GTX1080とGTX980TIとGTX970とGTX660で、4Kゲームのベンチマークを比較する。

Pocket
LINEで送る

ビデオカードをGTX1080にしてからというモノ、

何も考えず高画質を選ぶ生活へ。

グラボメーカーASUS、MSI、ZOTAC、GIGABYTEの違いと選び方。GTX1080でモデル比較して悩んだ結論。

最高レベルのグラフィックボードって事で、

どれくらいベンチマークスコアが上がったのか?

過去のグラボと数値の検証したいと思います。

 

検証するPCのスペックは、消費電力を検証した時と同じ。

メインPCのスペック

  • CPU – IntelCore i7-4771
  • マザーボード – ASUS H97-PRO
  • メモリ – CORSAIR VENGEANCE PRONEW 32GB(8GBx4枚)
  • 電源 – Corsair CP-9020053-JP (RM550)
  • SSD – SAMSUNG SSD 840 EVO MZ-7TE1T0B/IT
  • OS – Windows 10
  • グラボ – ZOTAC Geforce GTX 1080 AMP EDITION
  • サウンドカード – 外しました
  • 無線LANカード – ASUS PCE-AC68
  • メモリファン – FTB-3500C5-DR TurbulenceIII MemoryCooler
  • CPUファン – ZALMAN CNPS9900 MAX
  • LED装飾 – LED ILLUMINACION
  • PCケース – IW-CF05B INWIN「805」

GTX1080に必要な電源。消費電力をGTX980Ti、GTX970と比較する。

 

PHILIPSの40インチ4Kディスプレイで、4Kのベンチマークを検証となります。

オススメの4Kディスプレイ比較。40インチの大型液晶を買って気付いた違い。

 

GTX970のベンチマーク計測の時と同様に、

GTX1080、GTX980Ti、GTX970、GTX660とスコアを比較します。

今回検証に使うベンチマークソフトは、3DMarkと、FFと、ドラクエの3本立て。

PCゲームの為にベンチマークテストをする。オススメのベンチマークソフトまとめ。

この為に、3DMarkの有料版もSteamで購入したもんね。

GTX660の4K(3840×2160)ベンチマーク

GTX660で4Kゲームは無謀です・・・が、一応検証しときます。

検証するのは、去年の夏に買ったZOTACのグラボ。

ZOTAC GeForce GTX 660を購入。GTX640とベンチマーク比較してみた。

 

GTX660 × 3DMark Fire Strike Ultra

3DMarkは、英語まみれで良く分からない・・・

って事で、一番上のFire Strike Ultraで検証しました。

KS001848

Is your PC ready for 4K gaming?って事で、

4K用のベンチマークテストだよね?

 

で、やってみるとガクガクブルブルで、

4Kでは、全然見れたもんじゃない。

KS001849

結果も、Score:667と酷い数値でした。

 

GTX660 × FF XIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

今ではすっかり定番、

ファイナルファンタジーのベンチマークソフト。

1920×1080の最高品質(DirectX9)で計測。

KS001851

SCORE:7065で、非常に快適となっております。

4K解像度で計測するの・・・忘れただけ。汗

 

GTX660 × ドラゴンクエストX ベンチマークソフト

軽めのPCゲームと言えばドラゴンクエストⅩ。

いつの間にかベンチマークソフトで、

3840×2160の4K解像度も計測できるようになってました。

KS001852

スコア:6494の快適という評価。

ドラクエくらいなら、4K解像度でGTX660でも余裕なんだね。

 

GTX970の4K(3840×2160)ベンチマーク

続いて検証するのは、去年の秋に買ったZOTACのGTX970。

ZOTAC GeForce GTX 970を購入レビュー。GTX660と4Kベンチマーク比較する。

4Kゲームも可能だけど、快適となると厳しいかな。

 

GTX970 × 3DMark Fire Strike Ultra

GTX660では、全く見れたもんじゃありませんでしたが・・・

GTX970で、若干見れるように・・・でも、まだまだガクガクです。

KS001854

Score:2528と、まだまだ厳しい数字。

 

GTX970 × FF XIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

FFのフルHD(1920×1080)は、もぅ余裕のスコア。

KS001855

SCORE:12997で、非常に快適の評価となりました。

 

FFで4K(3840×2160)も試してみましたが、比較的スムーズでした。

KS001856

SCORE:4447で快適の評価となりました。

FFの4Kスコアは快適って事ですが、GTX970では4Kはまだまだ厳しいかと。

 

GTX970 × ドラゴンクエストX ベンチマークソフト

GTX660の時点で、スムーズに表示されてましたが、

GTX970で、更にスムーズな感じ。

KS001853

スコア:11170、評価もすごく快適。

ドラクエレベルのゲームなら、4Kも快適。

実際、1920×1080と、3840×2160の画質の違いも分かんないけどね。

 

GTX980Tiの4K(3840×2160)ベンチマーク

2015年末に購入した、GTX980Ti。

MSI GTX 980TI GAMING 6G レビュー。取り付け方法と注意点。

4Kゲームのベンチマークスコアは、果たしてどれくらい上昇するのか?

 

GTX980Ti × 3DMark Fire Strike Ultra

GTX980Tiで、見れるレベルになった感じ。

まだまだ、モッサリしている。

KS001870

Score:4397と、GTX970の2倍近く伸びましたが、まだまだ厳しいレベル。

4Kで最高品質のゲームをしたいなら、GTX980Ti一枚では無理だね。

 

GTX980Ti × FF XIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

FFのデモは何度見ても美しい。GTX980Tiで、更に滑らかに。

4K画質でも大分スムーズになってます。

 

1920×1080(Direct9)の最高品質

KS001862

SCORE:16248で非常に快適。

 

1920×1080(Direcx11)の最高品質

KS001864

SCORE:15314で非常に快適。

 

3840×2160(Direct9)の最高品質

KS001858

SCORE:7602で非常に快適。

 

遂に4K解像度でも、非常に快適が出ました。

スコア7000以上で、非常に快適になるんだね。

とはいえ設定次第では処理も重くなるので、4K堪能となると厳しいかな。

 

GTX980Ti × ドラゴンクエストX ベンチマークソフト

ドラクエは、GTX970の時点で、すごく快適でしたが・・・

KS001865

GTX980Tiで、スコア:15248まで上がりました。

スコアの数値は上がったけど、GTX970との違いは分かりません。

 

GTX1080の4K(3840×2160)ベンチマーク

2016年の夏に購入した、最強グラボGTX1080。

ASUS、MSI、GIGABYTEと悩み、最終的にZOTACを選びました。

グラボメーカーASUS、MSI、ZOTAC、GIGABYTEの違いと選び方。GTX1080でモデル比較して悩んだ結論。

半年ズレで、GTX980Tiよりも安い価格で購入したのだが・・・

どれくらいベンチマークは向上したのか?

 

※追記

異なるグラボメーカーでベンチマーク比較、オーバークロックのスコアも検証もしてみました。

グラボメーカーが違うと、ベンチマークスコアはどれくらい変わるのか?オーバークロックモデルと比較検証してみた。

 

GTX1080 × 3DMark Fire Strike Ultra

GTX1080で、ようやくスムーズになってきた。

まだまだ処理が重い感じは否めないけど。

KS002431

Score:5076と、GTX980Tiよりも+700くらい高いスコア。

それでも、まだまだ物足りないスコア。

4Kゲームを堪能したいなら、GTX1080でも一枚じゃ無理なんだね。

SLI構築しないと、4K最高画質は厳しいかと。

GTX1080のSLIで4Kゲームのベンチマーク計測。SLIの消費電力とSLIに必要な電源。

 

GTX1080 × FF XIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

美しいとは言え、いい加減見飽きてきたFFベンチマーク。

GTX1080で、変わったのかと言えば・・・4Kの残像感が減ったかな。

 

1920×1080(Direct9)の最高品質

KS002433

SCORE:16732で非常に快適。

 

3840×2160(Direct9)の最高品質

KS002435

SCORE:9026で非常に快適。

 

フルHDでのスコアは、GTX980Tiと比べて大して伸びませんでしたが、

もぅ十分なスコアになっているのかと。

GTX1080で、4K解像度では9000オーバーのスコアが出ました。

FFは4K最高設定でもイケるんじゃないでしょうか?

 

GTX1080 × ドラゴンクエストX ベンチマークソフト

ドラクエは、もぅベンチテストやる必要無いかと思いましたが・・・

ここまでやったんで、GTX1080でもやっときました。

KS002437

GTX1080で、スコア:16455と更に伸びました!

数値は上がってるけど、やっぱり違いは分かりません。

 

GTX1080のグラボ一枚でも、4Kゲームは十分楽しめる。

私はGTX970でも、若干無理して4Kゲームをしていましたが・・・

やっぱりGTX980TiやGTX1080となると、ヌルヌル感が全然違います。

綺麗な映像が、滑らかに動く、同じゲームなのに・・・感動しました。


ZOTAC Geforce GTX 1080 AMP EDITION グラフィックスボード VD6068 ZTGTX1080-8GD5XAMP01

 

最新のゲームを、4K最高画質で楽しむとなると、

GTX1080一枚では、厳しい感は有りますが、

最新ゲームでなければ、最高画質は余裕だし、

最高画質にこだわらなければ、4K解像度でもヌルッと楽しめてます。

 

下手にSLIするよりも、コスパ良いし、

グラボ一枚なら、消費電力も少ないですから。

GTX1080に必要な電源。消費電力をGTX980Ti、GTX970と比較する。

GTX1080の省エネ加減にもビックリです。

 

省エネ故に、SLIにしても必要な電力も最小限、ベンチマークはケタ違い。

GTX1080のSLIで4Kゲームのベンチマーク計測。SLIの消費電力とSLIに必要な電源。

何も考えず最高画質でゲームが楽しめるようになる。

 

SLI構築は意外と簡単なんだけど・・・デメリットはグラボ二枚分の費用。

SLI構築方法と注意点。GTX1080のグラフィックボードで挑戦してみた。

予算に余裕があるなら、挑戦する価値は有る。

 

4Kやるなら大画面ディスプレイは絶対欲しいところ。

高精細は大画面でこそ威力を発揮します。4Kテレビでも良いと思うし・・・

PCの4Kゲームをやるなら、4K対応の液晶テレビがオススメ。

 

格安に4Kを楽しみたいなら、

PHILIPSの4Kディスプレイは、非常にコスパが高いです。

オススメの4Kディスプレイ比較。40インチの大型液晶を買って気付いた違い。

 

夏の大型連休。

せっかくのお盆休みを素晴らしいものにするために。

旅費を考えたら、安いもんだ・・・と言い聞かす。

自分へのご褒美です。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