スポンサーリンク
自作PC

ガラスパネルのPCケース「NZXT S340 ELITE VR」レビュー。

IN WIN 909を作成したものの、 やっぱり、デカすぎて重すぎて、邪魔すぎる! IN WIN 805くらいのケースが良いなぁー、 交換しようかなぁー・・・と思っている矢先。 遂にNZXTからも登場しました、ガラス
VR

VR(HTC VIVE)の消費電力。自動で電源オフにする方法。

HTC VIVEが届いて困ったのが、電源ケーブルの多さ。 電源コンセントが多々必要なこと。 ベースステーションも唸ってるから、気になって消費電力計測してみました。 HTC VIVE ベースステーションの消費電力。 HTC V
VR

VR環境(HTC VIVE、Oculus Rift)に必要なPCスペック。

VR環境には、非常に高性能なパソコンが必要。 とはいえ、4Kゲームほど難易度は高くないと感じました。 PCゲームが日常な我々にとっては、そこまで投資も必要ないんじゃないかな。 VR体験に必要なパソコンスペック調べま
VR

HTC VIVEのセットアップと注意点。ベースステーションの設置方法。

世間ではPlayStation VRが登場で、騒がれているVR。 人がやっているのを見ると、どうしても欲しくなる・・・ というわけで、遂にVRデビューしました。 PCユーザーなら、Oculus Riftなんて中途半
自作PC

PCケース In Win 909 IW-CF04Bレビュー。

IN WINのフルタワーモデル909が登場。 IN WIN 901と、IN WIN 904と、IN WIN 805と購入してきた私。 購入しないわけにもいかない・・・というわけで、買いました。 IN WIN アルミフレーム
グラフィックボード

グラボメーカーASUS、MSI、ZOTAC、GIGABYTEの違いと選び方。GTX1080でモデル比較して悩んだ結論。

毎度なんとなく買っているグラフィックボード。 同じNVIDIA GeForceのGTXシリーズでも、 発売元のメーカーが変われば、販売価格も大幅に違う。 メーカーが違うと何が変わるのか? 高額なGTX1080を購入す
グラフィックボード

GTX1080とGTX980TIとGTX970とGTX660で、4Kゲームのベンチマークを比較する。

ビデオカードをGTX1080にしてからというモノ、 何も考えず高画質を選ぶ生活へ。 →グラボメーカーASUS、MSI、ZOTAC、GIGABYTEの違いと選び方。GTX1080でモデル比較して悩んだ結論。 最高レベルのグラ
グラフィックボード

GTX1080に必要な電源。消費電力をGTX980Ti、GTX970と比較する。

2015年末のホリデーシーズンへ向け、 グラフィックボードをGTX980Tiに交換したのは、遠い昔の話。 →MSI GTX 980TI GAMING 6G レビュー。取り付け方法と注意点。 2016年5月には、GT
周辺機器

オススメの4Kディスプレイ比較。40インチの大型液晶を買って気付いた違い。

4Kゲームをやるなら、大画面で無ければ意味が無いって事で、 4K対応の大画面液晶テレビをオススメしましたが・・・ →PCの4Kゲームをやるなら、4K対応の液晶テレビがオススメ。 現在では、PC用の4K液晶ディスプレ
周辺機器

無線LANルーターはASUS製がオススメ。RT-AC68Uレビュー。

無線LANルーターをASUS製に変えてからというもの、 私のPCライフは一変しました。 無線LANルーターを販売しているメーカーは様々有り、 その販売価格も様々ですが、その端末による動作も様々。 売れているメーカーが
スポンサーリンク