですが、

純正マットのサイズ調べれば、適切な組み合わせも見えてくる。

インナーマットサイズ 重量 価格(税込)
エントリーパック TT・ヴォールト用 マットシートセット 210×285cm 1.5kg+0.5kg ¥16,280
アメニティドームS マットシートセット 150×210cm 0.9kg+0.26kg ¥16,280
アメニティドーム マットシートセット 260×260cm 1.7kg+0.6kg ¥18,480
アメニティドームL マットシートセット 295×295cm 1.7kg+0.7kg ¥20,680
エルフィールド マットシートセット 305×230cm 1.3kg+0.5kg ¥21,780
ランドブリーズ6 インナーマット 295×295cm 4.5kg ¥27,280
ドックドーム Pro.6 インナーマット 290×290cm 4.5kg ¥28,380
ランドロック インナーマット 360×230cm 4.5kg ¥29,480
リビングシェル ロング Pro. インナーマット 355×215cm 3.7kg ¥27,500

 

アメドL(295cm×295cm)や、ドックドームPro6(290×290cm)だと、

Lサイズ2つでもいけますけども、

我が家はソトネM(115cm)とソトネL(138cm)。

チョット余裕あるので、コット置いたりとかしてます。

IMG_0876

テントによっては、形状が特殊なので・・・

インナーテントサイズは、しっかりと調べた方が良い。

 

例えば、リビングシェルロングのインナーテントは、

355cm×215cmとなってますが、台形なので短い方は255cm

ソトネM(115cm)とソトネL(138cm)でピッタリでした。

IMG_1569

ソトネは長方形なので、無駄なスペースができますけども。

荷物置いたりするスペースは、極厚クッションは要りませんからね。

ソトネノキワミのデメリット

価格が高い

寝心地はキワミですが、その分お値段が高額です。

我が家は最終的にMとLサイズを購入したわけですが、

Mが20,480円、Lが23,730円なので、合計44,210円

安いテントが購入できる値段となります。

 

ただ、ソトネノキワミが有れば、

テント純正インナーマットが要らなくなるので、

値段は、そこまで高額ってわけでも無い。

スノーピークのインナーマットも高額だからね。

インナーマットサイズ 重量 価格(税込)
エントリーパック TT・ヴォールト用 マットシートセット 210×285cm 1.5kg+0.5kg ¥16,280
アメニティドームS マットシートセット 150×210cm 0.9kg+0.26kg ¥16,280
アメニティドーム マットシートセット 260×260cm 1.7kg+0.6kg ¥18,480
アメニティドームL マットシートセット 295×295cm 1.7kg+0.7kg ¥20,680
エルフィールド マットシートセット 305×230cm 1.3kg+0.5kg ¥21,780
ランドブリーズ6 インナーマット 295×295cm 4.5kg ¥27,280
ドックドーム Pro.6 インナーマット 290×290cm 4.5kg ¥28,380
ランドロック インナーマット 360×230cm 4.5kg ¥29,480
リビングシェル ロング Pro. インナーマット 355×215cm 3.7kg ¥27,500

今となっては、最初からソトネノキワミを買っておけば良かった。

極厚マットがあれば、インナーマットなんて要らないのです。

インナーマットとグランドシートの必要性と代用品。寝袋マットやコットとの違い。

IMG_9390

重くてデカイ

ソトネノキワミは、極厚ウレタン素材なので・・・

とても重くて、とてもデカイです。

Mサイズで6.3kg、Lサイズで7.5kg

肉抜きされているとはいえ、圧縮してこのサイズ。

IMG_9533

単体で見るとよくわかりませんけども・・・

ファミリーサイズのテントと同じくらいのサイズです。

IMG_1241

S M L
価格(税込み) ¥16,240 ¥20,480 ¥23,730
展開サイズ W80×D208×H10cm W115×D208×H10cm W138×D208×H10cm
収納サイズ W91×D23×H23cm W60×D30×H30cm W70×D31×H31cm
重量 4.6kg 6.3kg 7.5kg

 

ただ、我が家の場合、ソトネノキワミのおかげで、

インナーマットとインフレータブルマットを持っていく必要が無くなったので、

荷物の嵩量としては、あんまり変わらず。

むしろ大判で無圧縮のインナーマットが無くなったので、

収納はラクになってる・・・ハズ。

カングーには、ルーフキャリアが必須だと思ってますので。

カングー積載量と収納方法。キャンプ道具を車へ積むコツ。

2020-10-23_06h53_29

畳むのが大変

広げるのはラクなのですが、人力で片付けるのは凄い大変です。

空気の逆流が防いでしっかり圧縮できる・・・

排気モードにしても、しっかりプレスしないと空気は抜けないからね。

IMG_9538

しっかり空気を抜くためには、丸めて潰しながら空気を抜かないとダメ。

力も要るし、とてつもなく時間もかかります。

マットサイズもデカくて重いので、小柄な女性や子供だと無理。

2020-08-21_10h01_25

夏場のテント内なんて暑いので、汗もだくだくになる。

いくら快適に寝れても、撤収しんどいだけで使わないという。

 

ただ、この難点を解決してくれたのが「電動ポンプ」。

電動で吸引できれば、畳むのは非常に簡単となります。

IMG_0106

ソトネノキワミのバルブ口はデカイので、電動ポンプの吸引口を、

ピッタリ押し当てておけば、ドンドン吸引してくれます。

圧縮は積載にも影響してくるから、電動ポンプは絶対に必要です。

 

私はRUNACCという、USB充電可能な物を使ってます。

凄いコンパクトで強力なので、夏レジャーで役立つ。有って損無し。

穴が空くリスクが有る

布団のように見えるけど、あくまで空気で膨らませているわけで、

穴が空いたら完璧の状態では使えなくなります。

 

ウレタンといえど、肉抜きウレタン。

穴が空いたら、空気も漏れてしまう。

そのために、補修用のパッチも付属しているのです。

IMG_9564

ただ、一般的なエアマットやエアベットに比べると、

明らかに外幕の生地も厚いので、そう簡単には穴は空きそうも無い。

我が家は、キャンプだけでなく、

来客時ベットとかにも使ってますが、へたらず快適に使えてます。

エアーマットよりは、耐久性は断然高い気がします。

ソトネノキワミまとめ

収納サイズと寝心地という点で、エアーベッドを選びがちですが、

ソトネノキワミは、従来のエアベッドとは全く別物でした。

 

キャンプで寝るって軽視されがちですが、

キャンプ場で半分くらいは寝ているわけで、

連泊するようになるほどに、その重要性も痛感する。

自然の中で快適に寝れれば、

家で寝るよりも気持ち良いからね。

 

焼くとか煮るとかよりも、寝るが最高。

ソトネの質を考えれば、値段も安いんじゃないかなと感じました。

特大のブランケットと一緒に使えば、色々と幸せになれる。

IMG_9571

ブランケットは、ペンドルトンが間違い無い。

 

冬場は寝袋・・・ではなく羽毛布団。

ファミリーキャンプで、寝袋は要らないから。

寝袋の役割と必要性。家族キャンプは羽毛布団の方が快適な理由。

 

ソトネノキワミの難点は、重量とサイズ。

積載容量さえ余裕が有れば・・・

私は、真っ先に持って行きますけども。

コメント

タイトルとURLをコピーしました