RICOH GRIII(GR3)とRX100M6の比較。撮り比べて気づいたGR3のメリット・デメリット。

GR3とRX100M6の比較 カメラ

ソニーのRX100シリーズを長く愛用しており、

RX100M6にも不満は無いのですが・・・

愛着が湧けば湧くほど、他社のコンデジも使ってみたいという欲求。

特に気になるのが、売れまくっているリコーのGR3。

 

RX100M6を購入した直後に発売され、

同じく高級コンデジとして人気の商品。

気になり過ぎたんで・・・ついに買ってしまいました。

 

癖の有るカメラで有ることは分かっていたつもりでしたが、

やはり使ってみると、色々と思うことは有るわけで。

ソニー慣れしている私は、なかなか苦戦。

 

いや、写りはホント素晴らしいんですが、

やはりGR3は、使い所や、人も選ぶカメラと感じました。

ソニーユーザーの戯言として、参考までに。

GR3とRX100M6のスペック比較

今更ながらスペック比較してみると、

スペックの時点で大きく違うことに気づく。

 

GR3は、そもそもRX100M6と比較するカメラでは無いということ。

コンセプトが違うわけで、カメラ性能も全く別物でした。

ついでにRX100M5Aも比較しておきます。

名称 GR3 DSC-RX100M5A DSC-RX100M6
発売日 2018年9月25日 2018年7月3日 2018年6月22日
価格 112,500 円+税 104,880 円+税 138,880 円+税
センサー APS-C
(23.5×15.6mm
原色フィルターCMOS)
1.0型(13.2×8.8mm
Exmor RS CMOS 積層型)
レンズ 新GRレンズ(4群6枚) ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ
(レンズ構成:9群10枚)
ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ
(レンズ構成:12群15枚)
画像処理エンジン GR ENGINE 6
アクセラレーターユニット
BONZ X
焦点距離(35mm判換算) 28mm 24-70mm 24-200mm
撮影距離(レンズ先端から) マクロ時:6cm~12cm
標準時:10cm~∞
約5cm-∞ AF約8cm-∞
絞値 F2.8 F1.8(ワイド端時) -2.8(テレ端時) F2.8(ワイド端時) -4.5(テレ端時)
デジタルズーム ズーム機能無し
※クロップモード35mm、50mm
2.9倍(動画記録中光学ズーム対応) 8倍(動画記録中光学ズーム対応)
画素数 2424万画素 2010万画素
ISO感度 ISO100-102400 ISO80-25600
連射速度 24コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
※F2.8:1/2500秒まで、
F5.6以上:1/4000秒まで
1/32000秒
モニター 3インチ(103.7万ドット)
TFTカラー液晶、
アウトドアモニター
3.0型(4:3)、1,228,800ドット
エクストラファイン液晶
TFT LCD
3.0型(4:3)、921,600ドット
エクストラファイン液晶
TFT LCD
ファインダー × 0.39型 電子式ビューファインダー(OLED)、2,359,296ドット
可動式モニター × 上方180度
下方45度
上方180度
下方90度
オートフォーカス ハイブリッド方式
(コントラストAF+像面位相差AF)
ファストハイブリッドAF
※合焦速度約0.05秒
ファストハイブリッドAF
※合焦速度約0.03秒
測距点数 25点分割全点オート 315点(像面位相差AF)、25点(コントラストAF)
サイレント撮影 ×
手ブレ補正 4段分、センサーシフト方式、
3軸補正
光学式 光学式
※4段分
動画 フルHD(1920×1080) 60fps 4K(3840×2160) 30p 4K(3840×2160) 30p
※4K HDR対応
動画(スロー) × 960fps(1920×1080)
タッチパネル ×
ネットワーク Wi-Fi、Bluetooth Wi-Fi、NFC Wi-Fi、NFC、Bluetooth
GPS × ×
記録メディア SDXC(UHS-I対応)
※内蔵メモリー約2GB
SDXC(UHS-I対応)
サイズ 109.4×61.9×33.2 mm 101.6×58.1×41.0 mm 101.6×58.1×42.8 mm
重量 257g(総重量)
227g(本体のみ)
約299g
約272g(本体のみ)
約301g
約274g(本体のみ)
バッテリー DB-110 NP-BX1
撮影枚数 約200枚 液晶モニタ使用時:約220枚 / 約110分
ファインダー使用時:約210枚 / 約105分
液晶モニタ使用時:約240枚 / 約120分
ファインダー使用時:約220枚 / 約110分
動画撮影可能時間 液晶モニタ使用時:約65分
ファインダー使用時:約65分
液晶モニタ使用時:約75分
ファインダー使用時:約70分
起動時間 約0.8秒 起動時間(約1.7秒
撮影タイムラグ(0.15秒)
撮影間隔(0.45秒)
起動時間(約1.4秒
撮影タイムラグ(0.07秒)
撮影間隔(0.36秒)
インターフェース USB Type-C マイクロUSB(USB2.0対応)
マイクロHDMI(タイプD)
NDフィルター 2段(オート、オン、オフ)
ダスト除去機能 超音波振動クリーニング DR II

