スノーピーク アメニティードームのメリット・デメリット。アメドのLサイズを選んだ理由。

アメニティドームのメリット・デメリット キャンプ用品

ドーム型の定番テントといえば、アメニティドーム。

初心者にも使いやすく、値段も手頃なスノピのベストセラー商品。

スノーピーク好きならずとも、持ってる人は多いハズ。

 

我が家も一番最初に検討したモデルでも有り、

なんだかんだで購入して、更に買い替えてるテントです。

 

使いやすいんだけど、もちろん万能では無いので、

今回は、アメドのメリット・デメリットについて。

主にファミリーキャンプ利用で考えます。

アメニティードームのメリット

値段が格安で、サイズが選べる

お値段が高いイメージがあるスノーピークですが、

アメニティドームは、エントリーモデルなので値段が格安。

 

テントサイズも選べるのもアメドならでは。

Sサイズなら29,800円+税、Mサイズなら36,800円+税

Lサイズなら49,800円+税と、形そのまま家族に合ったサイズも選べる。

定番のサイズは、定員5名約4万円のアメニティドームM。

アメドSは安いけども、ファミリーキャンプではキツイサイズです。

DSC07241

アメドS アメドM アメドL
価格(税別) ¥29,800 ¥36,800 ¥49,800
サイズ 355×220×120cm 505×280×150cm 540×310×165cm
人数 大人2人+子供1人
(3名)
大人2人+子供3人
(5名)
大人4人+子供2人
(6名)
重量 5kg 8kg 9.8kg
室内高 120cm 150cm 165cm
室内床面積 150×220cm 265×265cm 295×295cm
耐水圧 フライ1,800mm
ボトム1,800mm
フライ1,800mm
ボトム1,800mm
フライ1,800mm
ボトム1,800mm
UVカット
グランドシート
インナーマット
¥14,800 ¥16,800 ¥18,800

 

値段が格安だけど、造りはスノピ品質。

エントリーモデルだけど、オールシーズン仕様であり、

耐水圧1,800mmで、UVカット加工も付いている。

他社ブランドのハイグレードテントと大差も無いわけ。

IMG_5599

スノーピーク製品には、

スノーピーク保証という永久保証も付いているからね。

前室が有り、出入り口も多い

アメニティドームの使い勝手が良い理由。

寝室スペースのテントの前に、ちょっと広めの前室がある事。

DSC07193

前室への入り口は、前方横側の2ヶ所。

夜は前をフルクローズする事が多いので、この横側の入り口が凄い便利。

寝室の丸見えを防ぎプライバシーも守れる。

IMG_5620

また、前側だけじゃなく、後ろ側からもテント内に入れます。

DSC07240

インナーテントの後ろメッシュも開くのです。

IMG_5608

全部で3ヶ所も入り口が有るわけで、

出入り口が多ければ、間取りにも融通が効く。

サイズが限られた区画サイトでも、便利な点。

初心者ほど、出来上がりはイメージしにくいからね。

通気性が良い

アメニティドームは、メッシュが多く通気性が良いです。

IMG_5621

天井部分も換気用できるように、メッシュが付いてます。

IMG_5634

外側フライシートにもベンチレーション。

IMG_5611

前後でメッシュ範囲も広いので通気性が良い。

IMG_5609

 

アメドMと同サイズで、ヴォールト(エントリーパックTT)も比較されますが、

かまぼこ型のヴォールトには、ベンチレーションがなく、

吊り下げ式なので、実サイズよりも室内は狭く、暑苦しく感じました。

スノーピーク エントリーパックTT(ヴォールト)を使って気づいたメリット・デメリット

IMG_5148 (1)

夏場利用するなら、断然アメニティドームのが良いです。

インナーテントだけでも使える

アメニティドームは、インナーテントをポールで組み立ててから、

上からフライシートを被せる、ダブルウォールタイプのテント。

 

インナーテントだけで自立するので、

フライシートを被せずとも使うことも可能です。

IMG_5591

フライシートの代わりに、タープとかシェルターを使う。

カンガルースタイルってやつ。

夏場は熱がこもりがちなので、より涼しくなる。

 

私は、リビングシェルロングも買っちゃってるのですが、

インナーテントとして、アメドのMで代用できたりもする。

後に選択肢が広がる可能性というわけ。

 

ちなみに、カンガルースタイルでインナーテントを使う注意点としては、

インナーテントは、スケスケなので中が丸見えになること。

大きめのタープで被せたり、シェルターでの目隠しが必要になる。

家族で・・・というよりは、ソロや友人と使ったりですね。

アメニティードームのデメリット

結局のところ、タープが必要

アメニティドームには、前室が有るとはいえ、

ホント荷物を置けるくらいのスペースのみとなります。

 

