「PICA表富士」オートキャンプサイト(電源無し)レビュー

PICA表富士オートキャンプサイト キャンプ場

静岡県富士宮市に有る「PICA表富士」。

以前は「表富士グリーンキャンプ場」だった場所。

 

高規格なPICAキャンプ場に比べると、

ちょっと設備は弱く感じましたけども、

フラッと来るには、悪くないキャンプ場だと感じました。

基本情報

宿泊施設と宿泊料金

「PICA表富士」は、他のPICAと同じく、

テントサイトだけでなく、コテージ、キャビンが有りました。

※利用したのは「オートキャンプサイト電源無」となります。

PICA表富士の宿泊施設
  • テントサイト・富士プライベートサイト電源付
  • テントサイト・オートキャンプサイト電源無
  • テントサイト・アドバンスエリア
  • 森のコテージ・デラックス
  • 森のコテージ・アネックス
  • 森のコテージ・ロフト
  • 森のコテージ・オリジナル
  • 森のコテージ・スタンダード
  • キャビン Mt.fuji
  • キャビンM
  • Route3776キャビン(相部屋)

PICA施設は基本的に、料金システムは一緒。

料金区分はA、B、C、D、E、F、Gの7段階制で、

Gが一番高く、週末や繁忙期は2~3倍の料金となります。

※参考→料金一覧 – PICA表富士

キャンセル料

キャンセル料は、他のPICAと同じ。

8日前まで無料で、7日前~4日前で20%、3日前~前日で50%

当日キャンセルは100%となっています。

キャンセル料は銀行振込でしたので、キャンセル料が発生した場合は面倒です。

チェックイン&チェックアウト

チェックインは、14:00~19:00ですが、

テントサイトは、13:00~チェックイン可能です。

 

チェックアウトは、7:00~11:00ですが、

テントサイトは、~12:00まで利用可能。

追加料金払ってレイトチェックアウトも可能ですが、

1時間+1,000円前後と割高でしたので・・・おすすめしません。

レイトチェックアウト料金もシーズンにより異なります。

テントサイト数と区画サイズ

電源付きの富士山プライベートサイトが2サイト。

電源は10A、広さは約20m×約20m定員8名

車2台、テント・タープは各2張まで。

※冬季(12月~4月中旬)はクローズ

 

電源無しのオートキャンプサイトが10区画

広さは約7m×約10m定員6名

車1台、テント・タープは各1張まで。

 

フリーサイトは定員50人まで。

フリーサイトといえど、グループ用とソロ・デュオ用があり、

グループサイトは、80平米でテント&タープ各1張り。

ソロ・デュオサイトは、40~50平米で小型テント&タープ各1張り。

PICA限定プラン&割引

PICAリゾート共通で、週末の連泊割引があり、

ハッピーフライデー、アフターホリデー対象日は、

テントサイトが1泊の料金で2泊利用可能となります。

※コテージ、キャビン等は半額

 

我が家が毎回利用するのがハッピーフライデー、

金曜日は21時までチェックイン可能であり、

金曜宿泊せず、土曜日の朝7時から利用できます。

※参考→連泊割引 – PICA表富士

 

今回、我が家は限定プランの「Omotefuji BBQ」で、

ハッピーフライデーを併用し、

「テントサイト・オートキャンプサイト電源無」を利用しました。

PICAグリーン会員割引で5%OFFも効き、

プラン特典で、夕飯の食材と、

PICAオリジナルチャコール「CAMPnoSUMI」2kgと着火剤も貰える。

「Omotefuji BBQ」には、他にもレンタルとして、

トング、まな板、包丁、串6本、リッドも付いていました。

IMG_9249

我が家は5人家族なので、食材は4~6人利用の900gセット。

IMG_9254

Omotefuji BBQプランの内容(4~6人)
  • 輸入牛ロース(ハーフ厚切り)300g
  • 国産豚バラ300g
  • 国産鶏もも300g
  • 季節の野菜セット
  • オリーブオイル
  • 塩、ブラックペッパー、ピカBBQソース
  • 炭:CAMPnoSUMI 2kg
  • 着火剤:文化たきつけ

通常のテントサイト料金と比べてみましたが、

夕飯の食材、炭と着火剤が付いて+約3,000円という破格っぷり。

PICAのセットプランは、基本的にハズレ無し。

 

今回は、セットプランということで、スノピ割引は併用できませんでしたが、

通常宿泊なら、スノーピーク会員で5%OFF。

PICA会員割引とも併用できるので、何気にデカい。

PICAを利用するなら、スノピ会員登録も忘れずに。無料です。

スノーピーク会員ランクの違い。プラチナ会員になって気づいたデメリット。

アクセス

PICA表富士は、富士山スカイライン沿いに有る施設。

遊園地「ぐりんぱ」や、スノーリゾート「Yeti」の近くに有ります。

東京方面から来る場合、東名高速の御殿場ICから約40~50分。

 

「水ヶ塚公園」&「森の駅富士山」を過ぎればあと少し。

IMG_9058

PICA表富士の看板。

IMG_9068

ここが入り口です。スンゲー霧ってました。

IMG_9071

駐車場→受付

PICA表富士の敷地内に入ると、すぐ左に駐車場も有りますが、

受付は右手奥の路地を入った先に有りました。

IMG_9073

受付の有るゲストハウス。

IMG_9082

ゲストハウスの目の前にも駐車場が有ります。

IMG_9080

ゲストハウス内。入って右側が受付カウンター。

IMG_9083

左側にはクラフトコーナー。

IMG_9085

奥にはテーブル席。

IMG_9181

ゲストハウスには、富士山の眺望が拝める展望台も有ります。

IMG_9190

晴れていたら富士山が見えるとのことでしたが・・・生憎の天気。ざーんねーん。

IMG_9191

オートキャンプサイトレビュー

場内はコテージエリアが半数以上を占め、

テントサイトは、全て左側の方向にあります。

奥から電源付きプライベートサイト、オートサイト、フリーサイト。

IMG_9197

「テントサイト・アドバンスエリア」は、フリーサイトとなってますが、

実際は、グループ、ソロ・デュオと別れており、

林の中に区画サイトが点在している感じ。

IMG_9163

左側奥にある「イベントスペースA」がオートサイト。

入り口が、凸凹しているので気をつけて。

IMG_9162

グラウンドのような広いスペースに10区画。

DSC08029

区画サイズは、7×10mなので、車とテントとタープでギリギリ。

DSC07999

我が家は2ルームテント(リビングシェルロング)だけにしました。

IMG_9159

水はけの良い砂利サイトですが、ペグを挿すにはちょっと固め、

地面も傾斜が有るので、テントの配置に気を遣いました。

 

サイト間の隔たりも無く、ギリギリまで広げてしまうと、

隣との距離も短くなりますからね。

IMG_9307

前との距離も、思ったよりも密集してます。

IMG_9308

コテージや、電源付きのプライベートサイトや、

フリーサイトの方が森の中って感じで良さそうでした。

 

キャンプ場の右側の方は、ほとんどコテージエリア。

IMG_9201

IMG_9129

コテージだけの建物も有りますが、

IMG_9136

ワンランク上のコテージには、屋外コンロ、タープ、BBQコンロ付き。

IMG_9132

IMG_9133

炭火用コンロまで有りました。

IMG_9134

右側奥に有るイベントスペースB。ただの広場です。

IMG_9203

PICA富士吉田の設備

水場、炊事場

オートキャンプサイトを出たスグ目の前に水道とトイレ。

IMG_9128

テーブルも有りますが、お湯は出ません。

IMG_9130

炭も捨てられます。

IMG_9131

IMG_9199

近くの炊事場はお湯が出ず、蛇口は2つしかありませんが、

ゲストハウス横の炊事場は、蛇口も多く、お湯が出るので、

ちょっと歩いて食器洗いしに行ってました。

トイレ

オートキャンプサイト近くのトイレ。

IMG_9277

男子用便器。

IMG_9274

洗面所。ちょっと歴史を感じます。

IMG_9275

個室トイレ。便座が低め。

IMG_9278

 

キャンプエリアのトイレは、キャンプ場っぽいですが、

ゲストハウスのトイレは、非常にキレイ。

IMG_9102

男性用便器も自動で流れるタイプ。

IMG_9101

ウォシュレット付きの温かい便座。

IMG_9099

できることなら、こちらで用を足したい。

IMG_9100

ただ、皆さん考える事は同じなようで、

朝方のゲストハウスのトイレは混み合ってました。

メンズは個室トイレも一個しかないからね。

シャワー

PICA表富士には、お風呂は有りませんが、

シャワーは無料で使えます。

IMG_9098

シャワールームはゲストハウスの裏手。

IMG_9097

シャワーが使える時間は、午前8時~10時午後15時~24時

夜遅くまで使えるのは嬉しいですね。

IMG_9176

シャワールーム内。

IMG_9238

一応ドライヤーも有りました。

IMG_9241

脱衣所で脱いでから、スッポンポンでシャワールームへ。

IMG_9247

個室シャワールーム。綺麗です。

IMG_9245

個室には、タオルを引っ掛けるような場所も無いので、

シャンプー類を持って洗うだけ。据え置きシャンプーも有りません。

ボタンを押すとシャワーが出ますがスグに止まるので、

ボタンを押しまくりながら洗うやーつ。

クラフトコーナー

ゲストハウスの前には子どもが遊べるようなスペースも有ります。

IMG_9084

黒板が有るだけで描きたくなる子どもたち。

IMG_9093

Nature Koboというクラフトコーナー。

木の枝とかを使って、色々作れます。

IMG_9094

ハンモックとかも有るので、子どもは動かず・・・

しばらくは抜け出せませんでした。

販売されているもの

受付の前には、飲食類、調味料類、日用品、

アウトドアグッズも売ってますが、

他のPICAに比べるとバリエーションは少なめ。

IMG_9086

PICAオリジナルグッズも売ってます。

IMG_9088

針葉樹の薪が1束750円、さくら薪が1束1,000円。

薪の値段は、どこでもこんなもんですね。

PICA表富士の感想

オートキャンプサイトは、そこまで広くも無く、普通の砂サイト。

凄い良いキャンプ場では有りませんでしたが、

設備と値段を考えると、悪くないキャンプ場です。

ゲストハウスは綺麗で、シャワーも無料ですからね。

 

他のPICAよりは値段も格安で、人気がなく予約が取れる。

トップシーズン土日でも空きが有ったり・・・

設備が弱いとはいえ、一般的なキャンプ場に比べれば綺麗ですからね。

 

特にオリジナルのバーベキューセットは満足度が高い。

ボリュームも有り、肉も予想以上に美味しくてビックリ。

IMG_9268

ハッピーフライデーで1泊無料になったので・・・

家族でBBQするよりも安い金額で済みましたからね。

 

都心からも近く、気軽にキャンプしに来る場所として良い。

標高も高くて涼しいし、スンゴイ霧に見舞われたのも良い経験。

IMG_9104

こんなことで喜ぶのも子どもなんだな。

IMG_9223

帰りは、近くの「森の駅 富士山」でソフトクリームを食べました。

IMG_9324

PICA利用者は、10%オフになります。

IMG_9326

次来るときは、電源付きの富士プライベートサイトを利用したい。

2サイトしか無いので、あそこは激戦だけども。

 

近くには「PICA富士ぐりんぱ」も有るので、

両方の空き状況次第で、どちらか選ぶって感じでかな。

PICA富士ぐりんぱのが、断然広くて、

こちらは、お風呂も付いて、設備も素晴らしいんだな。

「PICA富士ぐりんぱ」テントサイト(電源付き)レビュー

DSC07786

コメント

タイトルとURLをコピーしました