バッテリー持ちが悪いのはどちらも一緒。

一番の違いは、センサーサイズ。

GR3のAPS-Cに対して、RX100は1.0型

GR3の利点は、センサーサイズが大きいだけ。

ズームも効かないし、フラッシュすらも無い。

 

一方、RX100M6は、世界最速AF8倍ズーム4K撮影

ファインダーチルト液晶・・・の全部入り。

ただ、センサーが1型なんだよね。

 

コンデジサイズで、APS-Cセンサーって凄い。

センサーサイズが大きいだけで、なんだかそれっぽく撮れちゃうわけで、

ズームも動画撮影も要らないって人は多いでしょう。

 

私もRX100M6では、ズームや動画撮影は使ってないわけで・・・

うっかり、GR3を購入しちゃったわけです。

GR3とRX100M6の撮り比べ

スペック云々、うだうだ言っても始まらないので、

GR3とRX100を似たような状況下で撮影してみました。

完璧に同じ環境、全く同じ設定で撮影したわけではないですが、

まぁ、雰囲気としてどれくらい違うのか?参考までに。

 

GR3はPモード、RX100M6はプログラムオートで、

すべてJPEG撮って出しの写真。素人撮影でっす。

ボケ具合の違い

まず、手持ちで適当な被写体を撮影してみました。

コントローラーのグリグリの部分にフォーカスしたつもり。

 

GR3:焦点距離28mm、F2.8、ISO125、露出1/25秒

R0000663

RX100M6:焦点距離24mm、F2.8、ISO250、露出1/30秒

DSC01194

 

GR3:焦点距離28mm、F2.8、ISO125、露出1/15秒

R0000667

RX100M6:焦点距離24mm、F2.8、ISO500、露出1/30秒

DSC01198

 

色味や明るさの好みは有ると思いますが、

GR3のが色に深みが有る、黒もより黒っぽい。

RX100M6も単体で見ると非常に綺麗なんですけど、

比べてみると・・・結構違いますね。

小さいレンズ特有明るさ、スマホ感が有るかなと。

ズームとクロップの違い

続いて、夕暮れ時の屋外撮影。

同じ位置から撮影の為、三脚使用してます。

こちらも、踏み台上に有るコントローラーにフォーカスしたつもり。

 

GR3:焦点距離28mm、F2.8、ISO200、露出1/250秒

R0000650

RX100M6:焦点距離24mm、F2.8、ISO125、露出1/160秒

DSC01181

 

同じ位置から撮影すると、

RX100M6の方が広角なので、写る範囲が広いです。

 

続いてズーム撮影の比較・・・

といってもGR3はズーム無いのでクロップ撮影です。

 

GR3:焦点距離50mm(クロップ)、F2.8、ISO200、露出1/320秒

R0000648

RX100M6:焦点距離50mm(ズーム)、F4、ISO125、露出1/100秒

DSC01185

スマホやL版サイズで見る分なら、

正直、ズームでもクロップでも大差無く使えるかと。

 

ただ、更にトリミングしてみると、クロップ撮影とズーム撮影の違いが出る。

GR3のクロップ撮影を更にクロップ。やっぱり潰れてる。

R0000648

RX100M6はズーム撮影なので、トリミングしても使えますね。

DSC01185

暗所撮影の違い

うっすら見えるくらいで撮影してみました。

三脚使用してます。最初は露出長めに撮影。ISO125固定。

 

GR3:焦点距離28mm、F2.8、ISO125、露出4秒

R0000661

RX100M6:焦点距離24mm、F2.8、ISO125、露出8秒

DSC01189

 

ISO3200で撮影。

RX100M6:焦点距離24mm、F2.8、ISO3200、露出1/6秒

R0000658

RX100M6:焦点距離24mm、F2.8、ISO3200、露出1/4秒

DSC01192

 

ISO6400で、クロップ撮影。

GR3:焦点距離50mm(クロップ)、F2.8、ISO6400、露出1/15秒

R0000656

RX100M6:焦点距離50mm(ズーム)、F4、ISO6400、露出1/6秒

DSC01193

 

オマケで、ISO12800でも撮影してみましたが・・・

ノイズが多くて常用するには厳しいと感じました。

 

GR3:焦点距離50mm(クロップ)、F2.8、ISO12800、露出1/40秒

R0000657

GR3は、ISO102400の高感度撮影も可能だけど、

ISO25600以上は、正直使い物になりません

手ブレ補正を活かして、スローシャッターを利用した方が良いと思われます。

スナップ撮影時の違い

GR3はスナップ向きのカメラ。手持ちでサックリ撮影するもの。

というわけで、外出時に気ままにスナップ撮影して比較してみました。

ISO6400上限で、プログラムモード撮影してます。

 

GR3:焦点距離28mm、F2.8、ISO200、露出1/100秒

R0000380

RX100M6:焦点距離24mm、F2.8、ISO125、露出1/50秒

DSC01026

 

GR3:焦点距離28mm、F2.8、ISO1600、露出1/40秒

R0000376

RX100M6:焦点距離24mm、F2.8、ISO125、露出1/4秒

DSC01021

 

GR3:焦点距離28mm、F2.8、ISO6400、露出1/6秒

R0000436

RX100M6:焦点距離24mm、F2.8、ISO6400、露出1/4秒

DSC01060

 

GR3:焦点距離28mm、F2.8、ISO100、露出1/50秒

R0000568

RX100M6:焦点距離24mm、F2.8、ISO125、露出1/40秒

DSC01087

 

GR3:焦点距離28mm、F2.8、ISO400、露出1/40秒

R0000634

RX100M6:焦点距離24mm、F2.8、ISO1000、露出1/100秒

DSC01180

どちらの写真も嫌いじゃないですが、

GR3の方が、カメラで撮影したっぽい雰囲気。

RX100M6の方は、無難に綺麗に撮れる感じ。

 

まぁ、細かい色味とかは、後でなんとでもなるし、

GR3は、カメラ内RAW現象もあるので、RAW撮影しておけば、

カメラ内で、後から色味、ホワイトバランス、エフェクトとかとかの調整も可能です。

 

ただ、私はやっぱりRAW撮影しない。

RAWって容量増えるし、後から現象も面倒。

RAWのままだと使い勝手も悪いし、

写真の現象までこだわったらキリも無い。

ソフトウェアも優秀だし、JPEGで十分綺麗ですからね。

RAW現象するよりも、とにかく数撮っとくわ。

使って気づいたGR3のメリット

サイズが小さく、重量が軽い

GR3は、RX100M6に比べて、持ち運びしやすいです。

同じくらいのサイズ感ですが、

実際に持ってみると、GR3のが断然軽い。

 

縦横サイズでは、

GR3の109.4×61.9mmに対し、RX100M6が101.6×58.1mm

IMG_8438

GR3方が大きく見えますが、厚みはGR3の方が薄い。

GR3が33.2 mmに対し、RX100M6は42.8 mm約1cmの差。

レンズ部分も出っ張ってないので、

ポケットからもスムーズに出し入れできます。

IMG_8437

総重量もGR3は257gに対し、RX100M6は約301g

約50gも重さが違うわけ。

 

軽いだけで持ちやすいんだけど、

グリップ部分も大きいから持ちやすく、落としづらい。

RX100M6と違い、グリップも最初から付いてますからね。

 

私は起動待ちが嫌なので、よく起動しっぱなしもするのですが、

起動したままでもレンズも飛び出ないから、

首から吊るしたままでも、バランス崩れずぶつけづらい。

IMG_8439

 

液晶モニターが固定式なのも、持ち運び点では優れている。

RX100M6は、可動式の液晶モニターが引っかかって飛び出ることよく有るから、

なんだかんだで収納には気を遣うんだよね。

 

また、GR3はストラップホールが3ヶ所ある点も良い。

縦方向に吊るす事もできる。

IMG_8445

軽いと首かけした場合の、首の負担も違うので、

まぁ、とにかく持ち歩く気になります。

カスタムモードは3パターン保存可能

GR3は、撮影モードが最小限。

マニュアル撮影、シャッタースピード優先、

絞り優先、プログラム撮影のみ。

あとは、自分でカスタマイズ設定するカスタムモード。

U1、U2、U3と3パターン保存しておけます。

IMG_8448

自動で綺麗に撮れるというよりは、

自分で調整して、好みの画を撮ることができるカメラ。

むしろ、初期設定だと癖強めなんで・・・

試行錯誤しながら設定した方が良いカメラ。

そいうった意味では、カメラ好きほどハマるかと。

 

細かいところでは、親指FnキーにAFボタンを割り当てる事も可能だったり、

より一眼カメラっぽい使い方も可能です。

2段分のNDフィルター内蔵

コンデジなのにNDフィルターを内蔵しています。

私はNDフィルターなんて正直使いこなせませんが、

コンデジで使えるならと試しましたが、まぁ面白いです。

 

NDフィルターが役に立つのは、屋外撮影の晴天時。

昼間もシャッタースピードを落として撮影可能となるので、

明るい屋外で背景ボケさせたり、

スローシャッターで残像残してみたり、

玄人っぽい写真も、コンデジで撮れてしまうわけです。

USB-Type C対応

バッテリーの持ちが悪いのは、両方の共通点。

ただ、RX100M6はMicro USB対応であり、

GR3はUSB-Type C対応となっています。

最近は、Go ProもOsmo StickもInsta 360も、

USB-Type C対応ですからね。

ケーブルも1本で済むのも有り難い。

 

USB Type-Cは充電するにも便利ですが、

USB Type-C接続経由で、MacbookやiPad Proへ直接画像を転送可能

IMG_8461

そのままiPadで画像確認したり、編集するにも便利です。

 

ちなみに、GR3のUSB端子のフタが凄い固い。

IMG_8444

HDMI端子が無いのはGR3の難点だけども。

IMG_8450

写真にHDMIケーブルなんて要らないってところに、

カメラとしてのコダワリも感じる。

使って気づいたGR3のデメリット

GR3は起動速度が早いが、AFがイマイチ

GR3の起動時間は約0.8秒とスゲー早いです。

RX100M6の起動時間は早いとはいえ約1.7秒

起動だけでなく電源オフも早く、撮影後すぐに収納する事も可能です。

 

ただ、GR3は、起動速度こそ超早いのですが、

AF性能が低いので、撮影までの時間を考えるとそこまで早く無い

オートフォーカスで迷い、

フォーカスも決まらずブレる事も多い

コンティニュアスAFとか、顔検出とかも微妙。

タッチシャッターもイマイチ使えません。

暗いと更にフォーカスは悩むので・・・

室内で動き回る子供の撮影とか、まず無理です。

 

その点、RX100M6は、AFが非常に優秀なので、

同じように撮影しても、全く失敗しない

何も考えなしに撮影しても、ピントが合いまくる。

暗所での瞳AF、追尾フォーカス、超高速シャッター、

今更ながら凄いと感じました。

 

先程、スナップ作例を上げましたが、

GR3は、ブレまくりボケまくりの使えない写真も多かった。

ピントさえ合えば、写りは最高なんですけどね。

RX100M6のが広角で、最短撮影距離も短い

RX100シリーズの焦点距離に慣れていたので、

GR3での距離感に戸惑いました。

 

GRは35mm版換算で焦点距離28mm

最短撮影距離は、標準時で10cm~∞、マクロモードで6cm~12cm

一方、RX100M6は、35mm版換算で焦点距離24-200mm

最短撮影距離は8cm~∞

 

RX100M6の方が4mmほど広角で有り、

近場、風景と撮影しやすく、下がれない狭い場所でも助かる。

フルサイズ使って思ったのが、広角のが使いやすいってこと。

α7オススメレンズまとめ。Eマウントレンズを買い揃えた気づいた違い。
カメラを購入し始めたら、物欲は止まらない。 カメラのボディ選びに悩みに悩んで、なんとかα7RⅡを選んだのに・・・ 今度は、レンズ選びに悩むという。 下手なボディよりも高いやつがゴロゴロと存在する。 ...

しかも、RX100M6は、被写体の近く8cmまで寄って撮れる。

※RX100M5Aなら5cmまで寄れます。

 

一見すると、GR3の方が寄れるじゃーんってなるのですが、

これはマクロモードで撮影した場合の話。

通常の撮影モードでは10cmまでなんで、

ふと近くに寄ってみたり、寄られると全くピントが合いません。

マクロモードに設定すれば良いわけなのですが、

マクロモードでは、撮影範囲が狭くなり、

今度は6cm〜12cm以外は、絶対にピントが合わなくなる

 

体感的に10cm未満なのか?って判断しなきゃいけないし、

イチイチ設定を変更する手間も有るわけ。

 

マクロモードに設定したところで、

やっぱりAFに悩むから、俺の立ち位置が間違ってるのか、

GR3が悩んでるだけなのか、俺も迷ったり。

まぁ、この辺は慣れで、ある程度解消できるかとは思いますけど。

GR3本体がカタカタいう

GR3を振ると、微妙にカタカタいいます。

これは手振れ補正ユニットが動く音らしい。

たしかに、なんかスライドしてる感は有る。

 

RX100に限らず、他のカメラでは感じたこと無い感覚だったんで、

不良品を疑いまして、調べました。

まぁ、そういう仕様なら、きっと大丈夫なんでしょうけど。

やっぱりなんか嫌な感じが有ります。

RX100M6が多機能過ぎる

結局の所、RX100M6の機能が過ぎるので、

それを基準に、GR3のデメリットを挙げればキリが無いです。

 

RX100M6は、とにかく万能。

ファインダーも付いており、じっくり撮影する事も可能。

IMG_8447

8倍ズームまであり、焦点距離200mm相当でも撮影できる。

IMG_8442

これで4K HDR撮影や、スロー撮影も可能なわけですからね。

そりゃ高額なのも納得なわけ。

 

一方、GR3は、必要最低限の機能のみ。

ファインダーは無いし、フラッシュも無い。

動画は付いてますがフルHDまで。

いや、いっその事、動画も削ってくれて良いのだけど。

 

いずれも、タッチシャッターには対応していますが、その精度も別物。

GR3はフォーカスに悩み、結果ピント合ってない事も多いですが、

ソニーのタッチシャッターなら、即シャッターピントもドンズバですからね。

RX100M6は、液晶モニターも可動するので、

低い位置から、高い位置からとタッチシャッターもスゲー使えます。

IMG_8443

タッチパネルの操作性は、GRの方が好きなんですけどね。

再生時にスワイプ、ピンチアウトでズームとか、スマホみたいに使えます。

GR3とRX100M6の比較まとめ

ソニー派なんで、色々文句言ってますが、

万能モデルRX100M6と比べてしまうと、

色々な不便な点を感じるのは仕方の無いこと。

 

GR3は、意図的に全ての機能を省いており、

大型センサー搭載でコンパクトさを実現しているわけ。

RX100M6よりだいぶ軽いのも素晴らしい。

 

それでいて、写る画は一眼レフ並、

RX100M6では撮れない画が撮れるのは確か。

R0000138

GR3で、一番難が有るのがAF性能

結局のところ、ピント有ってるか?ってのが重要なわけで、

フォーカスを技術でカバーできるなら、

GR3のが綺麗に撮れるのは間違いない。

しっかりフォーカスできれば、最高のカメラ。

動かない被写体や、明るいところでの撮影なら、難易度も低い。

R0000143

 

ただ、私みたいな凡人には、なかなか難しいのは否めない。

GR3は、最低限カメラの知識が無いと楽しめないし、

いじって試行錯誤できる玄人向けのカメラです。

 

万人受けするのは、やっぱりRX100シリーズ。

誰でもオートで簡単に綺麗に撮れる。

暗所撮影や、動く被写体を撮りたい場合も、RX100M6。

フォーカス速度0.03秒は、マジで逃さない。

値段がネックになるなら、

RX100M3、M4くらいでも十分満足できるかと。

DSC-RX100、RX100M2、RX100M3、RX100M4、RX100M5、RX100M6、RX100M5Aの比較と違い。私がM2、M4、M5、M6と購入した理由。
一眼レフブームからのスマホカメラの高画質化で、廃れたイメージの有ったコンデジ。 コンデジ終わったなーなんて思ってたんだけど、 いつの間にか・・・凄い進化してました。 iPhoneⅩも綺麗に撮れるけど、やっぱ比べてみると全然...

 

ズーム、タッチパネルまで求めるなら、

RX100M6の一択です。

RX100M5からRX100M6へ買い替えて気づいた違い。暗所、ボケ、望遠と撮り比べてみた。
今までのRX100シリーズとは違い、 明るさよりも望遠重視のカメラとなってしまったRX100M6。 いや、F1.8→F2.8になったら意味ないじゃーん。 なんて思って敬遠してましたが、 やはり気になる最新の最...

 

RX100M6とGR3の二台要るかと言われれば要らないけど、

そんなこと言っちゃったら、

交換レンズなんてほとんど要らないわけで。

使い所を考えながら、本日も苦悩しています。

 

まぁ、単焦点レンズを買ったと思えば安いわけで、

気兼ねなくガシガシ使っていければと。

GR3をカスタマイズしながら、一緒に育って行きたいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました