DSC-RX100、RX100M2、RX100M3、RX100M4、RX100M5、RX100M6、RX100M5Aの比較と違い。私がM2、M4、M5と購入した理由。

RX100M5、RX100M4、RX100M3の比較 カメラ

一眼レフブームからのスマホカメラの高画質化で、廃れたイメージの有ったコンデジ。

コンデジ終わったなーなんて思ってたんだけど、

いつの間にか・・・凄い進化してました。

iPhoneⅩも綺麗に撮れるけど、やっぱ比べてみると全然違います。

 

中でも最強のコンデジと名高いSONYの「RX100」シリーズ。

私は、すげぇ悩んで、RX100M2を購入。

その後、RX100M2の凄さにやられ、RX100M4、RX100M5と買い足してます。

DSC05318

RX100シリーズは、外観が一緒なので、安いモデルを選びがち。

実際、買い替えたところ、モデル毎に機能、センサー、レンズと大きく異なり、

スペック値だけでは見えない部分の違いも感じましたので、気づいた点を挙げておきます。

DSC-RX100、RX100M2、RX100M3のスペック比較。

RX100、RX100M2、RX100M3、RX100M4、RX100M5と、

2012年発売以来、毎年進化して来ましたが、

初代RX100は最初のモデルにも関わらず、未だに現行で発売されています。

 

ただ、最初のモデルRX100、RX100M2、RX100M3の時点でも、

スペック値は大きく違う。

1年単位でこんなにも違うのかというほどの違い。

名称 DSC-RX100M1 DSC-RX100M2 DSC-RX100M3
発売日 2012年6月15日 2013年7月5日 2014年5月30日
価格 オープン価格
※市場価格 約3.5万円
59,880 円+税 74,880 円+税
センサー 1.0型 Exmor CMOSセンサー 1.0型 Exmor R CMOSセンサー
※裏面照射型
レンズ ZEISSバリオ・ゾナーT レンズ
(レンズ構成:6群7枚)
ZEISSバリオ・ゾナーT レンズ
(レンズ構成:6群7枚)
ZEISSバリオ・ゾナーT レンズ
(レンズ構成:9群10枚)
画像処理エンジン BIONZ BIONZ X(ビオンズ エックス)
焦点距離
(35mm判換算)
28-100mm 24-70mm
撮影距離
(レンズ先から)
約5cm-∞
開放F値 F1.8(広角) -4.9(望遠) F1.8(広角) -2.8(望遠)
光学ズーム 3.6倍 2.9倍
画素数 約2020万画素 2010万画素
ISO感度 ISO125-6400 ISO160-12800 ISO125-12800
ISO感度(拡張時) ISO80-25600
連射速度 10枚/秒
シャッタースピード 1/2000秒
モニター 3.0型(4:3) / 1,228,800ドット / エクストラファイン液晶 / TFT LCD
ファインダー × × 0.39型、1,440,000ドット
チルト可動 無し 上方84度
下方45度
上方180度
下方45度
オートフォーカス コントラストAF
ロックオンAF ×
瞳AF ×
測距点数 25点自動測距
サイレント撮影
非圧縮RAW × × ×
手ブレ補正 光学式 光学式 光学式
動画 フルHD(1,920×1,080)60p
動画(120fps) × × ×
タッチパネル × × ×
ネットワーク × Wi-Fi、NFC
GPS × × ×
記録メディア SDXC SDXC(UHS-I対応)
サイズ 101.6 x 58.1 x 35.9mm 101.6 x 58.1 x 38.3mm 101.6 x 58.1 x 41.0mm
重量 約240g
約213g(本体のみ)
約281g
約254g(本体のみ)
約290g
約263g(本体のみ)
バッテリー NP-BX1
撮影枚数 約330枚 / 約165分 約350枚 / 約175分 液晶モニタ使用時:
約320枚 / 約160分
ファインダー使用時:
約230枚 / 約115分
動画撮影可能時間 約80分 約80分 液晶モニタ使用時:約85分。
ファインダー使用時:約90分。
動作スピード 起動時間(約2.1秒
撮影タイムラグ(0.15秒
撮影間隔(0.6秒)
起動時間(約1.6秒
撮影タイムラグ(0.16秒
撮影間隔(0.6秒)

 

2018年となった現在は、いずれも型落ちモデル。

RX100は、2012年の発売価格7万円の約半値。

ここ数年は約3.5万円前後で落ち着いてます。

RX100M2、M3も、RX100M5発売後に値段が下がり、

その価格差は、RX100M2で+約1万円、RX100M3は更に+約1.5万円といったところ。

 

RX100、RX100M2、RX100M3の価格相場 ※2018年8月現在

 

私が最初に購入したのは、RX100M2

決めてはWiFi対応ですが、液晶モニターがチルト可動となり、

センサーも裏面照射型となり、暗所での撮影にも強くなってます。

 

RX100→RX100M2の進化

  • WiFi、NFC対応
  • センサー裏面照射型へ
  • 液晶モニターチルト稼働へ
  • アクセサリーシュー

 

RX100M3となり、レンズが変わりました。

焦点距離が 24mm-70mm28mm-100mmと、

より広角で、望遠側でも明るいF1.8-2.8のレンズへ。

画像処理エンジンもα7と同じBIONZ Xへと進化、

RX100M2のアクセサリーシューが無くなり、液晶ファインダー搭載へ。

液晶モニターの可動範囲も、上方84度上方180度と自撮り対応へ。

SDカードも高速なUHS-I対応となってます。

 

RX100N2→RX100M3の進化

  • アクセサリーシュー→液晶ファインダー搭載へ
  • 焦点距離 24mm-70mm→28mm-100mm
  • 画像処理エンジンBIONZ→BIONZ X
  • 液晶チルト可動範囲上方84度→180度
  • SDカードがUHS-I対応へ
  • カメラ起動時間2.1秒→1.6秒へ

 

RX100とRX100M3を比べてしまうと、結構別物ですね。

レンズも、画像処理エンジンも、センサーも違うから、出来上がる写真も別モノ。

機能面を見ても、WiFi内臓、液晶モニタのチルト可動、ファインダー搭載と、

各段に便利になってます。

RX100M3はRX100の約1.5~2倍の価格帯ですが、それでもコスパは高い。

初心者ほど、RX100M3をオススメします。

 

DSC-RX100M3、RX100M4、RX100M5のスペック比較。

RX100M3だけでも非常に高スペックなのですが、

更に、高性能を詰め込んだRX100M4、RX100M5も登場してます。

名称 DSC-RX100M3 DSC-RX100M4 DSC-RX100M5
発売日 2014年5月30日 2015年7月31日 2016年10月21日
価格 74,880 円+税 89,880 円+税 オープン価格
※市場価格 約8万円
センサー 1.0型 Exmor R CMOSセンサー
※裏面照射型
1.0型 Exmor RS CMOSセンサー
※積層型
レンズ ZEISSバリオ・ゾナーT レンズ(レンズ構成:9群10枚)
画像処理エンジン BIONZ X(ビオンズ エックス)
焦点距離(35mm判換算) 24-70mm
撮影距離(レンズ先端から) 約5cm-∞
絞値 F1.8(広角) -2.8(望遠)
デジタルズーム 2.9倍
画素数 2010万画素
ISO感度 ISO125-12800
ISO感度(拡張時) ISO80-25600 ISO100-25600 ISO80-25600
連射速度 10コマ/秒 16コマ/秒 24コマ/秒
1/2000秒 1/32000秒
モニター 3.0型(4:3) / 1,228,800ドット / エクストラファイン液晶 / TFT LCD
ファインダー 0.39型、1,440,000ドット 0.39型、2,359,296ドット
チルト可動 上方180度
下方45度
オートフォーカス コントラストAF ファストハイブリッドAF
※合焦速度約0.05秒
ロックオンAF
瞳AF
測距点数 25点 コントラストAF 315点(像面位相差AF)、
25点(コントラストAF)
サイレント撮影
非圧縮RAW ×
手ブレ補正 光学式
動画 フルHD(1,920×1,080)60p 4K(3840×2160) 30p
動画(120fps) × 960fps(1920×1080)
タッチパネル ×
ネットワーク Wi-Fi、NFC
GPS ×
記録メディア SDXC(UHS-I対応)
サイズ 101.6 x 58.1 x 41.0mm 101.6 x 58.1 x 41.0mm 101.6 x 58.1 x 41.0mm
重量 約290g
約263g(本体のみ)
約298g
約271g(本体のみ)
約299g
約272g(本体のみ)
バッテリー NP-BX1
撮影枚数 液晶モニタ使用時:
約320枚 / 約160分
ファインダー使用時:
約230枚 / 約115分
液晶モニタ使用時:
約280枚 / 約140分
ファインダー使用時:
約230枚 / 約115分
液晶モニタ使用時:
約220枚 / 約110分
ファインダー使用時:
約210枚 / 約105分
動画撮影可能時間 液晶モニタ使用時:約85分
ファインダー使用時:約90分
液晶モニタ使用時:約80分
ファインダー使用時:約85分
液晶モニタ使用時:約65分
ファインダー使用時:約65分
動作スピード 起動時間(約1.6秒
撮影タイムラグ(0.16秒
撮影間隔(0.6秒)
起動時間(約1.6秒
撮影タイムラグ(0.16秒
撮影間隔(0.45秒)
起動時間(約1.7秒
撮影タイムラグ(0.15秒
撮影間隔(0.45秒)

 

いずれも発売当初の価格に比べれば、だいぶ値段もお手頃になってますが、

それでも最新モデルのRX100M5は約10万円。

下手な一眼レフカメラよりも、高額ですね。

 

RX100M3、RX100M4、RX100M5の価格相場 ※2018年8月現在

 

RX100M4となり、更にイメージセンサーが進化。

メモリ一体型のCMOSセンサー搭載で、最高1/32000秒の高速シャッターや、

最大960fpsの超スローモーション動画にも対応、4K動画にも対応となってます。

ファインダーも進化し、144万ドット→235万ドットへ。

 

RX100M5となると、AFが位相差検出方式315点となり、

AF速度も0.05秒と超早くなってます。

CMOSセンサーやBIONZ Xと相まって、 24コマ/秒の超高速連射も可能となりました。

化け物みたいなコンデジです。

 

コンデジ本来の用途として写真を撮るなら、RX100M3で十分だけど、

コンデジ以上を求めるなら、RX100M4、RX100M5となるのかな。

4K動画、スローモーション動画、超高速シャッター、超高速AF・・・

有れば最高だけど、RX100M3とレンズは変わらないから。

 

ちなみに、2017年にRX100M6は登場しませんでしたが、

代わりに、防水・耐衝撃性能のDSC-RX0が新しく出ました。

コンパクトさには惹かれましたが、Go-Proのようなカメラなので・・・

私には刺さらず、購入は見送りました。

DSC-RX100M5、RX100M6、RX100M5Aのスペック比較。

毎年新型を出していたRX100シリーズ、

2017年はRX-0という微妙なモデルだけでしたが・・・

2018年には、RX-100の新モデルが2パターンも登場。

望遠強化のRX100M6、順当進化のRX100M5A・・・悩みますね。

名称 DSC-RX100M5 DSC-RX100M5A DSC-RX100M6
発売日 2016年10月21日 2018年7月3日 2018年6月22日
価格 オープン価格
※市場 約8万円
104,880 円+税 138,880 円+税
センサー 1.0型(13.2×8.8mm Exmor RS CMOS 積層型)
レンズ ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ
(レンズ構成:9群10枚)
ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ
(レンズ構成:12群15枚)
画像処理エンジン BIONZ X(ビオンズ エックス) 最新のBIONZ X
※約1.8倍の処理
焦点距離(35mm判換算) 24-70mm 24-200mm
撮影距離(レンズ先端から) 約5cm-∞ AF約8cm-∞
絞値 F1.8(広角) -2.8(望遠) F2.8(広角) -4.5(望遠)
デジタルズーム 2.9倍(動画記録中光学ズーム対応) 8倍(動画記録中光学ズーム対応)
画素数 2010万画素
ISO感度 ISO125-12800
ISO感度(拡張時) ISO80-25600
連射速度 24コマ/秒
シャッタースピード 1/32000秒
モニター 3.0型(4:3)、1,228,800ドット
エクストラファイン液晶
TFT LCD
3.0型(4:3)、921,600ドット
エクストラファイン液晶
TFT LCD
ファインダー 0.39型 電子式ビューファインダー(OLED)、2,359,296ドット
チルト可動 上方180度
下方45度
上方180度
下方90度
オートフォーカス ファストハイブリッドAF
※合焦速度約0.05秒
ファストハイブリッドAF
※合焦速度約0.03秒
ロックオンAF
瞳AF
※精度向上
測距点数 315点(像面位相差AF)、25点(コントラストAF)
サイレント撮影
非圧縮RAW ×
手ブレ補正 光学式 光学式
※4段分
動画 4K(3840×2160) 30p 4K(3840×2160) 30p
※4K HDR対応
動画(スロー) 960fps(1920×1080)
タッチパネル ×
ネットワーク Wi-Fi、NFC Wi-Fi、NFC、Bluetooth
GPS ×
記録メディア SDXC(UHS-I対応)
サイズ 101.6×58.1×41.0 mm 101.6×58.1×42.8 mm
重量 約299g
約272g(本体のみ)
約301g
約274g(本体のみ)
バッテリー NP-BX1
撮影枚数 液晶モニタ使用時:約220枚 / 約110分
ファインダー使用時:約210枚 / 約105分
液晶モニタ使用時:
約240枚 / 約120分

ファインダー使用時:
約220枚 / 約110分
動画撮影可能時間 液晶モニタ使用時:約65分
ファインダー使用時:約65分
液晶モニタ使用時:約75分
ファインダー使用時:約70分
動作スピード 起動時間(約1.7秒)
撮影タイムラグ(0.15秒)
撮影間隔(0.45秒)
起動時間(約1.4秒)
撮影タイムラグ(0.07秒)
撮影間隔(0.36秒)

 

RX100M6は、デジタルズーム8倍タッチパネル対応起動時間短縮

下方90度チルト稼働世界最速0.03秒のAF4段分手ブレ補正と、

RX100M5より確実に進化していますが・・・

望遠を強化したため明るさが犠牲となり、F1.8-F2.8F2.8-F4.5へ。

最短撮影距離も約5cm約8cmへと長くなってしまってます。

 

RX100M5Aは、RX100M5の基本スペックはそのまま、

明るさ、焦点距離変わらず、

画像処理エンジンがRX100M6と同じ、最新のBIONZ Xとなったモデル。

処理性能の向上により、描写力高感度時のノイズ低減

瞳AF精度アップゾーンフォーカス4K HDR対応・・・と進化してますが、

スペック的にみると、進化している感じは微妙です。

 

動画で4K HDR対応・・・って言っても、

4Kでの熱暴走はお馴染みなので、ちょっと残念なモデル。

RX100M5→RX100M5Aに買い換えるには、進化が弱く感じました。

 

かといって、RX100M6の方は、

明るさと最短撮影距離でRX100M5に劣るので、今回は買い換えず。

個人的には、望遠よりも明るさ(暗所撮影)の方がスーパー大事であり、

近くに寄れるってのも、RX100の魅力でも有るので・・・

万能求めて中途半端なカメラになっちゃった印象。

RX100M6の値段も約13万円ってのは、ちょっと高すぎる。

その分、RX100M5の値段が下がったので、

コスパで選ぶならRX100M5が良いんじゃないかと。

 

RX100M5、RX100M5A、RX100M6の価格相場 ※2018年8月現在

RX100M2からM4、M5と買い替えて気づいた違い。

私は、2014年にRX100M3と悩んでRX100M2を購入し、

2015年にRX100M4を購入。更に翌年2016年にはRX100M5を購入。

2018年のRX100M6は・・・見送りました。

DSC05313

実際、購入して気づいた違いとともに、なんで買い替えたのか?

