カングーリアラダーの取付方法。バックドアにハシゴを設置してみた。

カングーリアラダーの取付方法 カングー

カングーにルーフキャリアを取り付けたら、
やっぱり付けたくなるのが、ラダーという名のハシゴです。

後ろのドアに取り付けるので、リアラダー。
カングー専用品ということで、思ったよりも簡単に取り付けられましたので、
今回は、その商品と取付方法について。

スポンサーリンク

リアラダーの価格と必要な物

カングー純正パーツのリアラダーなんて商品は無いので、
今回、利用したのはカングー中古車専門店「スターロックカンパニー」が販売するリアラダー。

カングーⅡ専用リアラダー「Kangoo 2 Rear Ladder」。
デカングー(平成21年以降モデル)専用の商品なります。

※参考→Kangoo 2 Rear Ladder  |  カングー中古車専門店 Fungoo 【公式】

ハシゴの耐荷重は、80kgってなってますけど、
ハシゴの強度というよりも、おそらくドア側の耐荷重ですね。

本体価格39,800円+税、送料4,000円+税なので、
消費税を含めた合計金額は、48,180円でした。
送料高いけど、ディーラー工賃に比べたら安いもん。

ちなみに、脱着工具セットも1,000円+税で併売されてますが、
3mm六角レンチ、6mm六角レンチ、10mmスパナ、13mmスパナのセット。

私は、スパナは持ってないですが、ペンチで代用したので。
まぁ、六角レンチを持っていれば要らないんじゃないかなと。

使ったのは、ドライバー、ペンチ、六角レンチ、定規(メジャー)、ハサミ、脚立、マスキングテープ。
マスキングテープは、仮止めするのに有った方がラクです。

リアラダーの組み立て方法

カングーバックドアにリアラダーを取り付けてみた。

思ったよりも小ぶりのダンボールで到着。

開封。ダンボールの中にハシゴがピッタリ収まってます。

付属品。丁寧なマニュアルも付いてます。

取り付けるパーツは、左右でサイズが違うのでバラバラにしないように。
左右の刻印も無いので、目視で判断するしか有りません。
上パーツも下パーツも長さが違うのです。

パイプキャップ、ボディ保護テープ、ボルト、ゴム脚。ステッカーも付いてます。

ハシゴの上側に付けるパーツ。ゴムシートを貼り付ける。

テープ部分が片方だけ乾燥して使えなくなってたので・・・自宅の両面テープで固定しました。

取り付ける向きにも気を付けて。ひっかける側が向こう側です。

ボルトが緩まないように、ネジロック剤の液を塗る。

上部ブラケットの取付完了。

続いて、ハシゴ下側ブラケット。こちらも左右で形状が違います。右の方が5mm長い。

ゆるみ止め液を塗ってねじ止め。

下側ブラケットの取付完了。

車体に触れるゴム脚部分も、上下で厚みが違います。厚い方が下側にくるように取り付けです。
微妙に傾斜が付いているのわかります?これ分かりづらいし、私は間違って取り付けてたから気を付けて。

リアラダーの取付方法

ハシゴの組み立てをしたら、外に出て車へ取り付けていきます。
バックドア右側を開いて、ガラスの左端から7cmの位置に透明の保護テープを貼り付けます。

※最終的に、リアラダー上部ブラケットを7cm位置に設置するので・・・
保護テープは7cmよりも若干内側でも良いと思いました。保護テープはブラケット幅よりも広いですからね。

といっても、いきなりテープ貼るのは難しいので、マスキングテープで貼り付け位置を印付け。
天井側も7cm位置にマスキングテープ貼ってます。

透明テープの貼り付け。斜面にまっすぐなテープを貼るのは難しい。
これ何度もやり直しましたし、下側短くなっちゃってやんの。保護テープをどうカットするか?もセンスですね。

上部はドア裏側へ。約3㎝ほど折り返して貼ります。

右側の保護テープは、リアラダーを仮置きして貼り付け位置を探る。

保護テープの厚みを考え、少し内側にマスキングテープで印付けしました。

左側と同じく、反対側へ3cmほど折り返して貼る。

続いて、下側の保護テープ。こちらもラダーを仮置きしてフックが当たる部分を探ります。

マニュアルでは、下側全面に貼ってましたけど。
私は、ツメが当たる部分にだけ、保護テープを貼りました。

ゴムの部分にも保護テープが重ならないようにしました。正解は分からないので、参考までに。

保護テープを貼ったら、下側ブラケットをツメで固定します。

締め過ぎずにしっかり固定ってのが難しい。左右を軽く固定してから、徐々に調整。
下側に10mm-15mmボルトが出るのが目安とのことですが、テンションかかり過ぎに注意です。

下側に飛び出たボルトをナットでロック。

上部ブラケットの裏側もドアにネジ固定。

止めネジで固定。

ネジ固定液も忘れず注入。ラダーが左右がズレないように。

先にネジで固定して、後からナットをねじ込むタイプ。初めて使いました。

固定が終わったら、ガタツキ、ネジの緩みをチェック。

仮止めネジもしっかりと固定していきます。

最後に、パイプキャップを、上下4カ所に差し込み。

パイプキャップ凄い硬いので、ドライバーの背中でガンガン叩いて差し込みました。

カングーリアラダーまとめ

ルノー純正品では無いので、ちょっと微調整する必要が有りますが、
思った以上にお手軽にリアラダーが取り付けられました。
組み立ても簡単なんで・・・ボディ保護テープを上手く貼るのが一番の難関だったかなと。

無骨なデザインも素晴らしく、YAKIMAのメガウォーリアーとの相性もバッチリ。
ブラックな骨太パイプで統一感もある。セットで揃えたみたいで最高。

カングーにルーフラックを装着。YAKIMAメガウォーリアーの取り付け方法。

ルーフラックへのアクセスも良くなり、積み込みもラクになる。
キャンプ積載って半分は、ルーフラックへの積載。
ハシゴで上って手が届く。これも最高。肩も攣らなくて済む。

カングー積載量と収納方法。キャンプ道具を車へ積むコツ。

ただ、耐荷重は80㎏なので、私は乗るだけでギリギリ。
重い荷物を持っての積み込みとかは、ちょっと気を付けないとダメですね。
女性や子供なら、きっと大丈夫でしょう。ハシゴって楽しい。

子供もハシゴが有るだけで登りたがるので、
次は、ルーフデッキ作って、ごろ寝とか・・・してみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました