グラボメーカーが違うと、ベンチマークスコアはどれくらい変わるのか?オーバークロックモデルと比較検証してみた。

Pocket
LINEで送る

ホワイトPCを完成する為に、白いグラボを用意する必要が有ったので・・・

仕方なく、OCモデルを追加購入してみました。

IMG_0923

グラフィックボードなんて、GPU一緒なら安い方が良いじゃん。

って言っていたのは、そう遠くない話。

グラボメーカーASUS、MSI、ZOTAC、GIGABYTEの違いと選び方。GTX1080でモデル比較して悩んだ結論。

 

同じGTX1080なら、大してスペックも変わらないでしょ?

って何も根拠の無い事言っていたので、比較検証してみまっす。

検証するグラフィックボードスペック(GTX1080)の違い。

検証するのは、VR向けに作った真っ白PC。

我ながら高スペック。ケースはNZXT S340 ELITE VR。

ガラスパネルのPCケース「NZXT S340 ELITE VR」レビュー。

DSC03913

ベンチマーク検証するPCスペック

  • CPU – intel Core i7-6700K 4GHz
  • マザーボード – SABERTOOTH Z170 S
  • メモリ – Crucial [Micron製] DDR4 64GB(16GB×4)
  • 電源 – Corsair CP-9020053-JP (RM550)
  • SSD – SAMSUNG SSD 850 EVO 1TB
  • OS – Windows 10

 

私が所持しているのは、売れ筋ZOTAC GTX 1080 AMP Editionと、

GALAXYの超空冷OCモデル。2つのグラボで比較検証する。

IMG_0931

ZOTAC GeForce GTX 1080 AMP Edition(ZT-P10800C-10P)

  • コアベースクロック:1683MHz
  • ブーストクロック:1822MHz
  • 補助電源:8pin x2
  • サイズ:全長300mm(W300×D148×H43.5mm)
  • 出力:DisplayPort 1.4×3、HDMI 2.0×1、DVI-D×1

GALAX GF PGTX1080/8GD5 HOF (GeForce GTX 1080 HOF)

  • コアベースクロック:1733Mhz
  • ブーストクロック:1873Mhz
  • 補助電源:8pin x2
  • サイズ:全長317mm(317 x 137 x 55 mm)
  • 出力:DisplayPort 1.4×3、HDMI 2.0×1、DVI-D×1

 

複数のベンチマークソフトで、スコア検証していきます。

PCゲームの為にベンチマークテストをする。オススメのベンチマークソフトまとめ。

 

ZOTAC GeForce GTX 1080 AMP Edition(ZT-P10800C-10P)のベンチマーク。

早速、ZOTACのGTX1080から検証。

GeForce GTX 1080のFounder Edition(リファレンスモデル)のクロック値は、

ベースクロック1607MHz、ブーストクロック1733MHz

ZOTACのGTX1080は、微妙にクロック値が高くなっており、

ベースクロック1683MHz、ブーストクロック1822MHz。その実力は如何に?

IMG_0926

 

3DMark

Fire Strike Ultra(4K):スコア5038

NWS000011

 

ファイナルファンタジーXIV

1920×1080 最高品質(DirectX 11):スコア18701

NWS000013

 

バイオハザード6

4096×2160×32bit(DirectX 9.0c):スコア10483

NWS000021

 

モンスターハンターフロンティアオンライン

3840×2160:スコア12367

NWS000014

 

ドラゴンクエストX

3840×2160 最高品質:スコア18578

NWS000015

 

ドラゴンズドグマ

1920×1080 最高品質:スコア13692

NWS000024

 

ファンタシースターオンライン2

1920×1200 高解像度&高品質:スコア51311

NWS000019

 

GTX1080ってだけで、スコア凄いね。ミドル級グラボとは大違い。

GTX1080とGTX980TIとGTX970とGTX660で、4Kゲームのベンチマークを比較する。

上位モデルで、これ以上伸びるのかな?

 

GALAX GF PGTX1080/8GD5 HOFのベンチマーク。

続いてGALAXのGTX1080、OCモデルに差し替えて検証。

とりあえず、オーバークロックしないで計測。

IMG_0938

 

3DMark

Fire Strike Ultra(4K):スコア5210

NWS000027

 

ファイナルファンタジーXIV

1920×1080 最高品質(DirectX 11):スコア19025

NWS000029

 

バイオハザード6

4096×2160×32bit(DirectX 9.0c):スコア10884

NWS000028

 

モンスターハンターフロンティアオンライン

3840×2160:スコア12867

NWS000031

 

ドラゴンクエストX

3840×2160 最高品質:スコア18997

NWS000034

 

ドラゴンズドグマ

1920×1080 最高品質:スコア13692

NWS000030

 

ファンタシースターオンライン2

1920×1200 高解像度&高品質:スコア50557

NWS000032

 

GALAXのベースクロックは1733Mhzと、高いだけ有って、

ベンチマークスコアは、更に高い数値へ。

リファレンスモデル(1607Mhz)や、ZOTAC(1683Mhz)に比べて大幅に高い。

 

GALAX GTX 1080 HOFのオーバークロック ベンチマークスコア。

GALAX GTX 1080 HOFは、超空冷のOC対応モデル。

せっかくなので、オーバークロックしてみました。

大口径3個ファン&大型ヒートシンクで、クッソデカいから冷えるらしい。

グラフィックボードにも専用のOCボタン有ります。ファン回りまくります。

IMG_0935

GALAX専用のOCソフト「Xtreme Tuner Plus」は、公式ページからダウンロード。

グラボ付属のDVDには、ドライバしか入ってないという不親切。

Xtreme Tuner Plus

 

「1-CLICK OC」の「GPU OC 5%」で、3DMARK ULTRAでスコア5381

GPUの5%って事は、+85~90Mhzくらいオーバークロックになるのかな。

NWS000040

電圧ロック解除とかもできるんだけど、

よくわからないし、怖いんでやりません。

 

鉄板のオーバークロックソフトと言えば、MSI After Burner。

Afterburner | MSI Global

コアクロック+115Mhzで、3DMARK Fire Strike Ultraでスコア5424

これ以上クロック値上げると、エラー出まくりました。焦

※温度85℃制限、メモリクロックはいじってません。

NWS000043

 

ファイナルファンタジーの場合は、

コアクロック+115Mhzスコア19215(DirectX11 1920×1080 最高品質)

KS002769

 

GALAX GTX 1080 HOFは、GPUコアクロック2Ghz超えも余裕って話だけど、

オーバークロックできる限界値+10~15%と考えると、

GTX1080単体で2Ghz超えは、なかなか難しい数値なんじゃないかな。

無理すると、すぐブルースクリーンになるし。

IMG_0997

そもそも空冷PCだし、OCに効果的な設定も、正直よく理解していない。

壊れたら怖いから、冒険もしたくないから、この辺はゴメンナサイ。

あくまで常時ゲーム用として、使える範囲のベンチマークスコアって事で。

 

グラボメーカー違いによるベンチマークスコア比較まとめ。

グラフィックボードは、同じGPUでもメーカーによって、クロック値が異なるという事。

リファレンスモデルと、メーカーチューンモデルでは、

公式に明記しているクロック値も、100~150MHzくらい変わってきます。

 

GeForce GTX 1080 リファレンスモデル

  • ベースクロック:1607MHz
  • ブーストクロック:1733MHz

ZOTAC GeForce GTX 1080 AMP Edition(ZT-P10800C-10P)

  • ベースクロック:1683MHz
  • ブーストクロック:1822MHz

GALAX GF PGTX1080/8GD5 HOF (GeForce GTX 1080 HOF)

  • コアベースクロック:1733Mhz
  • ブーストクロック:1873Mhz

 

クロック値が変わると、どの程度ベンチマークスコアが変わるのか?

確かに違うんだけど、価格差ほど違いは無かった印象。

 

3DMark Fire Strike Ultra(4K)

  • ZOTAC GTX1080:スコア5038
  • GALAX GTX1080:スコア5210
  • GALAX OC(+115Mhz):スコア5424

ファイナルファンタジーXIV 1920×1080 最高品質(DirectX 11)

  • ZOTAC GTX1080::スコア18701
  • GALAX GTX1080:スコア19025
  • GALAX OC(+115Mhz):スコア19215

 

OCモデルは価格も高く、オーバークロックにより出せる数値も高くなりますが、

価格差ほど、スペック値は違わないと判断しました。

安いモデルと高いモデルでは2~3万円は違うし。

グラボメーカーASUS、MSI、ZOTAC、GIGABYTEの違いと選び方。GTX1080でモデル比較して悩んだ結論。

 

 

GTX1080も6万円台まで価格下がってますから。


ZOTAC Geforce GTX 1080 AMP EDITION グラフィックスボード VD6068 ZTGTX1080-8GD5XAMP01

 

オーバークロックすれば、

その分温度も上がり、GPUにも負荷がかかるという事。

常にOCでゲームやる度胸も無いし、

無理させるなら、格安GTX1080を2枚買って、

SLI構築した方が、断然高いスコアも弾き出せる。

そこまで難易度も高く無いし、何より心の安心度が全然違うんだよね。

SLI構築方法と注意点。GTX1080のグラフィックボードで挑戦してみた。

GTX1080は省エネ。SLIしても消費電力は意外と少なくて済むから。

GTX1080のSLIで4Kゲームのベンチマーク計測。SLIの消費電力とSLIに必要な電源。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