買い替えてどうだったのか?気づいたポイントを挙げておきます。

 

RX100は非常に安いがWi-FiとNFC未搭載。無線でスマホ転送は必須。

RX100と、他のRX100Mシリーズとの一番の違い。

RX100は、WifiとNFCに対応していないという事。

 

RX100が超安いんで、最初はRX100を購入しようと思ったんだけど、

やっぱり無線接続ができないのは困る。

 

結局、RX100M2のスマホ転送は、本当に便利だった。

Eye-Fiを使った事がある方なら、その便利さはわかるはず。

Eye-Fiを別途購入する事も考えたが、

Eye-Fiは高いし、デジカメ自体がWi-Fiに対応していた方が、設定も簡単だし動作もスムーズ

2016年には、Eye-Fiサポートも終了してます。


TOSHIBA 無線LAN搭載 FlashAir III Wi-Fi SDHCカード 16GB Class10 並行輸入品

 

RX100M2以降は、スマホアプリ(PlayMemories Mobile)で連携していろいろできる。

スマホだけでなく、PCにWiFi転送したり、

スマホがカメラのリモコンにもなったりと、無線接続で連携は非常に便利です。

 

綺麗に撮る事と同様に、撮った写真の管理しやすさってのは重要。

せっかくコンパクトなんだから、撮った写真も容易に扱いたい。

 

スマホ連携できるなら、その場で友人に渡したり、LINE送信したりもできる。

タブレットに転送して、大きな画面で皆で見るなんて事もできる。

撮った写真を一旦家に持って帰って、

後日送信なんてなると、また熱も冷めるからね。

 

RX100M3のEVFファインダーは必要だった。小さいボディでも覗きたい。

RX100M2と、RX100M3以降モデルの一番の違い。

RX100M3は、EVF(電子ビューファイダー)内蔵だという事。

大きさもほぼ変わらずコレは、凄いよね。

 

個人的に、コンデジにファインダーは要らない派だったのですが、

このコンパクトさから、コンデジしか持ち歩かない事も多くなる。

 

特にRX100シリーズは、一眼レフ並みに撮ろうと思えば撮れるから、

日中明るい場所でちゃんと撮るなら、ファインダーは必須です。

DSC05301

ファインダーがあるおかげで、カメラっぽさが増す。

α7の出番が少なくなるという。

 

RX100M2のマルチアクセサリーシューは要らない。

RX100M3以降のモデルは、

ファインダー内蔵となる代わりに、マルチアクセサリーシューは無くなりました

DSC05303

個人的にはシューが有った方が良かったと思ったんですが・・・

DSC05315

液晶ファインダーを取り付ける以外、あまり使い道はなさそう。

ボディが小さいから、あんまり大きいアクセサリーは実用的でも無い。

IMG_1875

試しに照明をつけてみた・・・すんげぇ重くなる。

マイクとか付ける?コンパクトさが犠牲となるので・・・要らない。

ファインダー内臓の方が嬉しいね。

 

180°チルト式液晶モニターは自撮りだけじゃない。

RX100M2、RX100M3は共にチルト液晶だけんども、

チルト液晶の可動範囲が、大きく異なります。

 

チルト可動範囲の違い

  • RX100 – 液晶モニター固定
  • RX100M2 – 上方84度、下方45度。
  • RX100M3 – 上方180度、下方45度。
  • RX100M4 – 上方180度、下方45度。
  • RX100M5 – 上方180度、下方45度。
  • RX100M6 – 上方180度下方90度
  • RX100M5A – 上方180度、下方45度。

 

RX100M3以降のモデルは、上方180度も動くので、自撮り撮影も可能。

カメラを自分の方に向けて、液晶確認できます

DSC05305

180度可動となり、便利になるのは自撮りだけではない。

可動範囲の柔軟性も向上してます。一番右が84度のRX100M2です。

DSC05307

低い位置での撮影にも、上方180度可動は便利。

日中の明るい場所だと、少しの角度でも見づらくなるから。

DSC05309

RX100M2は、液晶に固定してる部分が違うので、動き方も異なります。

RX100M6では、下方90度稼働するようになりました

 

私は、自撮りなんて要らないと思ってましたが・・・

使ってみたら、予想以上に便利で使いまくってます。

家族いる人も居ない人も、撮る専門だった私も、自分が入り込む写真が増えました。

一人でもサッと置いて、一人自撮り。

液晶持ち上げるだけで3秒タイマーとか、ホント使えるやつ。

 

RX100シリーズの外観はほとんど変わらない。サイズと重さ比較。

RX100シリーズは、パッと見違いがわかりません。

機能は違えども、サイズと重量もほとんど変わらないっていう凄さ。

DSC05310

RX100シリーズのサイズ比較。

  • DSC-RX100 – 101.6 x 58.1 x 35.9 mm
  • DSC-RX100M2 – 101.6 x 58.1 x 38.3 mm
  • DSC-RX100M3 – 101.6 x 58.1 x 41.0 mm
  • DSC-RX100M4 – 101.6 x 58.1 x 41.0 mm
  • DSC-RX100M5 – 101.6 x 58.1 x 41.0 mm
  • DSC-RX100M5A – 101.6 x 58.1 x 41.0 mm
  • DSC-RX100M6 – 101.6 x 58.1 x 42.8 mm

RX100シリーズの重さ比較。

  • DSC-RX100 – 本体:213g、総重量:240g
  • DSC-RX100M2 – 本体:254g、総重量:281g
  • DSC-RX100M3 – 本体:263g、総重量:290g
  • DSC-RX100M4 – 本体:271g、総重量:298g
  • DSC-RX100M5 – 本体:272g、総重量:299g
  • DSC-RX100M5A – 本体:272g、総重量:299g
  • DSC-RX100M6 – 本体:274g、総重量:301g

 

サイズが違うのは、RX100、RX100M2、RX100M6。

M3とM4とM5とM5Aのサイズは、全く一緒です。

 

重量は、RX100、RX100M2とRX100M3と重くなっており、

RX100とRX100M2で、41gと結構な重さの差があります。

Wifi対応、チルト可動で重くなってるっぽい。

RX100M3は、更にEVF内蔵で重くって感じかな。

M3からM4でも微妙に重くなってますが、約8gの差。

M5からM6でも、わずか約2gの差。

サイズはほぼ一緒なんで・・・

正直、あんまり分からないと思います。

 

レンズとセンサーの違い。RX100M3以降は焦点距離と明るさが異なる。

スペック値を比較しても、一番体感しづらいのが、画質。

RX100M2からは、イメージセンサーが裏面照射型になり、

常用ISO6400 → ISO12800の高感度へ。

 

初代RX100よりも、M2は暗いとこでも綺麗に撮れるって評判でしたが、

M3からレンズも変わっており、より暗所にも強くなった印象です。

開放絞り値もF1.8-4.9 → F1.8-2.8と、望遠側で大幅に明るくなり、

レンズも、より広角となってるのも大きなポイント。

焦点距離が24mm-70mm28mm-100mmって、だいぶ画角が違う。

DSC05311

M3からは、焦点距離が短くなった分、

望遠は70mmと短くなりましたが、広角24mmの方が使える場面は多い。

テーブルフォトとか、座った状態で下がれないでも写る範囲は大きくなる。

RX100シリーズは最短撮影距離5cmだから、広角で短距離撮影可能と最高。

※RX100M6の最短撮影距離は8cmになってしまいました。

 

少しでも望遠が欲しいならRX100M、RX100M2であり、

2018年には、望遠強化のRX100M6なんかも登場しましたが・・・

望遠を使いたいなら、ズームが売りのコンデジを使った方が良いんじゃないかと。

 

私が、RX100M6にしなかった理由もコレ。

結局のところレンズは明るいのが正義

暗くなっちゃったらRX100を使う意味も無い。

RX100M6は、既に別モノのカメラだね。

RX100 M2 M3 M4 M5 M5A M6
絞値 F1.8(広角) -4.9(望遠) F1.8(広角) -2.8(望遠) F2.8(広角)-F4.5(望遠)
撮影距離 約5cm-∞ 約8cm-∞
焦点距離
(35mm換算)
28-100mm 24-70mm 24-200mm

RX100M5がヤバイ。315点像面位相差AFセンサーとファストハイブリッドAF。

私がRX100M4からM5に買い替えた理由。それは超高速AF。

RX100M5となると、動きのある被写体までも簡単に撮れるようになってます。

 

ファストハイブリッドAFは、α7RⅡに登場したやつ。

なんと、RX100M5にも搭載という・・・恐ろしさ。

私はコレでα7も買い替えたくらいだから。

α7シリーズとα9対応のEマウントレンズ。オススメ順に並べてみた。
カメラを購入し始めたら、物欲は止まらない。 カメラのボディ選びに悩みに悩んで、なんとかα7RⅡを選んだのに・・・ 今度は、レンズ選びに悩むという。 下手なボディよりも高いやつがゴロゴロと存在する。

 

コンデジが苦手といわれる、動体撮影も高速AFで対応してしまうという。

315点像面位相差AFセンサーと、約0.05秒オートフォーカスで、

動き回る物体も、ブレずに止まったように撮れてしまう。

※RX100M6は、約0.03秒オートフォーカスへ更に速くなってます。

 

半押しすれば分かるRX100M4との違い・・・

AFが超速いだけでなく、超ピンポイントでAFを合わせやすい

測距点が大幅に増えたことにより、

コンティニュアスAF(AF-C)や、瞳AFの精度も上がりまくってます。

素晴らしいです。

 

RX100M5は、連射速度24コマ/秒もヤバイです。

今までに体感したことないくらいの速度で、

ちょっと押しただけで、後から消すのも大変なぐらい撮れます。

 

RX100は焦点距離も近いので、子供撮影用の持ち歩きカメラには最高です。

コンパクトさ、高速AF、F1.8の明るさ、24mmの広角撮影・・・

ここまで来ると、下手な一眼レフよりも、なんでも綺麗に撮れます。

そりゃ、一眼レフを持ち歩かなくなるわけですね。

 

RX100、RX100M2、RX100M3、RX100M4、RX100M5、RX100M6どれを買うべきか?結論。

コンデジとして写真を撮影することを目的に考えるなら、

RX100M3で十分なんじゃないかと。

 

RX100M3がコスパ高く、最新モデルのベースもここにあり。

動画撮影も考えるならRX100M4

動く被写体も撮影するならRX100M5といった感じです。

 

RX100M3→写真撮影する人

  • 焦点距離24-70mm
  • 開放絞り値F1.8(広角) -2.8(望遠)
  • 液晶モニターチルト可動(上方180度
  • EVFファインダー搭載

RX100M4→動画撮影する人

  • 4K動画撮影
  • 960fpsスローモーション動画撮影

RX100M5→動体撮影する人

  • 0.05秒 ファストハイブリッドAF
  • 315点 像面位相差AF
  • 連射 24コマ/秒

RX100M5A→最高の描写力が欲しい人。

  • 最新のBIONZ X
  • 瞳AF性能の向上
  • ゾーンフォーカス

RX100M6→望遠撮影する人(明るさ犠牲)

  • 最新のBIONZ X
  • 8倍ズーム
  • タッチパネル
  • 下方90度チルト稼働
  • 0.03秒 ファストハイブリッドAF
  • 4K HDR動画撮影
  • 絞り値がF2.8 -4.5と暗い
  • 最短撮影距離は約8cm

 

私は、がっつり撮影用のα7も持っているので、

サブカメラとして使うなら、M4、M5は、ちょっとやり過ぎ感。

コンデジとして、気軽に利用したいならRX100M2やRX100。

なにより値段が安いです。

 

敢えて初代RX100を選ぶメリット。

  • 新型RX100M5に比べ半額以下
  • 本体重量213g、厚さ35.9mmと最薄最軽量
  • 値段が安いので気兼ねなく使える。

RX100よりもRX100M2の選ぶポイント。

  • 無線接続(Wifi / NFC)でスマホ連携したい。
  • チルト型液晶を使って、様々な角度から撮影したい。
  • 暗いとこで、少しでも綺麗に撮りたい。(裏面照射型
  • いろいろ取り付けて拡張してみたい。(マルチアクセサリーシュー

 

RX100は、とにかく安いですね。

「気軽に綺麗に撮りたい」という目的だけならコレで良いと思う。

で、最初に私がRX100M2を購入した理由。

無線接続でスマホと連携ができるから。これはデカい。

 

RX100M2とRX100は、旧型の為、非常に安くなっているという事。

RX100も、RX100M2も、発売当時は7万円くらいしていたんだよね。

旧モデルでもセンサーサイズは変わらないので、十分綺麗に撮影できます。

 

まぁ、別途ファインダーを購入するのを考えれば、

M2との差額分くらいの価値は余裕で有ると思うので、

ファインダー内蔵でコンパクトって事も考えると、やっぱM3の値段は悪く無いんす。

核となるレンズもRX100M3から更に進化してるから。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥57,673 (2018/12/10 11:24:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

私がM2、M4、M5と購入したのは、

結局のところ、M2の時点で妥協していたから。

値段で妥協した結果、買い増すハメに。高くついてしまったわけ。

M4あたりで妥協するなら、+1万円で最新のM5を買った方が良いかと。

高速AF高速連射は感動します。一瞬でピント合うって素晴らしいから。

 

RX100M6は、望遠撮影重視の別物のカメラになってしまったので、

最高モデルを買うなら、私はRX100M5Aの方をオススメします。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥79,998 (2018/12/10 11:24:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

RX100シリーズの何がすごいって、やっぱりコンパクトさ。

大型でも良いなら、RX100M3の値段でミラーレス一眼も余裕で買えちゃうんだよね。

ミラーレス一眼レフα5100とα6000の比較と違い。私がα5100を購入した理由。
RX100というコンデジにハマって数か月。 綺麗な写真が撮れるようになればなるほど、写真撮るのにハマります。 iPhone6よりも断然綺麗に撮れますからね。 →RX100M2を使って気付いたデメリット。iPhone6 Pl

 

RX100M5の値段出すなら、フルサイズのα7の価格も射程圏内です。

α9・α7・α7II・α7RII・α7III・α7RIII・α7SIIの比較と違い。最終的にα7R2、α7IIIと購入した理由。
以前は、カメラなんて撮れれば良いと思ってたのですが、 RX100の素晴らしさにやられてしまい・・・ ミラーレス一眼レフのα5100もうっかり購入。 その後、フルサイズも気になり始め、α7を購入・・・

 

綺麗と言われるスマホですが、やっぱり専門カメラとは全然違うんだよね。

スマホだと綺麗に見れるけど・・・ちょっと大きい画面だと明らかに違う。

古い記事ですが、実際に使ってみて気付いたデメリット。素人レビューはこちら。

RX100M2を使って気付いたデメリット。iPhone6 Plusとの画質比較&レビュー。
最近のスマートフォンは、写真が非常に綺麗に撮れる。 特にiPhoneは本当に綺麗に撮れる。 スマホのカメラが向上していれば、 デジタルカメラは、更に上を行っておりました。 一眼レフ並みに撮れるコンデジと言えば

コメント

  1. hqqqq より:

    M3はレンズの焦点距離が違い、より広角はとても魅力です。
    望遠は短くなりましたが、やはり広角のほうが恩恵を受けることが多いはずです。
    これ以上後ろに下がれない・・・ってなときは1mmでも広角だとありがたい。

  2. s より:

    僕は広角より望遠が欲しい派であって、コスパと機能の折り合いで同じくM2にしました。
    ここら辺は好みだと思うんですけど、あと少し前に出れたらと思うことが僕は多いですねw

    M3までいくと、コンデジで全てを賄おうとするユーザーならまだしも、
    フィルムカメラのサブで持つ感じの僕からしたらオーバースペックと言うか値段だけつり上がる感じになってしまいます…

  3. ヒデ★ より:

    料理やフィギュアの接写ならM3なんですかね。