PCゲームの為にベンチマークテストをする。オススメのベンチマークソフトまとめ。

PCゲーム用ベンチマーク測定ソフトまとめ グラフィックボード

PCゲームをやるように気付いた。

GPUこと、グラフィックボードの重要性。

 

どのグラボが一番高性能なのか?

NVIDIA GeForce、ATI Radeonどちらの方が性能が良いのか?

ビデオメモリは大きい方が良いのか?

型番の数字の大きさは関係無いの?

やっぱり使ってみなければ、わからない。

だったら、その都度ベンチマークソフトで計測するのみ。

 

というわけで、定番オススメのベンチマークソフトまとめです。

ベンチマークごときに金は払いたくないので、無料のヤツです。

3DMark

大手PCサイトなんかでも、グラボのスペック比較はコレで計測されてます。

Futuremark社のグラボベンチマークソフト。

2014年8月現在の最新版は「3DMark 11」

3DMark 11 – 窓の杜ライブラリ

3Dmarkベンチマークテスト

無償版のBasic Editionと、有償版Advanced Edition、

商用版Professional Editionがありますが・・・

無料でも、まぁ使えます。

 

有料版のAdvanced EditoinだとフルHDのExtreme(1920×1080)や、

4K UHDのUltra(3840×2160)も計測可能へ。

2019-03-22_06h10_21

私は、4Kベンチマーク検証の為にSteamの有料版を購入しました。

GTX1080とGTX980TIとGTX970とGTX660で、4Kゲームのベンチマークを比較する。

 

ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION ベンチマーク

高スペック向けオンラインゲームといったら、

ファイナルファンタジーオンライン。

最新のFF15のベンチマークソフトです。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION Benchmark | SQUARE ENIX

 

FF14よりも、高スペックを必要となるようで、

4K最高スペックで最高評価をゲットするハードルも高いです。

2019-03-22_08h51_47

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク

FF15が登場したとはいえ、FF14も未だ現役であり、

こちらは、全く別のオンライン専用ゲーム。

というわけで、こちらもベンチマークソフトがあります。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク

 

以前は、新生エオルゼアでしたが・・・

FFベンチマークテスト

現在は紅蓮のリベレーター。

2019-03-22_05h45_36

設定も細かく指定できるし、

高スペックグラボの検証にも使えるんだけど、測定時間が長いのが難点。

一回10分弱(8分~9分)必要です。

モンスターハンターフロンティアG ベンチマークソフト

天下のモンハンのベンチマークソフトです。

カプコンオンラインゲームズ:MHF-G公式メンバーサイト ファンワールド

2019-03-22_09h22_40

 

MHFのベンチマークソフトは、三パターンあります。

第二弾が「絆」、第三弾が「大討伐」。

 

4K解像度3840×2160対応にも対応していますが、

他ゲームに比べると必要スペックは低め。

モンハンベンチマークテスト

簡単に最高評価も獲得できてしまいますので、

使うならミドルスペックのグラフィックボードまでですね。

バイオハザード6 BIOHAZARD ベンチマークソフト

同じくカプコンのバイオハザード

公式サイトで、ベンチマークソフトダウンロードできます。

CAPCOM:BIOHAZARD 6 公式サイト | PC版

 

バイオハザード6も、4k解像度(4096×2160)対応してますが、

FFに比べれば、最高評価の難易度は低いです。

2019-03-22_10h09_45

 

私はSteam版を購入してますが・・・未だやってない。

バイオハザード4は、予想以上に面白かったけどね。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマークソフト

知らない人は居ない、ドラクエ。

ドラクエのベンチマークソフトです。

Windowsでプレイするには? – ドラゴンクエストX 公式プロモーションサイト

 

ドラクエⅩは、高スペックを要求されないので、

割と低スペックグラボでも、最高品質で快適に動作します。

4K解像度(3840×2160)まで対応しています。

ドラクエベンチマークテスト

ノートPCでも、簡単に高スコア。

4K解像度でも、非常に簡単に最高評価出ちゃいます。

高スペックグラボに交換しても、数値は全然伸びない。

2019-03-22_09h41_21

最近のグラボの検証には使えないかなと。

PSO2キャラクタークリエイト体験版(ファンタシースターオンライン2)

ファンタシースターオンライン2では、

キャラクタークリエイト体験版の中で、ベンチマーク計測する事ができます。

ファンタシースターオンライン2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4 | 『ファンタシースターオンライン2』公式サイト

対応解像度はフルHD(1920×1200)まで。

KS002746

PSOも低スペックグラボで問題無いので、

「快適に動作すると思われます」っていう最高の評価も簡単に出る。

こちらも、カジュアルにベンチマーク計測って感じ。

2019-03-22_10h22_48

ドラゴンズ ドグマ オンライン ベンチマークソフト

Dragon’s Dogma Online(ドラゴンズドグマオンライン)のベンチマークソフト。

『ドラゴンズドグマ オンライン』ベンチマークソフト公開|ドラゴンズドグマ オンライン(DDON) 公式メンバーサイト:COG

 

人気だけあって、ベンチマーク映像も非常に面白そう。

対応解像度はフルHD(1920×1200)まで。

KS002747

ドラクエ、PSO同様、高スペックは簡単に出てしまう。

ベンチマークスコアを計測というよりも、

こちらもゲームが動作可能かどうか?判断する為のソフトですね。

2019-03-22_10h27_17

SteamVR Performance Test

遂に時代はVirtual Reality。PCでVRを体験するには、

高スペックパソコン&グラフィックボードが必要です。

VR環境(HTC VIVE、Oculus Rift)に必要なPCスペック。

 

VRは、通常のディスプレイ出力とも表示方法が異なるので、

Steam専用のベンチマークソフトで、パフォーマンステスト。

VR環境に対応できるか、事前に確認しておきましょう。

無料です。

Steam:SteamVR Performance Test

VRベンチマーク

 

よりナチュラルな異空間体験をするために、

常時90fpsをキープする必要が有るんだけど、

GTX970あたりで、最高評価のレディ出ちゃいます。

 

より高スペックなグラボに変えても評価は変わらないので、

VRベンチマークソフトとして、あんまり使えない。

2019-03-22_05h59_45

使用不可、可能、レディの3段階評価のみです。

 

VR Mark

3D MarkのVRバージョンVR Markが登場。

以前は、スコア計測できませんでしたが、

VRスコアも計測できるようになりました。有料です。

Steam:VRMark

2019-03-22_06h53_59

3D Mark同様、VR Markでもスコア表示され、

具体的な評価も細分化表示できます。

2019-03-22_15h20_11

VRベンチマークソフトの中ではダントツです。

ただ、VRってVRゲーム自体の必要スペックも4Kに比べたら低め。

VR端末(VR HMD)の性能も関わってくるわけで・・・

HTC VIVE、VIVE Pro、Oculus Rift、PSVRの比較。VR HMDデバイスの違い。

 

現時点では、あんまり高スペックグラボを使う意味は無いと感じてます。

GTX1080くらい積んでおけば、まぁ問題ないかと。

VRカノジョ

VRで話題をかっさらったゲーム。VRカノジョ。

意外と高スペックを要するゲームであり、

Steamでベンチマークソフトも無料配信しています。

Steam:VR Benchmark Kanojo

2019-03-22_07h44_47

 

こちらのベンチマークソフトは、VRゲーム中に測定するので、

VR機器を接続してSteamVR起動しないと、ベンチマーク計測できません

2019-03-22_07h50_22

パフォーマンスノーマルなら、GTX1080で最高評価でましたけど、

ハイクオリティ設定だと、RTX2080でも一つ星でした。

2019-03-22_07h46_43

なかなか厳しい、VRカノジョです。

グラフィックボードを変えたら、とりあえずベンチマークテスト

パソコンのメモリやCPUよりも、グラボの影響力は絶大。

毎回計測して、何となくわかったこともある。

グラボとPC(CPU、メモリ、マザボ)の関係は、どの程度ゲームへ影響するのか?

重要といわれるCPUで悩むことも無くなりました。

CPUはIntelとAMDどちらが良いのか?ゲームPCでベンチマーク比較&検証してみた。

 

グラフィックボードを変えたら、とりあえずベンチマークテスト。

ベンチマークスコアの数値が正義です。

ゲームをやる頻度が多いなら、最初からハイスペックグラボをオススメします。

 

私も、コロコロ買い替えてきましたが、

買うたびに上位モデルが欲しくなるというグラボ沼。

高スペックのグラボでやれば、所持するゲームも別物に。

画質次第でゲームのイメージは全然変わるし、

最初から良いのを買った方が、結果的に安くつく。

 

高画質でゲームも楽しみたいうなら、RTX2080が最強。

やっぱりベンチマークは嘘つかない。

RTX2080とGTX1080とGTX980TIとGTX970とGTX660で、4Kゲームのベンチマークを比較する。

 

高スペックだけでなく省エネ。

高額な電源も不要だし、月々の電気代も抑えられます。

RTX2080に必要な電源。消費電力をGTX1080、GTX980Ti、GTX970と比較する。

 

グラボメーカーは、様々あれど、選ぶなら安いやつ。

格安な通常モデルでも、ベンチマークはほぼ変わらないから。

グラボメーカーASUS、MSI、ZOTAC、GIGABYTEの違いと選び方。GTX1080でモデル比較して悩んだ結論。

オーバークロックとかしないし、しても大して変わらん。

グラボメーカーが違うと、ベンチマークスコアはどれくらい変わるのか?オーバークロックモデルと比較検証してみた。

 

オーバークロックするくらいならSLIの方が良いんじゃないかと。

SLI構築方法と注意点。GTX1080のグラフィックボードで挑戦してみた。

SLIともなるとベンチマークは、目に見えて向上するから。

GTX1080のSLIで4Kゲームのベンチマーク計測。SLIの消費電力とSLIに必要な電源。

 

あとは、お金との相談。

名作と言われるゲーム。最初から高画質で楽しめたなら。

感動はプライスレスだよねーん。

コメント

  1. ちくわぶ2世 より:

    解像度は数字の後に「度」をつけるのが正式なんですか?
    1920*1080度
    とかが正解なんですか?

タイトルとURLをコピーしました