スノーピーク エントリーパックTT(ヴォールト)を使って気づいたメリット・デメリット

エントリーパックTTの口コミ キャンプ用品

私がスノーピークで初めて買ったテントが、

エントリーパックTTというモデル。

 

スノーピークへの憧れから、2018年4月の発売開始と同時に購入。

他スノピテント(主にアメド)と悩みまくって購入して、

1年以上は使ってきましたので、そのメリット・デメリットについて。

主にアメニティドームとの比較したいと思います。

スノーピーク アメニティードームのメリット・デメリット。アメドのLサイズを選んだ理由。

 

スノピのエントリーモデルの中では、一番好きなんですけども、

かまぼこ型テントならではの不便な点も有りましたので。

エントリーパックTTのメリット

テント&タープセットで格安

エントリーパックTTの「TT」は、TentとTarpの略。

スノピのテントとタープがこれ一つで手に入る。

エントリーモデルの「ヴォールト」と「ヘキサタープ」のセット。

IMG_2015

タープは「アメニティタープ ヘキサLセット」と同等スペックなんで、

別々に買うよりも7,480円(6,800円+税)も安く買える。

スノピ価格比較
  • ヴォールト:29,800円+税
  • アメニティタープヘキサLセット:26,800円+税
  • エントリーパックTT:49,800円+税

セット内容もほぼ同じで、

アメニティタープの色味が微妙に違うくらい。

外袋も付いているので、別々で収納もできます。

上がテント、下がタープ。

IMG_2017

テント「ヴォールト」単品でも使えるし、

IMG_5185

タープだけでも使えるし、

テントに連結するコネクションテープも付いているので、

テントとタープを組み合わせて使うことも可能。

このセットだけで、テントの上にタープを被せて張るという技。

「小川張り」ができるのだ!

IMG_5043

テントは前室と後室も有る

かまぼこ型のテントは奥に長く、

前室も長く取ることができる。

IMG_5158

タープと前室の合わせ技で、雨を完全に防げる荷物スペースができる。

寝室前の地面も濡れて無い方が良いですからね。

IMG_5146 (1)

また、後室側にもスペースにも余裕が有り、

靴だけでなく荷物も置ける。

IMG_5154

また、前室には横からの出入口も付いており、

フロントを締めてしまえば、寝室の丸見えも防げます

IMG_4649

消灯後は寝室も見えない方が、なにかと安心ですからね。

IMG_5163

シェルターとしても使える

ヴォールトはテントとしてだけでなく、

ミニシェルターとしても使えます。

テントを外して外枠だけ使う、吊り下げ式のテントだからできること。

IMG_4647

とりあえず、外幕を張ってしまえば、

子どものくつろぎの場として、テンションも上げておけるし、

コットを置いて、テント不要でそのまま寝たりも可能です。

IMG_5124

暖かい時期なら、シェルターだけで寝るってのもラクだよね。

エントリーパックTTのデメリット

グランドシート&インナーマット別売り

エントリーパックTTには、

グランドシートとインナーマット(フロアマット)は付属しません

これを買っただけでは、テントとしては成り立たないのです。

 

エントリーパックTT専用のマットの料金は14,800円+税

なんだかんだで一緒に買うと、税込みで71,060円となります。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥16,280 (2020/08/03 21:20:48時点 Amazon調べ-詳細)

タープよりも、シート&マットの方が必須だと思うんだけど・・・

スノーピークトラップだなん。

 

まぁ、これはエントリーパックTTに限った話では無いですけど、

エントリーモデルを選ぶ人は、勘違いする私みたいな人も多いハズ。

 

ちなみに、グランドシートやインナーマットは、

同等サイズ商品なら他メーカーの物でも代用できます。

私は、コールマン2ルームハウス用のシートで代用してました。

IMG_5199

微妙にサイズは違うのですが、問題なく使えます。

IMG_5166

インナーマットも多少たわむくらい。全く問題なし。

IMG_5171

スノーピーク価格に比べたら、半分以下の値段で済みますので。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥7,580 (2020/08/03 21:20:49時点 Amazon調べ-詳細)

芝生サイトならインナーマットだけでなんとかなりますけど、

土、砂地サイトだと、インナーマットだけだと厳しいです。

ウレタンマットやインフレーターマットとかも検討することになる・・・

なんならインナーマットすっ飛ばして、

極厚マットだけ敷いても良いんじゃないかとも思ってます。

インナーマットとグランドシートの必要性と代用品。寝袋マットやコットとの違い。

ファミリーキャンプなら寝袋も必要ないんじゃないかと。

我が家では寝袋も使わなくなりました。

寝袋の役割と必要性。家族キャンプは羽毛布団の方が快適な理由。

ロープとペグダウンが多すぎる

ヴォールトは、フレーム3本だけで組み立てやすい。

これは形にするまでの話。

実際、テントにする手間は他のテントと変わらないし、

むしろ私には苦痛なポイントが有りました。ペグです。

 

自立しないかまぼこ型テントなので、ペグダウンが必須。

張り網だけで16本も有り、

ペグダウンは、テント本体に10ヶ所と、張り網に16ヶ所

合計26ヶ所もペグが必要となります。

IMG_5141

テントに必要なペグ本数って、

風でぶっ飛ばないように多めになっていることも多いのですが、

ヴォールトの場合は、引っ張らないと綺麗に形も作れないわけで、

ペグを打たないと成り立たない。

上手く張らないと、しわしわで見た目も悪くなる。

IMG_5144

ポールで自立するアメニティドームよりも、

打たなければならないペグ数も断然多いのさ。

ペグダウンするには、周りにスペースも必要となるわけで、

ロープのせいで使える場所も少なくなる。

また、ペグダウンが多いと、足も引っかかりまくります

暗くなるとロープもペグも見えづらくなりますから、

子供が居る場合は、特に気をつけて。

 

テント付属のペグって強度も弱くて、

強度の有るペグも用意する事になると思うんですけど、

ペグが多いとこの値段も馬鹿にならない。

※私は村の鍛冶屋のペグとハンマーを愛用しています。

【頑張って送料無料!】鍛造ペグ エリッゼステーク 28cm/8本セット◆レッド粉体塗装<MK-280R×8>タープやテント、フラワーアーチの固定にも。S55Cの1本物!IDS賞、おもてなしセレクション賞受賞
created by Rinker
¥3,608 (2020/08/04 04:37:12時点 楽天市場調べ-詳細)

頑丈なペグって多いとスンゲーかさばるし、

収納にも困るし、ペグって重い。

ペグは少ないに越したことは有りません。

片面16.4mは区画サイトで厳しい

エントリーパックTTは、小川張りベースで考えられたセット。

テントとタープを縦に長く連結するので、片側1,640cmも必要になります。

 

区画サイトって10m×10m前後のサイトが多いので、

マニュアル通り綺麗に張るって無理です。

2020-07-01_10h57_08

実際、ペグダウンの方向を変えるなり、

タープの向きを変えないと駄目。

タープをアレンジするって楽しさ、初心者にはまだ早い。

非自立式テントは難易度が高い

かまぼこ型のテントって、引っ張れば簡単に立ち上がりますが、

ペグダウンしないと立たないので、

テントを広げてから、設置場所を動かすってのが無理です。

自立しないってこういう事。

IMG_5187

 

自立式のテント、アメニティドームとかランドブリーズとかは、

組み立ててから動かせる。後で間取りのデザインを微調整しやすい。

アメニティドーム。

IMG_5591

ランドブリーズ。

IMG_5578

いずれもペグダウンせずに、キレイに立つ。

 

テントの見た目もペグ次第なので、

地面が柔らかい河原の砂利とか、

海辺の砂浜とかだと、張りづらく綺麗に張るのも難しくなります。

IMG_4636

 

あと、ベグダウンして引っ張る必要があるので、

一人での設置も難しいんですよね。

妻は一人でタープもテントも組み立ててますけど・・・私には無理。

IMG_5027 (1)

 

最初の頃は、一発で思った場所に張るのが難しく、

タープから建てた方が全体像が把握しやすいと感じました。

タープの前後のポールも間違えてたり・・・恥ずかしい思い出。

DSC035951

入り口側に長いポール、後ろに短いポールを使いましょう。

テントの天井が低い

ヴォールトの室内高は150cm

これは、ファミリーテントでは中々厳しい数値です。

2020-07-01_10h57_14

150cmで余裕なのは、子どもと小柄な女子くらい。

IMG_5107

快適なのは、私を除く家族だけ。

IMG_4644

身長178cmの男子はしんどいから。

IMG_4641

しかも、これ中央の高さが150cmだから、

ちょっと端に行くなんてことも辛くなるわけ。

 

しかも、インナーテントは吊り下げ式なので、

テント内の天井高は、もっともっと低くなる。

IMG_5145

常に中腰というよりも、這って動くしか無いのさ。

IMG_5148 (1)

テントが低ければ、出入り口も低いわけで、

行ったりきたりで、腰が腰がぁああああああ!?ってなる。

IMG_4648

キャンプ行く毎に、身体に不具合が出る。

翌週末くらいまでなんかオカシイ。既に中年の身体。

ホントに老いは舐めないで欲しい。

 

・・・で、だ。

なんか定員は、大人4人までOKってなってるけども、

マジで大人4人でピッタリくらいなの。

うちの子どもは寝ると暴れるし、パパパパンチもしてくるから。

普通の大人よりも幅って必要なんじゃないんですかぁ?

DSC03591

特に冬場は結露とかも有るので、端まで寝ぶくれ無いわけで、

2人~3人くらいで使うのがベストなんじゃないのん?って感じた。

 

あと、前室と後室が広いって言ったけど、

その代わりにインナーテント内は狭くなってます。

 

テント内に荷物が置ければ、前室に荷物を置く必要も無いので・・・

結局、インナー広いアメニティドームのが快適じゃね?とも思った。

自立タイプのアメドだと、インナーもたるまず端まで気持ちよく使えるのさ。

IMG_5630

これはアメドのLです・・・結局、買ってるのーん。

メッシュが前後のみ、夏場は暑い

ヴォールトはメッシュの数が少なく、

シェルターもインナーも、前後にしかメッシュが有りません。

天井も低くベンチレーションも無い、

テントは二重で熱もこもりやすいので、夏場はちょっと厳しい。

IMG_5152 (1)

風向きって違うだけで、全然風って通らないし、

夏場のシェルターって時点でスゲー暑い。

四方向メッシュでも、熱はこもりますからね。

 

そもそもシェルターとして使うには微妙過ぎるサイズ。

高さ的にも子供サイズ。

IMG_5127

秘密基地みたいに遊ぶなら良いですけども。

男同士だと、かなりの密です。

タープはシールド加工されていない

付属するタープは、エントリーモデルのアメニティタープなので、

シールド加工されておらず、影が薄いです。

 

テントの通気性は良いとは言えず、タープの遮光性も低いので、

夏場の利用は気をつけた方が良い。

タープ下も暑く、テント内はサウナ・・・

私は、真夏の河原キャンプで死にそうになって日帰りました。

夏の日差しは舐めない方が良い。

 

個人的には、タープはデイキャンプ(BBQ)とかでも使うので、

タープこそちょっと良いモデルにした方が良いと思ってる。

HDタープの方が見た目も格好良いんだ。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥37,180 (2020/08/03 21:20:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

HDタープシールドの方が断然涼しい。

結局、私はヘキサエヴォプロを買いましたけども。

IMG_4699

エントリーパックTTまとめ

不満点を挙げまくりましたが、

エントリーパックTTのおかげで、かまぼこテントと、

ヘキサタープという二つのキャンプ道具に出会えたわけで、

キャンプしていくなら、このセットって通る道だとも感じました。

 

家族でキャンプを始めるとなると、

2ルームテントか?テント&タープか?の2択になるし、

2ルームよりは、テント&タープのがカッコ良い。

IMG_5105

なにより、小川張りって見た目が最高。

カマボコの低いテントも、玄人感を醸し出している。

DSC07057

 

特にスノーピークは、タープが格好良いと思っているので、

このヘキサタープを使うきっかけとしても有りですね。

IMG_5034

ただ、テント単体で考えるなら、

間違いなくアメニティドームのが快適。ファミリーは特に。

スノーピーク アメニティードームのメリット・デメリット。アメドのLサイズを選んだ理由。

 

ヴォールトは、シェルターで使うのか?っていったら使わないし、

アメド×タープの方が快適なのは間違いない・・・

DSC01933

でも、それだと高いから、エントリーパックTTなんだよね。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥54,780 (2020/08/03 21:29:31時点 Amazon調べ-詳細)

まぁ、実際のところ、

キャンプっぽい雰囲気を楽しむ為にキャンプに行くわけで、

多少の不都合よりも、見た目を選ぶ自分も居る。

使っているうちに、色々と分かるのも面白いわけで、

キャンプってお金がかかるんですよねーん。

 

エントリーパックTTを買うと、スノーピーク製品を揃えたくなる。

スノーピーク会員制度という沼も危険なり。

スノーピーク上級会員攻略。スノーピークポイントを貯めつつ安く買う方法。

無料のレギュラー会員でも良いと思ってるハズなんだけど、

どうしてもポイントを貯めてしまう私。

スノーピーク会員ランクの違い。プラチナ会員になって気づいたデメリット。

 

スノーピークテントを買うことで、スノーピーカーになる。

これが最大のデメリットなんじゃないかなと。

同じようなアイテムで値段が倍々と違うので・・・ホント気をつけて。

今思えば、エントリーパックTTが沼の入り口でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました