α7Ⅲのボタン設定、カスタムボタンの割り当てについて考えてみた。

α7カスタムボタンの設定 カメラ

α7シリーズを買い替える度に悩む、撮影ボタンのカスタマイズについて。

前回どんな設定してたっけなぁーって思い出すのも億劫なので、まとめておく。

 

α7シリーズで買い替え続け・・・

α9・α7・α7II・α7RII・α7III・α7RIII・α7SIIの比較と違い。最終的にα7R2、α7IIIと購入した理由。
以前は、カメラなんて撮れれば良いと思ってたのですが、 RX100の素晴らしさにやられてしまい・・・ ミラーレス一眼レフのα5100もうっかり購入。 その後、フルサイズも気になり始め、α7を購入・・・

現在は、α7Ⅲを使ってます。

α7RⅡからα7Ⅲへ買い替えて気づいたメリット・デメリット。α7Ⅲ購入レビュー。
α7RⅡを所持している私は、 α7RⅢが欲しくて、欲しくて、でも高くて、 悩んでいるうちに、α7Ⅲが登場が登場してしまいました。 スペックを比べた結果、結局のところα7Ⅲを購入したわけですが・・・ 特

αⅢでジョイスティック、タッチパネルも登場したので、また考え直してみました。

カスタムボタンの割り当ては、好みの問題も有りますし、

撮影用途によっても異なると思いますので、参考までに。

C1:フォーカスモード

IMG_9933

オートフォーカスがより一層優秀になったα7。

C1は、フォーカスモードの切り替えボタンとして使ってます。

 

基本的にはDMFで、動く被写体を撮影するときはAF-C。

子供撮りは、これだけでOKっす。

MFは使わず、DMFばかり使ってます。

 

フォーカスモードの種類

  • シングルAF(AF-S)
  • コンティニュアスAF(AF-C)
  • ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)
  • マニュアルフォーカス(MF)

 

C2:フォーカスセット

C2は、C1よりも押しやすい位置に有るので、

一番使う「フォーカスセット」を割り当てています。

 

「フォーカスセット」は、

一つのボタンで「フォーカスエリア」と「ピント拡大」の両方が起動する。

 

マニュアル撮影時は「ピント拡大」、

オートフォーカス(またはDMF)撮影時は「フォーカスエリア」と、

勝手にボタンの機能を切り替えてくれます。

 

マニュアル撮影は、あんまり使わないので、

ほとんど「フォーカスエリア」ボタンとして機能してますけど。

 

フォーカスエリアの種類

  • ワイド(マルチポイント)
  • ゾーン
  • 中央重点
  • フレキシブルスポット

C3:サイレント撮影

IMG_9934

C3ボタンに設定するのは、

「ピーキング表示切換」や「測光モード」と悩みましたが・・・

多用しまくっている「サイレント撮影」にしました。

 

サイレント撮影(電子先幕シャッター)のデメリットは、

蛍光灯のフリッカーの影響を受けるという事。

 

俺んち全室LEDだから関係ねーとか思ってましたが、

室内で撮影していると、

意外とフリッカーの影響受けてることに気づきました。

 

サイレント撮影OFFで撮影した場合。

LRG_DSC00578

サイレント撮影をオンにすると、微妙に横線が入っちゃってます。

LRG_DSC00579

外でも蛍光灯を使ってるとこばかり、

旅行先の建物内とか、乗り物内とか、

チラチラが気になり始めると、やっぱり気になるので・・・

 

基本的には、常時サイレントシャッターにて撮影してるんだけど、

室内で音が気にならない状況なら、サイレントシャッターはOFFにしてます。

 

サイレント撮影って、無音だけでなく、

シャッターショック軽減により、ブレも抑えられるから、

電子シャッター故のメリットも多いハズ。

夜景撮影とか、マクロ撮影とかする場合も有利ってことで、

悩んだらサイレント派ですけど。

 

外でパシャパシャ撮影する事も多いので、

基本的には、無音で撮影しています。

C4(ゴミ箱):APS-Cモード

IMG_9936

α7RⅡのC4ボタンでは、

フォーカスポイントを中央に戻す「フォーカススタンダード」を使ってましたが、

αⅢでは、タッチパネルでフォーカスポイント動かせるようになったので・・・

「APS-C S35/フルサイズ 切換」ボタンを割り当てました。

 

APS-Cモードの正しい使い方は、よくわからないのですが・・・

単焦点レンズで、拡大して撮影したいときに使ってます。

ボタン押すだけで、クイックズーム。

フルサイズで撮影してからクロップするよりも、

画質がキレイな・・・気もしてる。

コントロールホイール

IMG_9935

コントロールホイールは、

上下左右ボタン、中央ボタン、ホイールリングとボタン割り当て可能ですが、

基本的に、初期設定のまま使ってます。

コントロールホイールリング:未設定

フォーカス位置の移動ボタンとして使ってた過去も有りましたが、

クルクルと動いちゃうので・・・「未設定」に戻しました。

 

αⅢで「マルチセレクター(ジョイスティック)」も登場したから、

まぁ、無理して割り当てなくても良いかなと。

中央ボタン:瞳AF

コントロールホイールの中央ボタンは、

初期設定のまま、瞳オートフォーカスです。

 

αⅢより、瞳AFの性能も一気に向上したので、

なんだかんだで、かなり使う頻度も上がったボタンです。

 

左ボタン:ドライブモード

こちらも初期設定のまま、ドライブモードを割り当て。

連射、セルフタイマーと、左ボタンを押すのが体に染みついてますので。

ブラケット撮影は・・・使いこなせませーん。

 

ドライブモードの種類

  • 1枚撮影
  • 連続撮影
  • セルフタイマー
  • 連続ブラケット
  • ホワイトバランスブラケット
  • DROブラケット

 

右ボタン:ISO感度

こちらも初期設定のまま、ISO感度ですね。

右ボタン=ISO感度。

やっと、使うようになってきたので、

今さら変更するとか無理。

 

下ボタン:ホワイトバランス

初期設定では、設定無しの下ボタンですが、

せっかく空いているならという事で、

ホワイトバランスボタンを割り当てました。

 

正直、私はホワイトバランスも使いこなせないので、

皆さんの流れに合わせて、設定してみただけ。

撮影時にホワイトバランスをいじる事も稀。

最悪、現象時にLightroomで修正すれば良いかなー・・・なんて思ってます。

 

マルチセレクターボタン:中央ボタン押しロックオンAF

IMG_9937

ジョイスティック中央ボタンの押し込みで、

「中央ボタン押しロックオンAF」のON、OFFを切り替えられるようにしました。

 

「中央ボタン押しロックオンAF」は、「ロックオンAF」とは違い、

ONして被写体ロックするだけで、

画面内の被写体を自動追尾し続けてくれる便利な機能。

動きまわる子供撮りにも便利です。

※フォーカスエリアが「ワイド」もしくは「中央」の状態でのみ発動します。

 

ただ、ONにした後に、被写体を画面中央に置いてから、

コントロールホイールの中央ボタンを押さないと発動しないという、

ちょっとややこしい仕組み。

 

中央ボタンは、瞳AFを設定しているので、瞳AFとの併用も不可能。

中央ボタン押しロックオンAFのON、OFFボタンを、

ジョイスティックに割り当てて、使うときだけONにしてる。

AELボタン:押す間AEL

AELボタンは、初期設定のまま「押す間AEL」です。

IMG_9938

Auto Exposure Lock=AEL。

主に逆行時に使う、露出固定のボタンですね。

 

測光したい場所で露出固定し、明るさを調整する。

私は測光モードが使いこなせないので、

AELボタンにて雰囲気で使ってます。

AF-ONボタン:AFオン

AF-ONボタンも初期設定のまま、親指AFです。

IMG_9938-2

AFはシャッター半押しでも動作しますが、

AFを親指に割り当てることにより、

より早く、より簡単にピント合わせができるってわけ。

人差し指で半押しするよりも、親指ベタ押しがラクですからね。

 

AF-ONボタンを押し続ける限りは、ピントも合い続けるので、

フォーカスロックして、構図を変えたり、置きピンもラク。

まぁ・・・半押ししないってだけで、ちょっとプロっぽいから多用してます。

フォーカスホールドボタン(レンズ):未設定

IMG_9939

レンズによっては、フォーカスホールドボタンに対応しているレンズが有る。

というわけで、初期設定ではフォーカスホールドボタンは、

フォーカスホールドになっているのですが・・・

私は、敢えての未設定にしました。

 

これ、以前、望遠レンズで撮影しているときに、

フォーカスホールドって機能を知らずに、ボタン押してしまってました。

押しやすい位置にある為の弊害。

 

フォーカスホールドは、ピント位置固定なので、

上手く撮影できるわけもなく、

それ以降フォーカスフォールドは未設定にしたまま。

望遠レンズはズーム操作だけで良いかなと。

カスタムボタンの考え方について。

私は、A(絞り優先モード)や、

S(シャッタースピード優先モード)での撮影ばかり。

M(マニュアルモード)も、ほとんど使わないし、

MF(マニュアルフォーカス)も利用しないので・・・

オートフォーカスをメインで設定している気がしました。

 

撮影する被写体は、子供撮影、旅行時の建物撮影や、風景撮影、

外食時の食べ物撮影・・・がメインです。

 

基本的には、初期設定のまま、なるべくボタン配置をいじらない。

初期設定のまま使う方が、体も慣れているし、

年齢も年齢なので、今さら変更すると混乱する。

私自身、そろそろ融通の利かない年齢になっているんだな。

 

αⅢにもなると、本体スペックが超優秀なので、

ワザワザ素人の私が頑張るよりも、

機械に任せたて適当に撮った方が、残る写真も綺麗です。

α9・α7・α7II・α7RII・α7III・α7RIII・α7SIIの比較と違い。最終的にα7R2、α7IIIと購入した理由。
以前は、カメラなんて撮れれば良いと思ってたのですが、 RX100の素晴らしさにやられてしまい・・・ ミラーレス一眼レフのα5100もうっかり購入。 その後、フルサイズも気になり始め、α7を購入・・・

 

ただ、優れた機能を使うために、

優れた機能を把握して、起動しやすくしておくってのは、

毎回カスタマイズして思うこと。

新しいカメラが手に入れる毎に、新しい機能の把握、

それに合わせたボタンカスタマイズの見直しも必要ですね。ホント。

 

AF性能、タッチパネル、ジョイスティック、バッテリー・・・

αⅡ→αⅢの進化で、また別物のカメラになってましたから。

α7RⅡからα7Ⅲへ買い替えて気づいたメリット・デメリット。α7Ⅲ購入レビュー。
α7RⅡを所持している私は、 α7RⅢが欲しくて、欲しくて、でも高くて、 悩んでいるうちに、α7Ⅲが登場が登場してしまいました。 スペックを比べた結果、結局のところα7Ⅲを購入したわけですが・・・ 特

 

コメント