RX100M2を使って気付いたデメリット。iPhone6 Plusとの画質比較&レビュー。

Pocket
LINEで送る

最近のスマートフォンは、写真が非常に綺麗に撮れる。

特にiPhoneは本当に綺麗に撮れる。

 

スマホのカメラが向上していれば、

デジタルカメラは、更に上を行っておりました。

一眼レフ並みに撮れるコンデジと言えば、SonyのRX100シリーズ。


SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100M2 2090万画素 光学3.6倍 DSC-RX100M2

 

前回、悩みに悩んでRX100M2を購入したので、

DSC-RX100、RX100M2、RX100M3の比較と違い。私がM2を購入した理由。

 

実際に使って気付いたメリット・デメリット。そしてレビューです。

私はiPhoneユーザーなので、主にiPhone6 Plusと比較です。

IMG_6940

どんなに良い商品だって、短所はあるよね。

※基本的にプレミアムオート撮影です。素人なんで・・・適当検証です。

逆光で、iPhoneより断然綺麗に撮れる。

カメラは逆光に弱い。まぁ当たり前な事なんですが・・・

RX100なら、逆光でも綺麗に撮影できてしまいます

 

思いっきり太陽撮影してみたけど、なんか綺麗に撮れてます。

DSC02567

 

iPhone6 Plusで太陽撮影。まぁ良く撮れてはいるけど・・・

IMG_1879

スマホカメラだと逆光撮影は、全然上手くいかないです。

全部まっ黒、被写体も真っ黒になりがちです。

 

スマホカメラは、接写(マクロ)撮影が苦手。

RX100なら、マクロ(接写)撮影も非常に美しく撮れます

被写体が浮き出る様な感じで撮れる。

近距離でもピントが合う、良い感じに背景がぼやけてます。

DSC02672

 

iPhone6 Plusです。あまり寄り過ぎると、全部ぼやけちゃうので。

IMG_1884

スマホはマクロ撮影は苦手だよね。

 

RX100は、オートフォーカスの速度もスマホより早いんで、

動きある被写体に接近しても、かなり綺麗に撮れます

DSC00731

顔だけ浮き出る感じです。もちろんオート撮影です。

 

RX100は、暗い場所でも綺麗に撮れる。

スマホのカメラ、暗い場所では役に立たないです。

全部真っ暗、ブレブレの写真。

 

RX100なら、暗い場所でも綺麗に撮れます

夜景の写真も手持ちでもブレることなく、綺麗に撮れてる。

DSC00785

暗い場所でもフラッシュ要らずで、綺麗に撮れますので。

むしろ、フラッシュ機能オフがオススメです。

 

ちなみに、RX100よりも、RX100M2,M3の方が暗いとこに強いってよー。

DSC-RX100、RX100M2、RX100M3の比較と違い。私がM2を購入した理由。

イメージセンサーが裏面照射型らしいから。

 

RX100なら、RAWモードで撮影、RAW現像ができる。

RAWファイルで撮影できるので、

最悪ピントさえ合っていれば、現象ソフトでなんとでもなる。

 

RX100M2で撮影した元の画像。これでも綺麗ですが・・・

DSC00836

 

Lightroomで現像。自動補正する。

DSC00836

明るさ、色味復活しました。凄くね?

 

ボタン一つで、プロっぽい写真。

RAW現像に、Lightroomは必須アイテムです。


【送料無料】AdobePhotoshop Lightroom 5 MLP(日本語) 通常版(Win・Mac)

 

Ligthroomって凄いよね。JPEG撮影でも有ると非常に便利。

ダメダメ写真が一流写真になります。

 

チルト可動式液晶モニターは非常に便利。(RX100M2、M3)

RX100M2、RX100M3は、

液晶ディスプレイがチルト可動式です。

IMG_2009

正直あまり出番が無いかと思っていたら、

これは非常に便利です。特にお子さんがいる家庭、チルトしまくりです。

 

モニターだけ動かせば良いので、

しゃがまず立ったまま、子供の目線で写真が撮影できます

 

また、地面ギリギリのローアングルからの写真も容易に撮れます。

DSC02609

 

下向きにも液晶は動くので、高い位置からの写真も容易に撮れる。

DSC02599

人混みとかで、カメラだけ上にして撮影したりする場合も結構役に立ちます。

液晶ウィーンって・・・良いです。

 

動画も超綺麗。60pのフルHD動画撮影が可能。mp4対応も嬉しい。

iPhone6 Plusの動画も非常に綺麗ですが、

RX100の動画は、更に綺麗です。

iPhoneの動画で満足していたので・・・

 

特に手ぶれ感全然違う暗いところでの撮影も全然違う

iPhone6 Plusの光学手ブレ補正は、写真撮影時だけみたいですからね。

マジでハンディカム要らずになりました。

 

スマホ連携、スマホ転送は想像以上に便利。(RX100M2、M3)

綺麗に撮れた写真を、アプリ経由でスマホに転送してくれます。

転送速度も速いので、撮ってアプリ経由でスマホへ転送

RX100M2で撮った綺麗な写真を、即スマホで使う事が出来ます

SNSにアップする。LINEで友人に送る。非常に便利です。

 

iPhoneやiPadの場合、転送された写真は、

「PlayMemories Mobile」というフォルダ分けされて入ってるので、管理も楽。

IMG_1976

iPhone程度のサイズでは、画質の違いは分かりづらいが、

iPadに転送して気付く、画質の違い。

マジで、すげぇ綺麗に撮れてますから。

 

RX100のデメリット。GPS機能無し、タッチフォーカス不可。

スマートフォンには、基本的にGPSが内蔵されているので、

撮った場所の位置情報が自動的に保存されます。

RX100シリーズはGPS内蔵されていないので、撮った場所は保存されません。

まぁ、別に位置情報まで要らないので、問題無い。

 

あとは、個人的にあると、更に嬉しいのがタッチフォーカス。

スマホでは当たり前ですが、

RX100でも、液晶画面をタップしてフォーカスとか、できたら最高なんだけどなぁ。

 

RX100M2は、SDカードのUHS-1規格非対応。

RX100M2で残念だったのが、高速SDカード UHS-1に非対応という事。

記録メディア
“メモリースティック デュオ”、“メモリースティック PRO デュオ”、“メモリースティックPROデュオ(High Speed)”、“メモリースティック PRO-HG デュオ”、“メモリースティック マイクロ”、“メモリースティック マイクロ (Mark2)”、“メモリースティック XC-HG デュオ”、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード、microSDメモリーカード 、microSDHCメモリーカード、microSDXCメモリーカード

主な仕様 | DSC-RX100M2 | サイバーショット | ソニー

 

RX100M3は、UHS-I対応と明記されている。

記録メディア
メモリースティック デュオ、メモリースティック PRO デュオ、メモリースティックPROデュオ(High Speed)、メモリースティック PRO-HG デュオ、メモリースティック マイクロ 、メモリースティック マイクロ (Mark2)、メモリースティック XC-HG デュオ、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード(UHS-I対応)、SDXCメモリーカード(UHS-I対応)、microSDメモリーカード 、microSDHCメモリーカード 、microSDXCメモリーカード

仕様 | DSC-RX100M3 | サイバーショット | ソニー

 

というわけで、

DSC-RX100M2で、無駄にUHS-1対応のSDHCカードを使っている俺。

IMG_2010

非対応と言われると、気分的にも処理が遅い感じがするよね。

 

コンパクトで持ち歩き易い反面、撮影しづらい。ファインダーは不必要。

RX100は、凄いコンパクトです。

片手にスッポリ入るので、ポケットにもスッポリ入ります。

持ち運びがしやすいという超メリットがある反面、

ボディが小さいので、両手で持ってしっかり撮影しづらいです。

 

オプションでグリップもあるけど・・・


ソニー アタッチメントグリップ AG-R2

 

それだと大きくなるし、ダサい気がする。爆

だったらミラーレス一眼にするかな。

 

個人的にはRX100M3のファインダーは、要らないと思う。

ファインダー覗いてっていうよりも、

液晶見ながら、適当にバシバシ連射する感じで使ってます。

数打ちゃ当たる作戦です。

 

バッテリーの持ちが非常に良い。スマホ転送に気をつけろ。

バッテリーは予想以上に持ちます。

私は割と撮影する方なのですが、

けっこー使っても、1週間くらい使えてます。

 

撮影でのバッテリー消費は少ないですが、

スマホアプリと連携したり、写真転送したりすると、一気にバッテリー無くなります。

やはりWifiは電源喰う様です。気を付けましょう。

 

純性バッテリーは高いので、私はスマホ兼用のモバイルバッテリーを使ってます。


【Amazon.co.jp限定】Anker Astro M3 13000mAh モバイルバッテリー 【ハイパワー5V/2A電源アダプタ付属】 iPhone6/6plus/5s/5c/5/iPod/iPad/iPad Air, Air2/iPad mini, mini2, mini3/Xperia/GALAXY/3DS/PSVita/ウォークマン等対応 大容量かつコンパクト(147x62x22mm) 2ポート 急速充電可能 Astro M3+adapter

 

RX100シリーズは、USB充電できますから。

 

RAWよりもJPEGでしか撮影しなくなった理由。

RX100はRAW撮影ができるのですが、

RAW撮影は容量も大きく、現像しないと取扱いも面倒です。

RAWファイルって互換性皆無ですからね。

 

RAWモード撮影を使って思った事。

RAW現象も良いけど、JPEGからのライトルーム補正でも、十分綺麗な写真になる

RAW保存って容量デカい分、保存にも時間がかかる

 

UHS-1対応だったら、もっと速かったのかな。

まぁ、でもやっぱJPEG保存で良いや。

こだわるなら一眼レフ使うし。RAWだから綺麗ってわけでも無いですから。

 

RX100専用ケースは、必要なかったと思う俺。

私は専用ケースも一緒に購入したのですが・・・ほぼ使ってないです。

結構高かったんだけどね・・・。


《新品アクセサリー》 SONY RX100・RX100II専用ジャケットケース LCJ-RXC ベージュ

 

純性ケースは、さすがの純正。カッコ良い。

IMG_1868

 

ケース付けたまま、そのまま三脚にマウントできます。

IMG_1870

 

で、私が使わなくなった理由。

ケースからストラップが、容易に取り外せないという事。

IMG_1872

ケースだけ使いたい場合でも、ストラップはくっついてくる。

しっかりした素材の分、ストラップもかさばります。

 

結果、RX100M2をケースから外して、そのままポケットにぶち込んでます。

その方が、すぐ撮影できるからね。

首からかけるんなら、良いんですけど・・・男性はポケットの方が楽かと。

とりあえず、冬場は使う予定無し!

 

スマホカメラよりも、一眼レフよりも、RX100をオススメする方。

スマホの写真には物足りない。

かといって、一眼レフを持ち歩くのは、ちょっと無理。

デジイチは重いし、レンズ交換とかしたくないし、もっと気軽に撮影したい。

 

そんな方。

絶対にRX100シリーズがオススメです。


SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 2020万画素CMOS 光学3.6倍 ブラック DSC-RX100

 

一眼レフレベルの写真が、手のひらサイズのカメラで撮影できる

ハイエンド・コンデジのコンパクトさ。

よくわからない設定も必要ない。

オート撮影でプロ級の写真に仕上がります。

 

個人的にはスマホ連携もできる、RX100M2がオススメです。


SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100M2 2090万画素 光学3.6倍 DSC-RX100M2

 

ファインダーが欲しいなら、最新モデルのRX100M3。


SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100M3 2090万画素 光学2.9倍 DSC-RX100M3

 

具体的な違いについて、下記記事も参考に。

DSC-RX100、RX100M2、RX100M3の比較と違い。私がM2を購入した理由。

 

私はiPhone6 Plusの画質で十分満足していたんだけど、

やっぱり、使ってみると全然違った。

マジでお手軽に、すんげぇ綺麗な写真が撮れますから。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