前室の跳ね上げは可能ですが、

アメドMでもLでも、ちょっとしたスペースにしかなりません。

頑張っても2人まで、ファミリーだと厳しいです。

2020-07-09_15h43_06

※参考→アメニティドームM(SDE-001RH) | テントの通販(アウトドア・キャンプ用品)はスノーピーク(Snow Peak)

 

2ルームテントのような広さは無いし、

タープも併用しないと、キャンプらしい事は何もできない。

荷物も全然収まらないし、日陰のリビングスペースも無い。

雨降ったら「寝る」しかなくなるのさ。

DSC07835

キャンプ場で、アメドテントだけっていうのも・・・

ほぼ見かけないと思いますので。

 

キャンプサイトって平地で日陰も無い事が多く、

日の当たる夏のテント内なんて、すんごい暑いですからね。

結局、タープもセットで買うことになるわけです。

DSC07870

純正インナーマットがかさ張る

テントと一緒に必要になるのが、

アメニティドーム専用のグランドシートとインナーマットセット。

これが無いとテントとしては成り立たないのですが別売で約2万円

 

高いというデメリットも有りますが、

この純正インナーマットがなかなかデカイ。

分割もできず、折り目も少ないので・・・車に積む際にも困るんだな。

いや別に無理やり畳んでも良いのでしょうけども、嫌じゃないですか?

IMG_9689

実際のところ、このインナーテントだけでも十分な厚みは無いので、

更に上に、何かを敷くことになる。

IMG_5629

というわけで、我が家は、このインナーマットを使うのを辞めました。

純正のインナーも高いので、だったら他に極厚で気持ち良いマットも買えますからね。

我が家は「ソトネノキワミ」を使っています。

 

また、アメニティドームの床面は正方形なので、

他社のグランドシート&インナーマットでも代用しやすいです。

DSC07216

テントの床部分なんて、ほぼ見えもしないし、多少サイズが違っても問題なし。

インナーマットの性能なんて大差ないですからね。

わざわざ高いスノピを選ばなくても・・・と個人的には思ってます。

インナーマットとグランドシートの必要性と代用品。寝袋マットやコットとの違い。

雨の日は設営と撤収がキツイ

アメニティドームのインナーテントは吊り下げ式では無く、

インナーテントを建ててから、フライシートを被せる自立式のテント。

 

外枠を建てた後にインナーテントを設置したり、

撤収の際も、先にインナーを片付けるということができません

これ何が困るのか?って雨の日。

インナーがビショビショになるんだよね。

IMG_5645

降らないと思って行っても、雨は降るわけで、

やっぱり、アメニティドームには屋根となるタープが別に必要なのです。

 

ちなみに、アメニティドームの設営自体は、それほど難しく無い。

スノーピークのエントリーモデルは、

テントポールと、テントのポール差込口が同じ色なので、

間違えるのも難しい。

マニュアルを軽く見ておけば、簡単に組み立てられます。

 

同じくエントリーモデルのヴォールトと比べても、

アメニティドームの方が難易度は低い気がする。

キャンプ設営や配置まで考えると、アメドの方がラク。

自立式のアメドは後から動かせるし、ペグダウンも少ない。

ただ、雨には注意して下さいね。

オールシーズン仕様だけど冬場はキツイ

アメドはオールシーズン仕様となってますが、

スカートが無いので、冬キャンプだと寒いです。

フライシートの下から、冷気がスースー入ってくるの。

IMG_5597

インナーテント下部は、雨風には強い素材になってますけど、

地面とテントの隙間は防げない。

DSC07214

スカートって虫の侵入を防ぐ役割も有るので、

夏場も合った方が良いんですよね。

バカ売れモデル故に被る

アメニティドームって、ファミリーキャンプでは入門テントとして、

まず候補に上がるモデルほどの超ベストセラー。

キャンプ場で、必ず見かけるほどの人気なテントなので、

まぁ、とにかく被るわけです。

 

スノピって、なんかカッコ良いから選んだんだけども、

やっぱり被ったら嫌というのが、にわかキャンパーの私。

キャンプするほどに、スノピの上位モデルが欲しくなる。

ランドブリーズ、ドックドーム・・・沼の入り口です。

スノーピークには、ランク制度も有るので気をつけて。

スノーピーク会員ランクの違い。プラチナ会員になって気づいたデメリット。

IMG_4791

別にスノピにこだわらなければ、

コールマンの「タフドーム」「タフワイドドーム」でも良いわけ。

この出入り口の多さでは、アメドに敵わないですが、

アメドより高さが有り、室内はタフワイドの方が広い。

タフドーム タフワイド アメドM アメドL
広さ 300×250 300×300 270×270 300×300
高さ 175cm 185cm 150cm 165cm
人数 3~4人 4~6人 3~4人 4~6人
ベンチレーション 2つ 2つ 1つ 1つ
重量 10kg 10.6kg 8kg 9.8kg

こちらもド定番なんで、見かけまくりますけども。

マットセットで値段も安いので、出費もだいぶ抑えられます。

 

まぁ、使う人が多いのは、使いやすいということ。

定番のドーム型テントの組み立て方法くらいは知って損無し。

MからLに買い替えた理由

我が家は、5人家族なので、

最初は対象人数どおりにMサイズを選んだのですが・・・

思った以上にピッタリで、快適にも過ごせなくなりました。

 

スノーピークの対応人数って、子供を含めた人数なので、

大柄な人とか、子供も大きくなるとキツイんですよね。

DSC07213

あと、スノーピークのテントって、雨風に強いのですけど、

その代わり、天井高が低いテントが多い。

アメドMも天井高は150cm。成人する父にはキツイ寸法です。

 

テントって寝るだけの場所って考えがちですが、

実際のところ、テント内では動きまわるし、

テントの外へ出たり入ったりする事も多いわけで、

室内は少しでも広く、室内高も少しでも高い方が楽しいです。

室内高も一番高い位置での寸法ですからね。

 

アメドM(265×265cm)→ L(295×295cm)で1人分の余裕が生まれる。

これだけで身動きは大分取りやすくなる。家族でゴロゴロできる。

IMG_5638

天井高も150cm165cmへ。

15cmも天井が高くなれば、空気が動くスペースも生まれる。

通気性も向上し、夏の暑苦しさも無くなるし、

寒い時期は、テント内に結露も発生するので、端のスペースも必要なんです。

IMG_5623

上位モデルのランドブリーズ、ドックドームより天井が高いってのも、

アメドLを選んだポイント。

スノーピークのテントの中では、最高峰の高さなんですよね。

アメドL ランドブリーズ6 ランドブリーズPro.4 ドックドーム Pro.6
価格(税別) ¥49,800 ¥92,800 ¥98,000 ¥149,000
サイズ 540×310×165cm ? 510×325×175cm 490×325×180cm
人数 大人4人+子供2人
(6名)
大人4人+子供2人
(6名)
大人4人+子供2人
(4-6名)
大人4人+子供2人
(6名)
重量 9.8kg 9.8kg 11.9kg 12.8kg
室内高 165cm 162cm 165cm 155cm
室内床面積 295×295cm 300×300cm 310×300cm 300×300cm
耐水圧 フライ1,800mm
ボトム1,800mm
フライ1,800mm
ボトム1,800mm
フライ1,800mm
ボトム10,000mm
フライ1,800mm
ボトム10,000mm
UVカット 無し
グランドシート ¥18,800 ¥9,300 ¥9,300 ¥9,700
インナーマット グランドセット ¥24,800 ¥24,800 ¥25,800
シールドルーフ ¥7,800

 

室内高が高くなると、設営がしずらくなるかなと思ったのですが、

組み立て方法は一緒なので、体感としてはあまり変わらず。

ちょっとフライシートを被せるのが大変になるくらい。

150cm未満の奥様も、1人で楽勝とおっしゃってますので。

IMG_5587

天井が高いと、風に弱くなる心配も有りましたけど、

そもそも家族で行くキャンプ場で、

強風バリバリに遭遇するってことは、あまり無いと思うし、

高さという点では、2ルームテント(ランドロックとか)の方が高いですからね。

 

あと買い替えた大きな理由として、アメドMが高く売れるから。

買った値段とそう変わらず、メルカリで売れました。うぇーい。

 

スノーピークって、新品で割引販売されることが無いし、

中古でも高く売れるってメリットも有るんですよね。

失敗したら売れば良い、レンタル料と考えても安いです。

アメニティドームまとめ

値段を考えたら、文句は無いですね。

売れてる理由も分かります。

スノーピークという、安くも無いブランドで、

見た目も質も保証されている。安心感も有りますからね。

IMG_5603

ただ、前室はオマケサイズなので、

家族キャンプならタープも絶対必要です。

そう考えると、エントリーパックTTの方が断然安上がりなんですよね。

スノーピーク エントリーパックTT(ヴォールト)を使って気づいたメリット・デメリット

 

天井も低いので4人以上ならLサイズが良い、

インナーマットもグランドシートも必要、

寝るためには寝袋も必要・・・となると、

なんだかんだで10万円じゃ全然足らないから。

寝袋って高いんで・・・我が家は寝袋を辞めましたけど。

寝袋の役割と必要性。家族キャンプは羽毛布団の方が快適な理由。

IMG_9493

 

キャンプってハマればハマるほどにお金がかかる・・・

天井高が気になるなら、2ルームテント、

ランドロックも欲しくなる。恐ろしい。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥174,900 (2020/08/04 00:08:22時点 Amazon調べ-詳細)

ただ、2ルームテントって、サイズも大きく、

設営や収納が大変なんですよね。濡れたら乾かすのも大変だし、

使える区画も限られて来るし。タープ張りたいし・・・

ってなると、アメドはその辺のバランスも良いと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました